-shared-img-thumb-PAK85_telshinagaramemowosuru1292_TP_V

新聞社などのマスコミに自社のことについての記事を掲載してもらうためには、メディアに対して自社の情報を発信する必要があります。このとき、企業や事業者がマスコミに対して提供する情報のことを「プレスリリース」と呼びます。

一般的には、プレスリリースはA4サイズの紙一枚の書類にしてメディアに渡します。そして、提供したプレスリリースが記者に採用されれば、その記者から取材についての連絡が来ることになります。

記者から取材を受ける場合、その前にやっておくべきこととして「記者から聞かれそうな質問に答える練習をしておくこと」が挙げられます。また、記者の取材中に注意すべきこととして、「取材中に適度に雑談を挟むこと」があります。

そこで今回は、「記者から聞かれそうな質問に答える練習をしておくこと」と「取材中に適度に雑談を挟むこと」について、さらに掘り下げて解説していきます。また、実際に記者から取材を受けるときにどのような対応をすれば良いのかについても確認します。

取材時に聞かれそうな質問への回答を練習しておく

記者から取材の連絡がきたとき、その記者と話し合いながら「取材日」を決定します。そして、実際に取材を受けるときには、その記者から「プレスリリースに関係する質問」がいくつも聞かれることになります。

このとき、記者からの質問に対して適切な回答ができなければ、記者に伝えたいことがうまく伝達できなくなり、メディア掲載が思ったように進められなくなってしまう恐れがあります。

そうした事態を避けるためには、取材日を迎えるまでに「記者から聞かれそうな質問に答える練習」をしっかりとやっておく必要があります。この練習を念入りに行うことで、記者に伝えたい内容を正確に伝えられるようになります。

また、初めてメディアからの取材に応じる場合であれば、取材を受ける社員の緊張をある程度和らげることにもつながります。

取材中に適度に雑談を挟むことの重要性

企業や事業者を取材する記者には、20代前半~30代後半までの年齢の方がほとんどです。さらにいうと、大学を卒業したばかりで取材を担当することになる記者が多くいます。

また、年齢が若い記者の場合、企業や事業者などの、取材を受ける側以上に緊張している可能性が高いです。そして、記者が緊張しているとき、お互いのコミュニケーションがぎこちなくなってしまい、取材に何らかの悪影響を及ぼしてしまう恐れがあります。

こうした事態を避けるためには、取材を始める前に記者と雑談を交わすことが大切です。これを行うことで、取材を担当する記者の緊張がほぐれ、取材時の質疑応答をよりスムーズに行えるようになります。

雑談によって、次回の取材につながるヒントを探る

取材を始める前の記者との雑談には、記者の緊張をほぐすこと以外にも重要なポイントがあります。それは、「次回の取材につなげるためのヒントを探すこと」です。

例えば、「他の企業や事業者の取材を担当したときの話」を記者に聞くことによって、新しい切り口でプレスリリースを作るための思考を学び取ることができるかもしれません。

または、「記者が記事にしたいと考えているテーマ」を聞き出すことができれば、その記者に採用されやすいプレスリリースを作れるようになるはずです。

これらのことから、取材前に記者と雑談をする場合には、次回の取材につながりそうな話題を積極的に選ぶことが大切です。これにより、再びメディア掲載を実現させやすくすることができます。

取材時における記者への対応方法

このように、記者から取材を受ける日が決まった場合、その日を迎える前に「記者から聞かれそうな質問に答える練習」をしっかりとやっておくことが大切です。これにより、記者に伝えたい内容を正確に伝達させられるようになります。

また取材が始まる前には、記者と雑談を行い、記者の緊張をほぐすことが大切です。さらに、記者との雑談の際に「次回の取材につながりそうな話題」を積極的に選ぶことで、自社の情報をマスコミに取り上げてもらいやすくすることができます。

ただし、メディアに取り上げられた情報に間違いがあったとき、自社の情報がマスコミに取り上げられたことによる成果はゼロになってしまいます。そして、間違った情報がメディアで報じられてしまうことの主な原因として、「取材時の受け答えでの問題」が挙げられます。

