セミナーの集客で最も効果的な媒体はメールマガジン(メルマガ)です。あなたがセミナー講師で稼ぎたい場合、サイトやSNSを活用するのはもちろんのこと、メルマガも有効に利用してください。

メルマガを発行して読者を集めるだけで、その後のセミナー集客が圧倒的に「楽」になります。

サイトやブログからの集客は万能ではない

インターネットを使った集客方法として、サイトやブログは効果的です。しかし、万能ではありません。サイトの大きなデメリットとして、「訪問者が自らサイトへアクセスしなければいけない」ことがあります。つまり、完全なる受け身の状態です。

サイト上で「セミナーを開催します」と告知したところで、向こうからサイトを訪問して見てくれなければ集客できません。

一方、メルマガであればあなたに興味を持っている方のメールアドレスを保有しているだけで、解除されない限り何度でもセミナー案内を送ることができます。こちらから「セミナーへ来てほしい」と告知ができる攻めの媒体がメルマガなのです。

実際にセミナーへ誘導する場合、サイトとメルマガの両方を活用すると効果的です。

まず、セミナーに関する詳細な情報をサイト上に記載します。その後、「セミナーを開催します」という案内と共に、「サイトのURL(セミナー案内を記載したページ)」をメルマガで紹介します。

メールを受け取った読者がURLをクリックし、サイトに書かれているセミナー案内を読んで「参加したい」と思ってくれれば、受講者として来てくれます。サイトだけでは不十分であり、メルマガだけでも厳しいです。両方を組み合わせることにより、効率よくセミナー集客を行えるようになります。

メルマガで多くのファンを作っておく

サイトへアクセスするだけでなく、「メルマガへ登録してまで、あなたの発信する情報を読みたい」と思うメルマガ読者は「あなたのファンである」と言っても問題ありません。もちろん、そのためには有益な情報を発信しなければいけませんし、売込みばかりしてはいけません。

きちんと信頼関係を構築できていれば、セミナーを開催する時に「ぜひとも参加したい」と思ってくれるはずです。

ちなみに、私が初めて開催したセミナーは1人5万円のセミナーです。これに50人程度を集めましたが、セミナーの募集を開始した時点のメルマガ読者は1000人に満たなかったです。しかし、これだけ少ない読者数であっても、5万円という高額セミナーに何十人もの人を集めることが可能だということです。

私がどのようにしているかというと、理論はとても単純です。前述の通り、「有益な情報を出し惜しみなく提供し続けている」というだけです。

メルマガで私はほとんど売り込みを行いませんし、アフィリエイト(他人の商品を売ること)もほぼ行っていません。読者の信頼を裏切らずに情報を与え続けていたので、信頼関係を築けています。だからこそ、たとえメルマガ読者数が1000人に満たなかった時でも、高額セミナーに多くの人を集めることができたのです。

ちなみに初開催のセミナーでは、福岡や北海道から飛行機を使って東京までお越しいただいた方が何人もいました。これも、メルマガで信頼を築けていなければできなかったであろうと思います。

メルマガ広告も有効

実際に行ってみれば分かりますが、自分でメルマガ読者を集めるのはかなり難しいです。そこで、既にメルマガ読者をたくさんもっている人にアプローチすることも有効です。

1万人のうち、その中の1%でも参加してくれれば100人規模の大きいセミナーになります。そこで、ある程度の媒体を持っている人にアプローチしてメルマガ広告を載せるのです。

一般的には「読者一人当たり1円」で広告費が計算されます。たった1万円で1万人にアプローチでき、そのうちの0.2~0.3%でも反応してくれれば、20~30人を集客できることになります。これだけ集まれば、セミナーとしては問題ない人数です。

新聞広告やDM(ダイレクトメール)などの媒体に比べて、メルマガ広告は極端に料金が安いです。あなたがメルマガ読者を持っていないのであれば、メルマガ広告を出して集客を行うことも検討しましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認