eeee

人脈をどのようにして作ればいいのかというと、それは、セミナーや異業種交流会へ積極的に参加するのが一般的です。ただ、現在ではインターネットが発展しているため、人脈の作り方の一つとしてウェブサイトやブログの活用を考えなければいけません。または、メールマガジン(メルマガ)やSNS、動画を利用しても問題ないです。

実際、当社は多くのサイト運営を行っており、ここから大きな人脈構築につながったケースはたくさんあります。そのため、積極的にウェブサイトを運営することで良い人脈を作ることを考えましょう。

インターネットの活用によって人が集まる

ビジネスを行うとき、巨大媒体を保有している人は圧倒的に有利です。特にインターネットを使ったビジネスになると、成功者の条件としてサイトやブログ、メルマガ、SNS、動画など何でもいいので「大きなメディアをもっていること」が必須になります。

当社も同様であり、莫大なアクセスを誇るウェブサイトをもっていたことがきっかけとなって成功できるようになりました。

こうしたメディアでは、有益な情報を発信しなければいけません。リアルの場で活躍している人は、営業能力に優れてさえいれば、外に向けて情報発信しなくても大きな実績を出すことができます。一方でインターネットであれば、人を集めるときに情報発信が必要になります。

こうして良いコンテンツをたくさん作り続けることにより、アクセスが集まれば、それまでまったく接点のなかった人があなたの文章を読んでくれるようになります。そうして情報発信者になれば、あなたのもとに良い情報がたくさん集まってくるようになります。

例えばラーメンの情報を発信していれば、メールフォームからメッセージがあって「実は、こういう旨いラーメン屋があるのを知っているか」など、情報提供されるようになります。

しかも、そのときは「どうせなら一緒に行かないか」と情報提供者と一緒にラーメンを食べに行くことも考えられます。

価値のある情報は人を集める

このようにして特定の分野で情報発信を続けていると、勝手に人が集まってくるようになります。これはつまり、強い人脈を作っているのと意味は同じです。

インターネットを活用すれば、このように今まで関わったことのない人がファンになって情報提供してくれるようになります。リアルの場で会ったこともない人がファンになるのは考えられない現象ですが、サイトやブログ、メルマガ、SNS、動画などを活用すれば可能になってしまうのです。

困ったときはファンが助けてくれる

そうしてファンを増やしていけば、あなたが困ったときに助けてくれるようになります。例えば、当社がビジネス書の出版を考えていたとき、メルマガ読者さんの中に出版社と強いパイプをもっている人がいないかと考えました。当社のメルマガ読者は、自社のウェブサイト経由で登録した人ばかりなので、かなり濃い人と言えます。そのため、協力してくれるのではと考えました。

そうして問いかけてみると、当時3000人ほどのメルマガ読者さんの中にベストセラー作家が何人もいることが分かりました。そこで、そのうちの何人かにアポを取り、実際に会って「ビジネス書に特化した出版社」の編集者を紹介してもらったことがあります。

その編集者を紹介してくれたベストセラー作家とは、いまも良い関係でお付き合いをさせてもらっています。インターネットを介して強力な人脈を作ることができた良い例です。

情報発信は社員採用にも活用できる

もちろん、活用できるのは出版に限りません。ウェブサイトやメルマガなどを社員採用に活用している会社は多いです。自分のメルマガにいきなり社員募集の案内をかけるのです。

そこから集まってくる人は濃いメルマガ読者であるため、既にあなたが行っているビジネスのことを知っています。また、一般的な採用とは異なり、給料などの条件交渉から入ることはありません。そのように考えると、積極的な情報発信を行うことでファンを作ることの重要性を理解できるはずです。

既に実績のある人であれば、インターネットを活用するだけですぐに大きな成果を出すことができます。まだビジネスで成果のない人であっても、サイトを構築してアクセスを集めるなどの実績を作れば、そこから大きなビジネスへと発展させて新たな人脈を作ることができます。

そのように考えると、人脈作りのために「サイト、ブログ、メルマガ、SNS、動画」などのウェブ媒体を活用するのはかなり効果的な手法になります。これらを行うことで、後になって大きな人脈形成に繋がるはずです。

知り合いと人脈の違い:友達とビジネス上の付き合いは異なる

そうして人が集まってきたあとは、人脈を作るようにしてください。もちろん、無料で情報を教えてもらおうとする「クレクレ君」と付き合うのはメリットがないため、そういう人は排除してレベルの高い人とだけ人脈を作るようにするのです。

ただ、人脈の考え方を間違えて認識している人は多いです。友達が多いなど、たくさん知り合いがいることを人脈だと勘違いしているのです。情報発信によって知り合いを増やすのはどうでもよく、あくまでも人脈を構築しなければいけません。

