f7

新聞などのメディアに自社のことを取り上げてもらうためには、マスコミに自社の情報を提供する必要があります。そして、提供した情報が採用されれば、記者から取材を受けることになります。これが無事に終わった後、晴れてマスコミデビューを達成することができます。

ただし、取材を終えてからメディアに取り上げられるまでの間は、一切気を抜かないことが大切です。なぜなら、取材が終わってからマスコミデビューに至るまでには、やっておかなければならない準備があるからです。

そこで今回は、「企業が取材を終えてからメディアに報じられるまでにするべき準備」、さらには掲載後に行うべき行動について解説していきます。

記者からの連絡にいつでも応じるための準備をしておく

取材を終えた後から自社の情報がマスコミに取り上げられるまでには、記者から質問を受けることが頻繁にあります。例えば、記者が取材時に聞いたことが曖昧であった場合や聞き漏らしがあった場合などです。このような場合、記者が取材先に対して確認を行います。

また、記者から連絡が来る場合には、特に決まった時間帯がありません。ときには、真夜中や早朝に記者から電話がかかってくることがあります。これは、新聞朝刊を制作する記者が、取材を行った記者に確認作業を要求した場合に起こります。

そのため、取材を終えてからメディアに報じられるまでの間は、いつでも記者からの連絡に応じられるように準備しておく必要があります。

つまり、携帯電話に電話がかかってきたときに、どの時間帯であっても出られるようにしておかなければいけません。また、メールでの連絡がくる場合に備え、すぐにメール確認を行えるように準備をしておくことも重要です。

このようにいうと、多くの人は「昼間ならまだしも、真夜中や早朝に連絡がくるのはきつい」と思ってしまうでしょう。しかし、取材を終えてからマスコミに取り上げられるまでの間は、ほんの数日程度にすぎません。

そして、この数日間だけ記者からの連絡に応じられるようにしておくことで、自社の記事やニュースの質を高めることができます。つまりこの短期間、気を引き締めておくことは、さらに人の役に立つ情報を発信できたり、間違いを修正できたりすることにつながります。

そのため、取材を終えてからメディアに報じられるまでの数日間は、いつでも記者の連絡に対応できるようにしておきましょう。

記者から質問を受けたときに備え、関連資料をつねに持ち歩く

取材を終えてからマスコミに取り上げられるまでの間は、確認のため記者から連絡が来ることが多いです。そしてこのとき、心がけるべきこととして、「取材に関係する資料をつねに持ち歩くこと」が挙げられます。これが行えていないと、記者からの質問に対して適切な答えをすばやく返すことができなくなります。

記者からの問いに対してすぐに回答ができない場合、新聞掲載やテレビ報道を延期されてしまうケースがあります。また、「後日回答させていただきます」などと伝えて回答を遅らせてしまうと、新聞掲載やテレビ報道自体が取り消されてしまう恐れがあります。

実際のところ、新聞社などのメディアは、取材先からの回答に対して気長に待ってはくれません。一度採用した情報であっても、どこかで問題が起こればすぐに取りやめにされてしまうのです。

そのため、取材を終えてからマスコミに取り上げられるまでは、取材に関係する資料をつねに携帯するようにしましょう。これによって、記者からの問いに対してすぐに答えることができ、メディア報道の延期や取り消しを避けられるようになります。

マスコミに報じられた直後は、その情報を拡散させるべき

また、無事にマスコミデビューを迎えられと自社の認知度は飛躍的に向上します。これによって、新規顧客の獲得や信頼構築がしやすくなり、事業をさらに発展させていくことができます。

ただし、メディアに取り上げられた直後において、その企業や事業者が必ずやらなければならないことがあります。そして、このことを行っておかないと、先ほど述べたようなマスコミデビューの恩恵をほとんど受けられなくなってしまう可能性が高いです。

自社の情報がメディアに取り上げられたときにやるべきこととして、「『自社のことがマスコミに報じられた』という事実情報の拡散」が挙げられます。

実際のところ、これを行わないとメディア掲載のメリットをほとんど活かせなくなります。なぜなら、たとえマスコミに報じられたとしても、そのときに新聞やテレビを見ている人にしか、「自社のことがマスコミに報じられた」という事実を知ってもらうことができないからです。

具体的な方法としては、自社が保有するウェブサイト(コーポレートサイト)において、「何年何月何日のいつに、どの新聞(またはテレビ、雑誌)で報じられたか」を掲載するようにします。

さらに、自社がソーシャルメディア(SNS)で情報発信をしているのであれば、そちらで「自社のことが○○(新聞名、または番組名)で紹介されました」などの記事やコメントを発信します。

このように、「自社のことがマスコミに報じられた」という事実情報を自社サイトやSNSなどで広めることで、自社のことが取り上げられた新聞やテレビを見ていない人にもアピールすることができます。

その結果、マスコミデビューの恩恵を最大限に受けることができ、新規顧客の獲得や信頼の構築をさらに進められるようになります。

メディア報道の事実を自社媒体などに載せるときの注意点

自社がマスコミに取り上げられたことを拡散する場合、「著作権」と「肖像権」に気をつける必要があります。

例えば、自社のことが掲載されている新聞の記事や取材時の写真などを、自社を取材したマスコミの許可を得ないまま自社サイトなどで公開したとします。この場合、そのメディアの著作権や肖像権を侵害したことになってしまいます。

そうした事態を避けるためにも、自社サイトなどの媒体に「自社のことが扱われている新聞記事や写真」を載せる前に、自社を取材したメディアに許可をもらうようにしなければいけません。

