商品を購入する時に品物によっては「特典」が付いてくるケースがあります。通販番組ではよくありますが、「さらに今回はこちらの商品も付けて……」という感じになります。

この時、特典の見せ方を工夫しなければ、特典の価値が低く見られてしまいます。これは通販番組を研究すれば、特典の付け方や販売手法などが分かってきます。

特典の価値を上げるために行うべき事

本来の商品にくっついている特典の価値は低く見られる傾向にあります。これは、自分が買い物をする時にどのような事を考えながら商品を購入するかを考えれば理解できます。

例えば、家電製品を購入する時を考えてください。ここではパソコンを購入することにします。

この時に店員さんから、「パソコンを買ってくれた方には、今だけ最新の画像作成ソフトをプレゼントします」と言われます。この時に、あなたは特典として付いてきた画像作成ソフトの価値をどのように感じるでしょうか。

多くの人は「どうせ無料の特典だし」と思って、その画像作成ソフトの値段を低く見積もります。

そこで言い方を変えます。例えば、「Photoshopと同じ機能を備えた5万円の価値がある画像作成ソフトを特典として付けます」と言われれば意味が違ってきます。それまで単なる特典として見ていた画像作成ソフトが急に魅力的な物に思えてくるのです。

これが、特典の価値を上げる簡単な方法となります。

多くの人は特典を単なる付属品と見なすため、どれだけ素晴らしい特典であってもその価値を低く見積もってしまうのです。そこで、特典の価値をきちんと明示します。特典の価格を伝えても良いですし、他の商品と比較しても良いです。

いずれにしても、特典をただ渡すだけでは不十分です。きちんと価値を伝えることで、「商品だけでなくて特典も欲しい!!」と思わせなければいけません。

むしろここまで出来ればこっちの勝ちです。

ビジネスではオリジナルな特典を

特典がオリジナルであり、「そこでしか手に入れることができない特典」であれば強いです。これはリアルビジネスでもネットビジネスでも同じです。

特にネットビジネスをしている人の多くは、他の人の再配布商品をたくさん並べて特典にしている人が多いです。これがいわゆるレビューしかできない実力のないアフィリエイターの多くが行っている手法です。

この方法では「別に誰から商品を買っても同じ」となります。しかし、その人だけの特典があり、かつその特典が魅力的であればその人から購入するしか選択肢がなくなります。いわゆるプロモーションアフィリエイトです。

これができると良いです。

リアルビジネスでも同じであり、独自の特典を出すことができればその店から必ず売れます。この時は別に物を売らなくても、私が行っているように情報を売れば良いのです。

パソコンが苦手な人に対しては「パソコンの初期設定を代わりに行います」でも良いです。多くの店舗はこれを有料にしていますが、ここをむしろ特典にすればパソコン初心者に対して格段に売りやすくなります。

少々値段が高かったとしても、パソコン初心者にとっては初期設定のストレスがない事を考えれば「初期設定の代行」という技術を特典にできます。この場合は物を渡すのではないため、すぐにでも実行することができます。

このように、特典は何でも良いです。コストをかけずに知識や技術だけで勝負する「情報」を特典にしても問題ありません。

ビジネスで特典を活用できていない人が多いですが、このように考えるとリアルでもネットでもあらゆるビジネスで特典が有効であることが分かります。これに気が付いて取り入れることができれば、自社製品に大きな付加価値をつけることができます。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中