それでは、間違った情報がマスコミに取り上げられたときのデメリットとしては何があるのでしょうか。また、取材時の記者への対応方法はどのようにすればいいのでしょうか。

間違った情報が報じられるとどうなるのか

自社の間違った情報が新聞などのメディアで報じられると、それを見た人からの信頼を得られなくなってしまいます。これにより、マスコミによって認知度が高まったとしても、自社の商品を買ってもらえなかったり、自社のイベントに来てもらえなかったりしてしまいます。

また、自社の間違った情報がメディアに取り上げられると、自社と提携している企業から責任を問われてしまうことがあります。これでは、自社のビジネスに悪影響が及ぼされ、事業を続けにくくなってしまいます。

これらの事態を防ぐためにも、取材を受ける際には記者に間違った情報が伝わらないようにしなければいけません。そしてそのためには、取材時に行う記者との受け答えに対して、適切な対応をとる必要があります。

取材時の適切なやり取りで、記者の間違った解釈を防ぐ

取材が始まったとき、記者からさまざまな質問を受けることになります。そして、記者からの質問に回答する際には、絶対に曖昧な返答をしてはいけません。

なぜなら、記者に曖昧な回答をしてしまうと、記者がこちらの意図とは間違った解釈をしてしまう恐れがあるからです。この場合、間違った情報が記事に掲載される可能性が高くなってしまいます。

実際のところ、新聞やテレビニュースなどで間違った情報が報じられてしまうことの多くは、取材時のやり取りに問題があったことに原因があります。

こうした事態を避けるためにも、取材時に記者から質問を受けた際に、まずは記者に対してその質問の内容を丁寧に確認しましょう。そして、記者からの質問に対する答えを、具体的かつ分かりやすい言葉で伝えることが大切です。

例えば、あなたが「新商品の販売」について取材を受けることになったと仮定します。そして、記者から「新商品の開発に至った経緯について教えてください」という質問を受けたとします。

この場合、質問内容に関連する資料を記者に見せつつ、記者が分かる言葉だけを使って丁寧に回答するようにします。そして、質問に対する回答が終わった後、記者に「分からなかったところはありませんでしたか?」という質問をし、情報が間違って伝わっていないかを十分に確認します。

この方法であれば、記者に正確な情報を伝えられるようになります。その結果、間違った情報が新聞やテレビなどで報じられる事態を避けられます。

記者からの曖昧な質問には、必ず十分に確認する

実際に取材を始めると、記者によっては「あれがどうなっているかについて教えてください」といった質問をすることがあります。

このような質問は、とても曖昧なものです。そもそも「あれ」が何を意味しているのかが分かりません。また当然ながら、「あれ」が指すものによって、「どうなっているか」についての答えが大きく異なります。

そして、曖昧な質問をする記者の場合、「取材を受ける側と同じ認識を持っている」という勘違いを起こしている可能性が高いです。これでは、高確率で間違った情報が新聞やテレビに取り上げられてしまうことになります。

例えば、あなたが「新商品の販売」について取材を受けることになったと仮定します。そしてこのとき、記者から「あれについてどうなっているのかを教えてください」という曖昧な質問を受けたとします。

この場合であれば、まずはその記者に対して「『あれ』とは何のことでしょうか?」と確認するようにします。そして、記者から「新商品の開発に関わったスタッフさんのコメントです」などの具体的な質問が聞けたとき、それに対して分かりやすい言葉で丁寧な回答をするようにします。

これによって、曖昧な質問をする記者から取材を受けたときでも、記者に間違った情報を伝えてしまう事態を防げるようになります。

このように、自社の間違った情報がメディアに報じられると、そのために頑張った苦労が水の泡になってしまいます。そして、それを防ぐためには、取材時に曖昧な受け答えを避け、自社の正しい情報を記者に伝える必要があります。

正確な情報をマスコミに取り上げてもらい、自社のビジネスをさらに加速させるようにしましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録