c2a300cba2e41ab901716b4d5b4ab92b_s

ソーシャルメディアやSNSを使って情報発信しようとする人のなかには、「できるだけしっかりした文章を作らなければならない」と考える人がいます。しかし、このような考え方を持っていると、コンテンツを仕上げるのに大きな時間がかかってしまいます。

そして人によっては、途中で自分の文章に納得がいかなくなって何度も書き直してしまいます。このような状態では、1つのコンテンツを仕上げることが困難になります。さらに、記事の作成に時間を費やし過ぎてしまい、本業にまで悪影響が出てくるおそれがあります。そこで、ソーシャルメディア用の文章を作成する場合の心構えについて解説していきます。

SNSの情報発信では、とりあえずコンテンツを書き始める

ソーシャルメディア用のコンテンツを作る場合の心構えとして、「とりあえず文章を書き始めてみる」ことがあげられます。つまり、完成度などの細かいことは一切考えず、何となくでもいいので書き始めるようにするのです。

最初から「完璧なものを作らなくてはいけない」と考えて文章を作成していくと、どうしてもライティングの速度が遅くなってしまいます。その上、書いている途中で「この言い回しは正しいのか」「文章が冗長になり過ぎていないか」などという考えが芽生えやすくなり、途中で修正したい気持ちに駆られがちになります。

その一方で、難しいことを一切考えず、「とりあえず書いてみようかな」という気持ちで文章を作成していけば、深く考えながら文章を作成した場合よりも短い時間でコンテンツを作れます。そして、文章を完成させた後になって、初めて修正作業を行うようにします。

とりあえず仕上げた文章は、後で推敲して精度を高める

どのような意識でコンテンツを仕上げた場合であっても、作った記事に対して必ず修正作業を行わなければなりません。なぜなら、誤字脱字などのケアレスミスはどうしても発生してしまいますし、最初に記事を書く段階ではそれらの失敗に気付きにくいからです。

具体的な推敲のやり方としては、深く考え過ぎずにコンテンツを作成し終えた後、まずは一度自分で見直しをしてみます。そうした後で、今度は文章能力が高い他の人に添削作業を依頼します。このような形で推敲をすることによって、作成したコンテンツの質を高められるようになります。

実際のところ、どれだけ完成度を意識してコンテンツを作ったとしても、後で必ず修正作業を行う必要があります。

そして、作家やライターなどの文章作成の専門家は、このことをしっかりと理解しています。つまり、どれだけ文章能力に長けた人であったとしても、最初から完璧な文章を作れるわけではないのです。

誰でも最初に書いた文章にはミスがある

このことを理解すると、最初から「良い文章を書かなければならない」と考える必要が全くないことが分かります。そして、最初は「とりあえず書いてみようかな」といった気持ちで良いので、とにかく一度文章を仕上げることがいかに重要であるかに気付けるようになります。

このように、ソーシャルメディアで発信するコンテンツを作る際には、完成度を度外視し、「とりあえず書き始めてみよう」という意識で記事作成に取り掛かることが大切です。これによって、深く考えながら文章を作る場合よりも、はるかに少ない時間でコンテンツを書き上げることができます。

また、記事を作成した後の修正作業は、どのような意識でコンテンツを作成した場合であっても、必ず行わなければなりません。なぜなら、どれだけ完璧を意識して記事を書きあげたとしても、ケアレスミスはどうしても起こってしまうからです。

そして、コンテンツの推敲を行う場合には、記事を最後まで書き終えた後、一度自分でチェックをします。その後で、文章能力が高い人に添削してもらうようにします。このような形で修正作業を行うことで、作成したコンテンツをさらに素晴らしいものに仕上げることができます。

お客様は、きれいな文章を求めているわけではない

なお、そもそもSNSの利用者は、何を目的としてソーシャルメディアを使っているのでしょうか。その主な答えとしては、「情報収集」と「他人との交流」の2つになります。

その一方で、ソーシャルメディアを使う人の中で、「きれいな文章を読む」ことを目的としている人はまずいません。このことから、ビジネスとしてSNSを活用したい場合、必ずしもきれいな文章が書けなくても問題ありません。

そうはいっても、何が言いたいのか全く分からない文章を書いて良いわけではありません。この場合、ソーシャルメディアの利用者を惹き付けることができないからです。そのため、少なくとも「相手に伝えたいことが伝わる文章」は、書ける必要があります。

最初は量をこなすことを考えるべき

しかし、今まで情報コンテンツを作成したことがない人の場合、最初からいきなり「相手に言いたいことが伝わる文章」を書くのは大変かもしれません。このような場合には、ソーシャルメディアや自社サイトなどを使って、ひたすら大量の文章を書き続けることが大切です。

こうしてたくさんの文章作成をこなすことで、徐々に文章能力が洗練されていきます。その結果として、人前に出しても恥ずかしくない文章を書けるようになれます。

ソーシャルメディアを使い、自社のブランディングを築く

ソーシャルメディアをビジネス目的で使う場合、自社のブランディング構築を意識して取り組む必要があります。これが実践できることで、自社のビジネスを加速させることができるようになります。

SNSを活用して自社のブランディングを図りたい場合、自社がもつ有益な情報をコンテンツとして発信していくことが大切です。これによって、その情報に興味を持つお客様を集められるようになります。

実際のところ、ソーシャルメディアを使ってどれだけきれいな文章を書くことができたとしても、その内容が当たり障りのないつまらないものの場合、お客様を集めることはできません。その一方で、決してきれいとは言えない文章であっても、その内容がお客様にとって有益なものであれば、お客様を惹き付けることができます。

有益なコンテンツだけを発信する

このことから、SNSを活用する場合には、きれいな文章を書くことよりも、お客様にとって有益な情報を拡散することに意識を向けなければならないといえます。これができることで、ソーシャルメディア上で自社のブランディングを築くことができます。

このように、ビジネスでソーシャルメディアを活用する場合、必ずしもきれいな文章が書ける必要はありません。もちろん、「言いたいことが伝えられるような文章」を作れなければならないものの、しっかりとした日本語になっていれば問題はありません。

また、SNSを活用する場合、きれいな文章を書くことよりも、自社のブランディング構築を重視することが大切です。そのための具体的な方法は、自社がもつ有益な情報をソーシャルメディア上で拡散させることになります。

これを行うことによって、その情報に興味を持つお客様が次第に集まるようになります。

そのあとは、集まったお客様を企業サイトなどの自社媒体に誘導しても良いですし、「お悩みをお聞きします」という名目で問い合わせしてもらっても良いです。これらには決まった答えがないため、いろいろと小さくテストしてみて、効果があったものを導入するようにしてみてください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認