実際のところ、ビジネスにおいて単なる友達は人脈ではありません。

実際、高校や大学時代の友達と遊んだところで、あなたのビジネスにとって何のプラスにもならないことの方が多いです。そうではなく、ビジネスの場で大きな力になってくれる人をもつことだけが人脈になります。そういう意味では、人脈を築くためには大きな努力が必要になります。

「知り合い」と「人脈」は異なる

一緒にお酒を飲んだり、笑顔で談笑しているだけだったりの仲は友達だといえます。合コンに誘われたり、旅行に行ったりと共に行動することで精神的な癒しを与えてくれる存在が友達であり、「知り合い」とも言われます。ここに利害関係はなく、良く言えば信頼できる関係であり、悪く言えば単なるなれ合いです。

一方で人脈では、互いに利害関係があります。そのため、同じようにお酒の席で飲んでいたとしても、相手の出方をうかがったり自分の意見を言ったりすることはよくあります。利害関係がある以上、金銭面での交渉を行うことがあれば、緊迫した場面で話し合うこともあります。

そのため、どれだけ関係性が良くてお酒を飲む仲であったとしても、苦言を呈すことはよくあります。

分かりやすく考えると、「現状維持のまま立ち止まって、楽しみを得るために集まる」のが友達です。一方で、「お互いを高め合うように切磋琢磨し、間違った方向に相手が向かっているときは遠慮なく注意する」のが人脈になります。

友達であっても人脈であっても、お互いを認め合っていることは変わりありません。ただ、付き合うときのスタンスはまったく異なります。そのため、友達と人脈を混同してはいけません。

お金の関係が人脈で重要な理由

「お金など、利害関係で考える仲がなぜ人脈で重要になるのか」を理解できない人は多いです。ただ、これはビジネスなどの「お金儲け」で考えるから分かりにくいのであり、スポーツなどもっと身近な場面で考えると理解しやすいです。

例えば、サッカーで世界的な活躍をしたい場合、どのような行動を取るでしょうか。おそらく、一流の監督のもとで指導を受けるはずです。このとき、一流の監督であるほど月謝は高くなります。また、遠征費などの費用もかさむようになります。

ただ、このときは「本気で学びたい生徒を指導したい監督」と「高いお金を払ってでも一流の監督から学びたい生徒」の利害関係は一致します。

そうした中で成果を出していけば、監督はその人のことを認め、実際に活躍しているプロサッカー選手を紹介してくれたり、ケガをしたときに腕の良いスポーツトレーナーを引き合わせたりしてくれます。

利害関係のある方が本気になれる

なぜ、このようにするのかというと、利害関係があるからです。その監督にとってみれば、指導している生徒の成功が一番の目的になります。生徒が成功すれば、これが口コミになって他の新しい生徒を連れてくるようになりますし、監督の格も上がります。そのため、監督自身が本気になって応援するのです。

一方で単なる友達であればどうでしょうか。高校時代の知り合いというだけで、その人に対して自分の大切なビジネスでの人脈を紹介することはありません。お人よしなら話は別ですが、利害関係がない以上、良い人を紹介してもらうことはあまり期待できないのです。

これとまったく同じことは、ビジネスの世界でも起こります。本当に良い人脈というのは、ビジネスなどの利害関係がある中で成り立っています。

もちろん、プライベートから良い人脈に発展することもあります。ただ、この場合も同様にプライベートから派生して、お金のやり取りを行う利害関係の仲へと発展することで、人脈へと成長していきます。

レベルを上げると付き合う人が変わる

そうして自分自身を高めてくと、周囲にはレベルの高い人であふれるようになります。成長しないなれ合いの友達とは付き合わなくなり、常に向上することだけを目指す人たちだけと付き合うようになります。そのレベルまで行くと、ようやく人脈を作れるようになります。

ビジネスである程度の成果を出した人は理解してもらえると思いますが、自分のステージが上がるごとに付き合う人が変わっていきます。高校や大学時代の同級生と飲む機会が多かったとしても、大きな結果を出すようになれば、そうした飲み会が無駄な時間のように思えてきます。

それよりも、一流と呼ばれる人たちの飲み会に行った方が圧倒的に有意義だからです。

人脈というのは、共に成長する志の高い人間がどれだけ周囲にいるかによって決まります。そして、その途中で付き合う人は必ず変わります。もし、一年前と同じ人たちと飲みに出かけたり食事に行っていたりするようであれば、あなたはまったく成長していないことになります。

この事実を認識したうえで、友達や知り合いを増やすのではなく、必ず人脈を構築するようにしましょう。

「利害関係のある仲」という表現では身構えてしまいますが、「お互いに成長し合う仲」と考えれば問題ありません。そうしてビジネスでの人脈を築いていくことが、豊かな人生につながっていきます。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認