その他に、自社のマスコミデビューについての情報を拡散する際に気をつけるべきこととして、「メディアの反感を買うような表現を避けること」が挙げられます。

マスコミの反感を買うような表現の例としては、「当社のことが新聞で紹介されました。ただし、掲載された面積が小さいですが」「ローカル紙ではありますが、当社のことが新聞に取り上げられました」などになります。

上記のような表現を、自社のメディアデビューについての情報を拡散する際に使ってしまうと、取材を行った記者やマスコミに悪い印象を与えてしまいます。さらに、自社を取り上げた新聞の読者やニュースの視聴者に対して、不愉快な思いをさせることになってしまいます。

その結果、次回からメディアに報じてもらえなくなったり、既存顧客が離れたりする可能性が高くなってしまいます。

こうした事態を避けるためにも、自社がマスコミに取り上げられたという事実を広める際には、言葉を慎重に選ぶようにしましょう。

企業が新聞や雑誌に掲載されたら、そのメディアを5部購入すべき

このように、取材が終わってからマスコミに報じられ、情報拡散させるときにはいくつかの注意点があります。取材が終わってからメディアに取り上げられるまで気を抜かず、マスコミデビューを無事に迎えられるようにしましょう。

また、自社がマスコミデビューを果たしたことを適切な方法で多くの人に伝達し、自社の露出をさらに拡大させましょう。

さらに、自社の情報が新聞や雑誌(週刊誌など)に取り上げられた場合、そのときの新聞・雑誌を5部購入しておくことが重要です。なぜなら、購入した5部の新聞・雑誌をそれぞれ適切な方法で活用することで、自社の信頼性などをさらに高められるようになるからです。

自社のことが載った新聞・雑誌の適切な使い方を理解する

自社が新聞や週刊誌(月刊誌)へデビューを達成したときの新聞・雑誌を5部購入した場合、その使い道はそれぞれ以下のような形になります。

1.資料用

2.掲示用

3.閲覧用

4.自社が持つサイトやブログなどへの掲載用

5.保存用

ここからは、それぞれの項目ごとに分けて説明していきます。

1.資料用

「資料用」にする新聞・雑誌の場合、まずは自社が取り上げられている記事をしっかりと確認します。そして、その記事を丁寧に切り抜きます。その後、同じページの記事掲載欄の外側にある「新聞名・雑誌名」「ページ」「日付」も忘れずに切り抜いておきます。

またこのとき、「新聞・雑誌上部の題字」「配られた地域についての情報」が載っていた場合、これらも丁寧に切り抜くようにします。

これらの切り抜いた情報は、見やすさを考慮した配置で、A4サイズのコピー用紙1枚にまとめて貼ります。またこのとき、切り抜いた記事が大きすぎて、A4サイズのコピー用紙に収まらないケースがあります。この場合には、A4サイズのコピー用紙に収めるために、切り抜いた記事を途中で折りたたむようにします。

このような資料であれば、それを見た人が「いつ、どの新聞・雑誌で、どの紙面に自社のことが掲載されたのか」をすばやく理解できるようになります。

2.掲示用

掲示用にする新聞・雑誌の場合、職場の目立つ場所か掲示板などを選んで掲示します。また、自社への来客に見てもらう意味もあるため、社内の目立つ場所や掲示板でも、特にお客様の目に触れやすい場所を選択することが大切です。

そうすることで、自社に訪れたお客様に「この企業は、新聞・雑誌に取り上げられるほど信頼性が高い」と思ってもらえるようになります。

3.閲覧用

閲覧用にする新聞・雑誌の場合、「自社の記事」「日付」「新聞・雑誌の題字」を切り抜いて1枚の紙にまとめます。このとき、資料用と同じようにA4サイズのコピー用紙を選ぶ必要はありません。

閲覧用に加工した新聞や週刊誌(月刊誌)の主な使い道としては、「自社の従業員に回覧すること」が挙げられます。これによって、社員は「自分たちの取り組みがメディアに掲載されたこと」を知ることができ、より意欲的に業務に取り組んでくれることが期待できます。

4.自社が持つサイトやブログなどへの掲載用

自社が持つサイトやブログなどへの掲載用にする場合、新聞・雑誌の題字や記事、日付などの必要な情報を切り抜き、写真に撮ってウェブ媒体に掲載します。

また、自社が保有するウェブサイトに新聞・雑誌の写真を載せる際には、事前に新聞社や出版社に対して許可をとる必要があります。これを行わないと、新聞社の著作権を侵害してしまうことになるからです。

5.保存用

保存用にする新聞・雑誌の場合、一切切り抜くことなくそのままの状態で大切に保管しておきます。保存用の新聞・雑誌を見返すことで、当時起こった出来事をすぐに振り返ることができ、会社概要などの資料を作成するときなどに有効活用できます。

新聞・雑誌を購入するときの注意点

自社のことが掲載された新聞・雑誌を購入する場合、必ず発売された当日に買うことが大切です。なぜなら、発売当日から日数が経過するごとに、手に入りにくくなってしまうからです。

自社のことが取り上げられた新聞や雑誌は、自社の信頼性や士気を高めるためにとても重要な素材になります。そのため、もし新聞・雑誌を購入することができなければ、ビジネスにおいて大きな損をしてしまうことになります。

こうした事態を避けるためにも、自社のことが掲載された新聞・雑誌は発売日当日に購入しましょう。取材してくれたメディアから実際の新聞や雑誌が送られてはきますが、余分に購入しておくのです。

このように、自社のことが新聞・雑誌に取り上げられた場合、そのメディアが発売された日のうちに5部購入することが大切です。そして、それらの新聞・雑誌を「資料用」「掲示用「閲覧用」「自社が持つサイトやブログなどへの掲載用」「保存用」に使い分ける必要があります。

これによって、自社の信頼性が高められ、事業をさらに加速させていけるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録