ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

返応性の法則を利用する方法:先に与えて反応率を上げる

 

たまに私の元に「頼みごとメール」が来ることもありますが、基本的に無視してしまいます。なぜなら、私に何のメリットもないからです。一方的に「何とかしてください」と言われても困ります。

 

しかし、私が必ずメールを返してしまうポイントがあります。それは、「返応性の法則」ただ一つだけです。私も先に与えられたらついつい返信してしまいます。

 

 返応性の法則を利用して相手を動かす
ほとんどの人は相手のことを考えずに「自分の質問に答えてください、お願いします」と言います。そのため、私も無視せざるを得ません。

 

しかし、中には相手に与えることだけを考える人もいます。例えば、私は薬学系サイトのメルマガ内で過去に10万円の教材を売っていました。今ではこれを無償提供していますが、これを受けて次のようなメールをしてくださった方がいます。

 

「これだけの情報を無料で提供してくださり、ありがとうございます。この教材を勉強して10万以上の価値を感じたため、是非ともお金を振り込ませてください」

 

さすがに私も「いやいや大丈夫です。それよりも後輩に奢ってあげてください」と返信しましたが、「是非ともお金を振り込ませてください」と私にメールを送った人は凄いと思いませんか。

 

最初に「お金を支払います」と相手に与えているわけです。そのため、私も返信するしかありません。

 

ここまで行かなくても良いですが、多くの人はこれが出来ません。無償で自分のために何とかして欲しいと思っているので、「返応性の法則を利用する」という概念が無いのです。

 

私であれば、ビジネスを行う上で目上の人に頼みごとをする時は必ず「相手のメリットになることは何か」を考えるようにします。そうしなければ、無視されることが分かっているからです。

 

ビジネスで相手と対等に話をするためには、まず先に相手に与えまくらなければいけません。その人にお金を払って客になっても良いですし、相手はできないが自分にはできるスキルを提供しても良いです。

 

サイトにアクセスを集める根底にある原則もここにあります。有益な情報を発信して与えることだけを考えるのです。メルマガで稼ぐ方法も同じです。提供することだけを考えてファン化させる必要があります。

 

ビジネスでは心理学に基づく様々なテクニックを活用することができます。その中でも、「返応性の法則」が最重要であることを認識してください。

 

 テレビアンケートの返答率を上げる方法
返応性の法則を利用している企業はいくつもあります。その中でも、私が経験した中で「これは凄いな!!」と思ったことがあります。それは、テレビに関するアンケートです。

 

視聴率など、テレビアンケートを専門にビジネスを行っている会社がありますが、私は大学生の時にその会社のアンケートに協力したことがあります。

 

その時は「アンケートに答えれば必ず1000円分の図書券が貰える」というものでした。普通に考えたら、アンケートを送った後に図書券が届くと思います。

 

しかし、その会社は違っていました。アンケート用紙が届いた時に、その中に既に1000円分の図書券が入っていたのです。つまり、アンケートに答える前から1000円をプレゼントされた状態となります。

 

アンケート項目が何十ページに渡っており、正直に言うとかなり面倒なアンケートでした。しかし、既に与えられているのでアンケートに答えるしかありません。当時の私は返応性の法則に従って忠実に行動したのです。

 

ちなみに、このように先に相手に与えると面倒なアンケートであってもほぼ回答してくれることが分かっています。

 

「アンケートに答えてくれたら図書券を送ります」であれば、アンケートが届いた瞬間に面倒臭くなって協力しない人が半数以上現れます。それを、返応性の法則によって大幅に改善させるのです。

 

このアンケートに答える前に電話調査など細かい調整を行う必要があるため、このような人件費まで考えると「先に与えてしまった方がアンケートの返答率を大幅に上げてコストを安くすることができる」という事が分かっていたのです。

 

このようにして、返応性の法則を上手く活用している企業も世の中にあります。

返応性の法則を利用する方法:先に与えて反応率を上げる

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

「影響力の武器」から学ぶ心理学
固定的動作パターン(高級商品で勝負するためには)
固定的動作パターン(理由をつけて頼むことで行動させる)
コントラストの原理:商品を安く見せる方法
上位商品を出す本当の意味とは:極端の回避性(松竹梅の法則)
選択肢が多くなると人は買わなくなる
先に弱点を見せ、相手から大きな信頼を得る
ポイントを素早く溜めさせ、売上を上げる方法
特典の価値を上げるために
創造的な考えをチーム内に生み出す方法:反対意見を取り入れる
返応性の法則とは:与えられると返さなければいけない
自分よりも上のレベルの人と親しくなる唯一の方法
拒否された後に譲歩(ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック)
一貫性の法則:積極的なコミットメント
クロスセルと一貫性の法則
フット・イン・ザ・ドア・テクニック
コレクター精神:欠けていると気になって集めてしまう
「社会的証明の原理」によるメッセージ
社会的証明の原理を利用して人を動かす
ラベリング・テクニック:言葉で人を変える方法
集団的無知による社会的証明の原理
オークションに出品する時の値段設定:安くするか高くするか
名札を付けて鏡を置けば正しい人間になる法則
3ヶ月待ちの商品を作る本当の意味:製品の期待度を高めて売る
ザイオンス効果:会う回数が多いほど親しくなる
類似性:似ていると好感を持ちやすくなる
サプライズによって顧客満足度を上げる:キャンディーの価値
真似をすることで好感を得るためには
想像のしやすさが好意の度合いを分ける
バーナム効果:誰でも占い師になれる理由とは
人は権威によって動かされる:機長症候群
権威付けの証明:他の人に説明してもらう
連合の法則:虎の威を借りて自分を良く見せる方法
希少性(限定性)の原理:人を行動させるには
得られる物よりも、失う恐怖の方が大きい:損失回避性
値上げは悪い、失うのは最悪:希少性の原理