ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

コアをなくすことで逃げられなくする

 

ビジネスの基本はどれも同じです。これはネットビジネスでもリアルビジネスでも同様です。つまり、この基本さえ押さえればどの分野でも応用することができます。

 

これらビジネスの基本的な考えの一つとして、「コアを外してしまう」という方法があります。フランチャイズでは当たり前のように行われている手法です。

 

 コアを外すとはどういうことか
フランチャイズを募集した後、加盟店に対してノウハウや商品を提供します。その代わり、売上の何割かを加盟店から課金することで成り立っているビジネスモデルがフランチャイズです。

 

ただこの時、加盟店からしてみれば「せっかく売り上げたうちの何割かが本社に吸い取られる」という事実はあまり好ましくありません。

 

そのため、ある程度続けてきて軌道に乗り始めた後に多くの加盟店が何を考えるかと言うと、「フランチャイズを辞めて自分独自の力で頑張ろう」と考え始めます。ノウハウは既に蓄積されていますし、あとは看板の名前を変えるだけです。

 

これは人間であれば、当然の心理だと思います。売上のうち何割かを本社に渡すよりも、たとえ看板が使えなくなったとしても自分の力だけでやっていけばその分だけやる気が出てきます。

 

しかし、ほとんどのフランチャイズ加盟店はこれをしません。なぜかと言うと、大抵はビジネスを行う上で最も重要となる「コア」が外されているからです。

 

例えば、某カレー屋のフランチャイズでは「カレーのルーを全て本社で作った後、全国にあるフランチャイズ加盟店に届ける」という方式を取っています。

 

これによって全ての店で同じ味のカレーを食べることができ、加盟店からすれば「カレーのルーを作る」という作業をなくすことができます。

 

しかし、カレー屋にとって「カレーのルー」は一番のコアとなります。つまり、このカレーのルーの作り方がブラックボックス化されているため、同じ味を作り出すことができないのです。

 

そもそも、コアが外されているので今回の場合は肝心のカレーのルーを作る方法さえ分かりません。そのため、これまではお客様を集めることができてリピーターを作り出すことが出来たとしても、カレー自体を作ることができないので商売自体が出来なくなってしまいます。

 

このような事を考えてしまうと、独立を考える余地がなくなってしまいます。つまり、本社に従うしか選択肢がなくなるのです。

 

もしフランチャイズから外れてしまえば、また一からのスタートになるので誰も行おうとはしないのです。

 

 薬局チェーンでコアを外す
私は薬剤師出身なので、薬局の話を聞く機会も多いです。その中で、ある大手薬局チェーンではその会社に勤める社員に対して「新規薬局を出すための独立支援を行っている」という話を知りました。

 

何年も働いてくれた社員の薬剤師に対して、自分独自の薬局を出店する際に「お祝い金」や「薬剤師や事務員など人材の提供」を行うというものです。

 

一見すると素晴らしいように思えます。少なくとも、ビジネス経験のない人から見れば自分にとって得しかないシステムに見えてしまいます。

 

しかし、本社の狙いはそこではありません。

 

薬局運営でカギとなるのは「薬剤師」という人材になります。薬局は薬剤師の人数がいないと運営ができません。なぜなら、一人の薬剤師が一日に処理できる処方せん枚数は法律で決められているからです。

 

そのため、ある程度の売上を出そうと思えば、薬局運営を一人の薬剤師だけで行うのは無理があります。そこで、他の薬剤師を雇い入れる必要があります。

 

ここで勤めていた大手薬局チェーンの力を借りて薬局を開いたら、「薬剤師」という人材としてのコアがその大手薬局チェーンに握られていることになります。

 

貴重な人材を提供してその見返りを何も貰わないほど優しい会社はこの世に存在しないため、「薬剤師」という人材を貸す代わりに薬局の売り上げの何割かをバックするように必ず要求してきます。

 

大手薬局チェーンの機嫌を損ねて一緒に働く薬剤師が引き上げてしまえば、どれだけ成績が良くてもその薬局は一瞬で潰れてしまいます。薬剤師がいなければ薬局を運営できないので、薬局運営で最も重要となるコアが「薬剤師の数」となります。

 

つまり、この大手薬局チェーンは「社員の独立支援」という言葉を使ってはいますが、裏では「フランチャイズチェーンを集めることで継続課金システムを構築する」という思惑があるのです。こう考えると、ビジネスの基本はどれも同じであることが分かります。

 

 ネットビジネスでコアを外す
このような「コアを外す」という考えはネットビジネスでも当然ながら通用します。ネットビジネスでもフランチャイズのように他人にノウハウを教え、その利益の何割かをバックしてもらうシステムを組んでいる人がいます。

 

ただしネットビジネスは誰でもできるからこそ、ある程度慣れてくれば「一人でやった方が良い」と考えて簡単に逃げることができます。

 

そこで、コアを外すことで逃げられなくします。この例としては、「パスワード管理だけは全て自分で行う」というものがあります。

 

他の人にサイト運営を任せる場合、サーバー代は全て自分が出してパスワード管理も自分が行います。たとえサイト更新は他人に任せていたとしても、サーバー代を出してパスワードは全て自分が握っているため、サイトを乗っ取られることはありません。

 

この場合であれば、コアを自分が握っていることになります。

 

これはあくまでも簡単な一例ですが、他人に自分のビジネスを預けるなどフランチャイズ形式を取るのであれば必ず「コアを外す」という思考が必要になります。

 

そうしなければ、他人は「ノウハウだけを手に入れて逃げる」などの行動に走ります。そこで、どうやっても逃げられない状態を作り出す必要があります。そのための思考がコアを外すことです。

コアをなくすことで逃げられなくする

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

ネットビジネスはアフィリエイトが全てではない
ビジネスでは自分が行わない事を選ぶ作業でもある
FAXDMの活用方法
ネットで売れる商品と売れない商品
ビジネスではアイディアは必要ない
将来、何十年にも渡って稼ぎ続けるには
新規顧客は必要ない:顧客リストの重要性
残業するなど、アイディアに時間をかけるほど発想力が弱くなる
リアルビジネスでの付加価値により、最短で現金を生み出す思考法とは
わずかな工夫によってリピート率を大幅に改善する
ハブを考えて売上を10倍にする方法
無料セミナーから学ぶ本物の営業手法
最強の参入障壁とは何か
会社(組織)によって優秀社員の定義が違う
値下げを行うと倒産への一歩を踏み出す
ニーズとウォンツの違い
ドミナント戦略:同じ地域に多店舗出店する理由
ノウハウではなく、「誰と組むか」がビジネスで最も重要
ゼロベースの人がビジネスを始めるに当たって考えるべき事
インターネットを使い、「販売」と「集客」を融合させるには
ビジネスでシナジー効果を生み出すジョイント思考
相手のメリットを提示してビジネスを加速させる
専門家になれば、あらゆるビジネス分野で勝負できる
高校生でも出来るリスト構築法により、ビジネスを加速させる
ライバル不在で一人勝ちするための「ズラし」のテクニック
誰でもビジネスで稼ぐチャンスがある
広告は短期間に出すと成果が高くなる
資格は必要ない:成果報酬で稼ぐ本物のビジネス
良質の客だけを引き寄せるビジネス手法
ネットビジネスの基本はメルマガではない
パレートの法則を知る:稼ぐために必要な絶対的な思考とは
お金をドブに捨てることができるか:正しい失敗をする
同じ顧客から何回も売上を上げる(リピートさせる)
商品を爆発的に売る手法
「高価格で高付加価値の商品」を欲しがるお客様は必ず存在する
お客様に喜ばれながら電話営業を行う方法