人は何に対してお金を払うか考えたことがあるでしょうか。必要な物に対してお金を払うのでしょうが、実際は考え方が少し異なります。

例えば、衣食住は必ず必要なのでお金を使います。しかし、スーパーで食品を買うときなど、多くの人はこれらの必需品に対して節約すると思います。

つまり、本当に必要な物(必需品)に対してはお金を使いたがりません。これを認識できるだけでも、ビジネスでの考え方が進むと思います。

ニーズとウォンツの違い

簡単に考えれば、ニーズとは必需品の事です。人は必要なものにはお金をできるだけ払わないようにするため、ニーズ商品は値段の安い商品が選ばれるようになります。その結果、価格競争へと陥りやすくなっていきます。

店で食材を購入するにしても、普段着を購入するにしても必ず値段を比較されます。セール品ばかりを求められ、10円単位で安さを要求されます。そのため、利益を出すことも難しいです。

その一方で、いくら不況と言われても、何万円もする化粧品や健康食品が売れていきます。スーパーで激安商品ばかりを求めていた人であっても、ここぞとばかりにお金を使います。この違いは何かを考えたことはあるでしょうか。

女性にとって化粧品は必要かもしれませんが、本来、何万円もする商品は不必要なはずです。それにも関わらず売れるのは、「欲しい!」と思わせているからです。これが、ウォンツ商品になります。ウォンツ商品とは、高額商品と考えてください。

欲しいと思わせることができれば、人はいくらでもお金を払います。しかし、前述の通りニーズ商品は節約されやすいです。これはオタクの方を考えれば分かりやすいです。

オタクの方であれば、キャラクターの絵が描かれたプレミアムのカードに対して何万円も支払います。しかし、カード店に行くために必要な数百円の電車代はもったいないと考えて自転車で出かけようとします。

移動手段である電車は単なるニーズ商品ですが、高額のプレミアムカードは「欲しい!」と思うウォンツ商品だったのです。

痛み系であれば売れる

ビジネスの中でも、痛みに訴える商品であるほどウォンツ商品になりやすいです。人は痛みを取り除くためであれば、いくらでもお金を支払う傾向にあります。

例えば、急にお腹が痛くなり、この症状が一日中続くようであればどうでしょうか。多くの人は医者にかかると思います。病気を取り除くという痛みを解決するため、人はお金を支払います。お金を使いたくないからと言って、病気の時に医者にかからない人は稀です。

同じように、容姿を何とかしたいという痛みのある人であれば、これを解決するために化粧品にかなりのお金をかけます。高級化粧品が売れていく理由がここにあります。人によっては美容整形に手を出す人もいます。

他にも、年を取って膝関節の悪い人であれば、グルコサミンなどの効果のない怪しい健康食品にまで多額のお金をつぎ込むようになります。少しでも症状を良くしたいという思いから、無意味なものにまでたくさんの人がお金を使うようになるのです。

こう考えると、痛み系であれば「欲しい!」と比較的簡単に思わせることができます。必需品であるニーズ商品ではなく、高額なウォンツ商品を扱うことがビジネスで成功する秘訣です。「痛み系の商品を扱う」という思考ができれば、よりビジネスでの成功に近づくのです。

お客様は何に対してお金を払うのかを考えてみてください。この思考を理解すると、ビジネスのヒントはそこら辺にゴロゴロと転がっている事に気が付くはずです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録