作成したサイトにどれだけの人が訪れたかを解析するために、アクセス解析を行うためのプログラムを導入しなければいけません。

このアクセス解析ソフトは必ずGoogleから提供されているGoogle Analyticsを使用するようにしてください。他のアクセス解析ソフトにはない多くの機能が備わっており、かつサイト上に広告が出ません。

Google Analyticsの導入

アクセス解析を行うために、もしまだGoogleのアカウントを取得していないのであれば、すぐに取得するようにしてください。

以下のリンクから申請することができます。

Google Analytics

※申請に当たってURLの入力を要求されるため、まだサイトを持っていない方は先にドメイン取得など、サイト作成に必要な事を済ませた後に行ってください(無料ブログで申請しても問題ありません)
無事にGoogle Analyticsのアカウントが作成できた場合、アクセス解析を行うためのコードが発行されます。このコードを全ページに張り付ける必要があります。

Google Analyticsの導入
サイト作成ソフトSIRIUS(シリウス)を利用する場合であると、サイト全体の設定を行う以下の部分にコードを張り付ければアクセス解析を行うための設定が完了します。

Google Analyticsの導入

後はサイトを更新して時間が経過すれば、アクセス情報が反映されるようになります。

アクセス解析で意識すること

アクセスで最も重要になるのはPV(ページビュー)となります。つまり、どれだけサイトのページが見られたかに関してとなります。

これについては「検索エンジンにヒットさせたいキーワード」を盛り込んだり、記事に書く文字の量を多くしたりすることによって工夫しなければいけません。記事自体の絶対数も必要なります。

ただそうは言っても、何の戦略もなしにサイト運営を行っていたのではいつまで経ってもアクセスを集めることができません。そこで、アクセス解析の結果を眺めながら作戦を立てる必要が出てきます。

作戦とは言っても、そこまで難しい事を行うわけではありません。初心者が意識する事として「どのキーワードで検索されているか」と「アクセスの多いページはどれか」の2つを考えてください。

検索されるキーワードを考える

あなたのサイトに訪れる人はどのようなキーワードで検索して訪れているのでしょうか。わざわざキーワードを打ち込んで検索しているという事は、その情報がまさにお客様が知りたい内容となります。

つまり、キーワード検索の内容を調べることで、お客様が知りたい情報を簡単に把握することができるようになります。

もしそのキーワードに関する記事を増やせるのであれば、その領域の記事を重点的に書いていった方がアクセスされやすいページとなります。

アクセスの多いページを見極める

専門サイトの構築を行う場合、特に最初の頃はトップページよりもサブページの方がアクセス数は多くなります。そのため、力を入れるべきはサブページであることが分かります。つまり、コンテンツそのものです。

ただし、どのようなコンテンツを作成すればアクセスが集まるかについては、実際にやってみなければ分かりません。

自分の頭で考え出したアイディアは多くの場合ではずれますが、アクセス解析によって導き出された数値は事実しか載っていません。

そのため、この事実に基づいてサイトのボリュームを増やしていけば確実にアクセス数の集まるページを増やすことができるようになります。

ポータルサイトを運営する場合、いくつかのカテゴリーに分けていると思います。私が保有している薬学系サイトであれば、「くすり入門」、「家庭の医学」、「有機化学」、「薬理学」のような感じになります。

この中でも、私の薬学系サイトでは「薬理学」のカテゴリーがとてもアクセス数が多いです。そのため、私の場合は「薬理学」に関する記事を重点的に増やしていけば比較的アクセスを集めやすいことが分かります。

このようにして、ある程度ページ数が増えていけば「どの分野に重点を置けば良いか」などが分かってきます。そのためには最初の記事数がどうしても必要になりますが、初めの導入部分は頑張って文章を書き続けてください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録