ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

真似をすることで好感を得るためには

 

人は類似点があると好感を持ちやすくなります。敏腕の営業が初対面の人と話すときに必ず共通点を見つけようとするには理由があり、それは何とかして「あなたと私は同じですよ」という事を印象付けさせることにあります。

 

このように、相手との共通点を何とかして探すことで好感を得ようとするのは「好意の原理」において基本となります。

 

そして、これは「相手の真似をすること」にも当てはまります。

 

 真似をすることで好感を得る
「相手の真似をする」とは言っても、当然ですが相手を馬鹿にしたような真似をするのではありません。自然な形で真似をします。

 

例えば、アメリカなどの欧米諸国ではチップの習慣があります。ウェイターは何とかしてチップを多く貰おうとしますが、この時に相手が言ったことをそのまま復唱するだけで支払われるチップが70%も多くなることが分かっています。

 

レストランで注文を受けるとき、「はい」とだけ言う人が多いです。この時、好感を上げるためには、「相手が言ったことをその場で一字一句同じように言い返す」だけで良いです。相手の言葉を言い換えるのではなく、そのまま言い返すのです。

 

ここには「好意の原理」が大きく働いています。

 

前述のとおり、人は自分と似た人を好む傾向があります。これは生まれ持った人間の性質です。そのため、相手が行ったことを忠実に再現するだけで好感を得ることができます。今回の場合、それが「相手の言った事をそのままオウム返しにする」ことに当たります。

 

 好感を得る電話対応を行うためには
このように考えれば、電話対応の時にどのような返答をすれば良いか分かると思います。それは、「はい」と返事することや相手の言い換えをするのではなく、相手が言った事をそのまま繰り返せば良いだけです。

 

私が会社の従業員だった頃も全く同じようにしていました。

 

薬剤師として私は働いていましたが、そこで多くの電話をとります。その時に、相手が言った事を忠実に再現して繰り返していました。

 

特にクレームの時には今回の「真似によって好感を得る方法」は最大限の威力を発揮します。ただうなずいているだけでは不十分ですが、何度も相手の言うことを繰り返している内に勝手に落ち着いてくれます。

 

ただし、当然ながら正確に応えるために疑問点があれば聞き返しますし、ただ単に相槌を打つだけの時もあります。こればかりは臨機応変にしなければいけません。

 

この時に一番多用していたのが「相手が言った事をそのまま繰り返す」というテクニックだったという事です。

 

模倣は説得のテクニックとして基本であり、相手に不愉快な思いをさせることなく、これだけ簡単に好感を得られる方法はありません。

 

なお、このように真似をすることで好感を得るのは「言葉による模倣」だけではありません。例えば、商談の場で相手と同じ姿勢を取ることによっても、好感度アップすることが分かっています。

 

要は、模倣による好感の原理を理解すれば何にでも応用できるということです。

 

これを踏まえた上で、ファミレスや飲み屋などの飲食店に行って商品を注文してみてください。大手チェーンであれば、大抵の場合で注文をその場で繰り返してくれます。バイトであっても、同じように注文内容を読み上げます。

 

これは注文内容の再確認という意味もありますが、その場で繰り返すことによってより好感を持ってもらう意味もあります。こう考えると、多くの企業が気付かれないように策略を練っていることが分かるのではないでしょうか。

 

なお、今回の話はあらゆる場面で応用できます。営業マンであれば、相手がどのようなメールを送ってくるのか観察してください。改行の位置や文章の終わり方など、人によって独自のクセがあるはずです。それらを完全に真似してみてください。

 

メールに限らず、電話や商談をするときでも同じです。できるだけ相手をよく観察し、真似するのです。これを人によって使い分ければ、相手はあなたに対して好感を抱きやすくなるはずです。

真似をすることで好感を得るためには

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

「影響力の武器」から学ぶ心理学
固定的動作パターン(高級商品で勝負するためには)
固定的動作パターン(理由をつけて頼むことで行動させる)
コントラストの原理:商品を安く見せる方法
上位商品を出す本当の意味とは:極端の回避性(松竹梅の法則)
選択肢が多くなると人は買わなくなる
先に弱点を見せ、相手から大きな信頼を得る
ポイントを素早く溜めさせ、売上を上げる方法
特典の価値を上げるために
創造的な考えをチーム内に生み出す方法:反対意見を取り入れる
返応性の法則とは:与えられると返さなければいけない
返応性の法則を利用する方法:先に与えて反応率を上げる
自分よりも上のレベルの人と親しくなる唯一の方法
拒否された後に譲歩(ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック)
一貫性の法則:積極的なコミットメント
クロスセルと一貫性の法則
フット・イン・ザ・ドア・テクニック
コレクター精神:欠けていると気になって集めてしまう
「社会的証明の原理」によるメッセージ
社会的証明の原理を利用して人を動かす
ラベリング・テクニック:言葉で人を変える方法
集団的無知による社会的証明の原理
オークションに出品する時の値段設定:安くするか高くするか
名札を付けて鏡を置けば正しい人間になる法則
3ヶ月待ちの商品を作る本当の意味:製品の期待度を高めて売る
ザイオンス効果:会う回数が多いほど親しくなる
類似性:似ていると好感を持ちやすくなる
サプライズによって顧客満足度を上げる:キャンディーの価値
想像のしやすさが好意の度合いを分ける
バーナム効果:誰でも占い師になれる理由とは
人は権威によって動かされる:機長症候群
権威付けの証明:他の人に説明してもらう
連合の法則:虎の威を借りて自分を良く見せる方法
希少性(限定性)の原理:人を行動させるには
得られる物よりも、失う恐怖の方が大きい:損失回避性
値上げは悪い、失うのは最悪:希少性の原理