実際にセミナーを行うとき、当然ですが「開催日時」を決定しなければいけません。また、「会場」をおさえなければいけません。

開催日時と会場は「受講者が集まるかどうか」を左右するとても重要な要素です。ここでは、どのように考えて開催日時や会場を決めていかなければならないかを解説していきます。

開催日時を決定する

セミナー講師になりたいのであれば、最初に開催する日にちを決めてください。そうすることで、ようやくセミナービジネスが動き始めます。ただし開催日によっては、受講者が集まりやすい日とそうでない日があります。

そこで、まずは「どの曜日であれば対象とする人が集まりやすいのか」を調査してください。

一般的には、「土曜日が最も集まりやすい」と言われています。どの属性の人を対象にするセミナーであっても、土曜日というのは間違いないです。

ただし、例外もあります。例えば、3連休にかかる土曜日は申込者数が激減します。また、3月中旬から4月中旬(年度末から年度始め)までも同様に受講者の数は減ります。9~10月までの運動会や行楽シーズンにも同じことが言えます。

また、年末年始にセミナーを開催しても受講者数が減ります。12月下旬から1月上旬は避けた方が良いです。これらを避けた土曜日であれば、人が集まりやすいです。

一方、日曜日は受講者がかなり減ります。土曜日は外へ出かけてもいいが、日曜日は家でのんびり過ごしたい人が多いです。また、土曜日は自由な時間があるものの、日曜日は家族サービスをしなければいけない人もいます。

このように、さまざまな理由によって日曜日のセミナーは意外と集客が難しいです。祝日であれば、さらに難しくなります。

なお、土曜日は次は火・水・木曜日が集まりやすいです。月曜日は週の始まりであり、金曜日は週の終わりであるために忙しい人が多いです。そのため、これら忙しい日を避けた方が人は集まりやすいです。同様の理由で月初と月末は避けた方が望ましいです。

開催場所を決定する

セミナーの開催日時を決定した後、次に「会場」をおさえる必要があります。この時、セミナー会場は半年前からおさえるようにしましょう。半年前であれば、多くの施設で予約を取ることができます。

3ヶ月前では遅いです。この時期の予約であると、人気施設はどこも埋まっています。そのために早目の予約を行う必要があります。

たとえ日時が問題なかったとしても、セミナー会場への交通アクセスなどの問題で「セミナーへ参加しない」という選択をする人がいます。セミナーの会場選びというのは、それだけ重要だということです。会場を決める際は、

・交通アクセス

・会場設備

・金額

などを基準にして考えていきます。電車で通うことのできる場所で会場を探し、できるだけ徒歩10分以内にたどり着ける場所にしましょう。

なお、多くの会場ではホワイトボードとマジックが備え付けられています。ただし、プロジェクターやマイクなどは別料金である場合が多いです。部屋料金だけで決めるのではなく、これら備品まで含めた料金で比較検討してください。

何回もセミナー講師を行う方であれば、プロジェクターを購入して持ち込んだ方が安くなります。その場合、プロジェクターの持ち込みが可能かどうか交渉しましょう。

最後に、「キャンセル時の対応」も調べた上で会場をおさえる必要があります。会場の予約は前払いであることがほとんどだからです。

集客がうまくいかずに中止したり、突然の台風・大雪のために延期したりする場合があります。この時の連絡方法やキャンセル料などを予め聞いておくのです。キャンセルがきかず、お金が戻ってこない場合もあるため、これは必ず確認しておかなければなりません。

このようなチェック事項を確認し、セミナーを行うための「開催日時」と「会場」を決定してセミナー講師への一歩を踏み出してください。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認