社会人として組織に属するようになると、「あの人は優秀だ」などの言葉を頻繁に聞くようになります。ただし、実際のところよく考えてみるとこの「優秀」の意味はかなり曖昧です。少しでもマーケティングを勉強すれば、この矛盾に気が付くことができます。

その会社の方針によって優秀社員の定義が異なります。これを認識できれば、そもそも何が優秀かをようやく理解できるようになります。

企業が目指す3つの戦略

マーケティングとして企業が行うべき戦略は3つしかありません。どの戦略を行うかによって、目指すべき姿が異なります。

1つは手軽軸です。できるだけ早く、そして安くが売り文句になります。店舗数を増やし、規模の経済によって価格競争を生き残ります。例えば散髪屋であれば、1000円を出して15分でカットしてくれる店が該当します。

2つ目は商品軸です。高付加価値の商品を作ることによって、お客様に満足してもらいます。値下げは行いません。いわゆるカリスマ美容師がこれに当たります。

3つ目は密着軸です。できるだけその人に合わせてカスタマイズされた商品を届けます。マニア向け商品や顔なじみの店がこの戦略です。「いつもの」で話が通るような毎回通う散髪屋がこの戦略です。

ビジネスではこの3つのうち、どれかの戦略を取らなければいけません。中途半端な戦略は淘汰されていきます。この概念を学ぶだけで、優秀社員の意味を理解できるようになります。

優秀社員の本当の意味

多くの人は「優秀」の意味をごちゃ混ぜにしていますが、実際のところ企業の戦略に沿った社員が優秀となります。

例えば、1000円カットの店でカリスマ美容師のような高度な技術は要求されません。お客様に合わせたきめ細かいサービスもそこまで必要とされません。

そうではなく、このような手軽軸(早く・安く)で勝負する企業にとって、できるだけ素早く対応できる社員が優秀となります。たとえ高度な技術や誰からも好かれる愛想の良さを持っていたとしても、そこまで評価されることはありません。

しかし、カリスマ美容師を何人も保有する美容室にとって、1000円カットのような素早い作業は要求されません。それよりも、高度な技術によってお客様の要望に答えられる人が優秀とされます。

これと同じように、地域密着の店であれば愛想の良い人が優秀社員となります。素早さは要求されず、高度な技術よりも会話などによって居心地の良い空間を作り出せる人が重宝されます。

このように、企業が取る戦略によって優秀の意味が違います。多くの人はこれを理解せずに「優秀」という言葉を使っていますが、本来であれば優秀の本質的な意味を理解して使わなければいけません。

これを理解すれば、例えば採用活動や自社教育を行うにしても、企業の戦略によって取るべき行動が違ってくるはずです。

手軽軸(早く・安く)で勝負する戦略であれば、テキパキと動ける人を採用して社員教育も「できるだけ素早く行動できる人」を育てていく必要があります。

高付加価値商品の提供による商品軸での勝負ならば、良い商品を生み出すアイディア豊富な人を採用していきます。密着軸であれば愛想の良い人を採用し、接遇などを強化していかなければいけません。
これによって、ようやくその企業の戦略に合う優秀社員が育っていきます。

重要なのは、ある企業で超優秀社員であったとしても、他の企業で同じように通用するとは限らないという事です。戦略が似ている企業であれば同じように重宝されますが、何かの間違いで異なる戦略の企業に転職すれば、そこまでの能力を評価されないままで終わってしまいます。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認