cccc4

ウェブ上の小売りとしてECサイトを運営することで商品販売をするとき、何に対して気を付ければいいのでしょうか。それは、写真です。情報サイトではコンテンツが重要視されますが、小売りをするときはプロが撮影したようなきれいな写真が必須になります。

そして、その次に重要なのはキャッチコピーです。要は、その商品を一言で言い表す「殺し文句」を考えるのです。

この2つがなぜ重要なのかというと、商品売上に直結するからです。適切な写真を配置してキャッチコピーを考えるだけで、ECサイトでの売上が格段に上がっていきます。この事実を認識したうえで、ビジネスをしなければいけません。

さらに小売りでは、商品の仕入れや入金方法、商品の発送方法まで考えなければいけません。こうしたことまで考慮した上でECサイトを構築すれば、大きな売上を出すことができます。

小売りでの売上向上には写真が重要

良質なコンテンツを詰めた情報サイトを運営する場合、写真はそこまで重要ではありません。いくら素晴らしい写真を活用していたとしても、その中身が薄ければ訪問者がガッカリしてしまうからです。

ただ、これがECサイトになると話が変わります。物販によって商品販売をするとき、必ず良い写真を撮らなければいけません。

物販であれば、どのような商品を販売するときであっても、きれいな写真というのは訪問者を惹きつけることで「買いたい!」と思わせることができます。この傾向はアパレルや家具、インテリアなど、デザイン性が重視される商材を取り扱うときであるほど顕著です。

そのため、ECサイトの運営で載せる商品写真に関して、あなたや社員が撮影している場合ではありません。必ずプロレベルの技術をもつ人に頼んで撮ってもらう必要があります。もちろん、あなたがプロの写真技術をもっているのであれば問題ありませんが、そうでないのなら適切な人に頼みましょう。

情報サイトの場合、良質なコンテンツを詰めることが最低条件です。

一方、ECサイトでは良質な写真を並べることが最低条件になります。ECサイトの場合、コンテンツが少なくてサイトの構造が微妙であっても、掲載している写真が良ければそれなりのECサイトであるかのように見えてしまうのです。だからこそ、小売りを行う物販サイトで写真に妥協してはいけません。

キャッチコピーを必死で考える

プロに撮影してもらうことで良質な写真を取り揃えた後は、次に商品のキャッチコピーを考えます。つまり、文章の力だけでお客様を惹きつける「コピーライティング」を考えるのです。このとき、どの商品にも共通するキャッチコピーを考えてはいけません。面倒ですが、商品1つずつに対してタイトルを考える必要があります。

ポイントとしては、キャッチコピーを読んだときに「お客様が商品を実際に使っている未来を想像させる」ような文章に仕上げる必要があります。例えば、おしゃれな照明器具を売りたい場合、「影まで美しいスタイリッシュデザイン」などのキャッチコピーをつけます。

このように、製品の機能や価格をタイトルとして押し出すのではなく、実際に照明を部屋に取り付けたときに「どのように感じるか」を代弁するのです。そうすれば、良いキャッチコピーになります。

キャッチコピーというのは、言葉のマジックを使うことだといえます。そのためには、商品ごとにキャッチコピーを考え、ECサイトに記載してある商品説明をスムーズに読ませるように誘導する必要があります。そうして頭を使うことで、ようやく商品が売れていくようになります。

商品の仕入れ方と入金方法の決める

このように、ECサイト運営で最も重要なのは写真です。情報サイトでは重要視されない写真ですが、ECサイトではかなり重要な役割を担っています。

そして、次に重要なのはキャッチコピーです。こうして最終的に、写真とキャッチコピーによってその下に書かれてある商品説明を読ませることにつながっていきます。

こうした対策は、誰でも行うことができます。プロの写真でなくても、友人をたどればプロレベルの写真を撮れる人は見つかるはずです。

お金をかけずに質の高いECサイトを構築するのは、実はそこまで難しくありません。あとは、あなたが商品のキャッチコピーを必死で考えるだけです。そうすれば、物販サイトを運営することによる売上が大幅に向上するようになります。

それでは、商品が売れればいいのかというとそうではありません。そもそも、売る商品がなければいけません。また、入金方法が違うだけでも売上がかなり変わってきます。

ECサイトで商品を販売する場合、当然ながら商品の仕入れ(製造)を行う必要があります。また、お客様からの入金方法についても、あらかじめ決めておかなければなりません。それでは、「ECサイトにおける商品の仕入れ方(生産の仕方)」や「ECサイトにおける入金方法の決め方」はどのようにすればいいのでしょうか。

ECサイトの運営における商品の仕入れ方

ECサイトで販売する商品を仕入れたり生産したりする場合、それを「どのタイミングで行うのか」が重要になります。なぜなら、売れる見通しが立たないうちに商品を作り過ぎてしまうと、大量の在庫を抱えることになる恐れがあるからです。この場合、在庫の維持管理費にたくさんのお金が消え、会社が徐々に疲弊していくことになります。

こうした事態を避けるためにも、商品を仕入れる時期や製品を作るタイミングは、自社にかかるリスクが少ない時にすることが大切です。

その方法の一つとして、お客様から注文があったときに商品の仕入れ(製造)を行う「受注生産」があげられます。これであれば、注文したお客様がキャンセルをしない限り、在庫発生のリスクを回避することができます。

ただしこの場合、お客様のもとに商品を届けるまでに多くの期間がかかってしまいます。そのため、お客様によっては、商品がなかなか送られてこないことについて不満を感じてしまいます。

さらに場合によっては、「商品が届くのが遅いから、今後、この会社から商品を買うことはやめておこう」と判断され、商品を買ってもらえなくなるケースも考えられます。

こうした事態に陥らないためには、商品説明の部分で以下のような注意書きをしておくことが重要です。

商品の品質保持のため、弊社ではお客様から注文をいただいたときに商品の生産に取り掛かります。そのため、お客様のお手元に届くまでに一定の期間がかかってしまいますが、何卒ご了承ください。

また、PDFファイルなどのデジタルコンテンツを売る場合や、通信教育などのサービスを販売する場合であれば、最初から在庫が発生するリスクがありません。そのため、これらの商品を販売する場合には、より少ないリスクでビジネスを動かすことができます。

このような書き込みを大きく表示しておけば、商品が届くまでに時間がかかることをわかってくれるお客様だけが商品を購入してくれるようになります。その結果、お客様から「商品が届くのが遅い」ことのクレームを受けることなく、受注生産で商品を販売することができます。

ECサイトでの入金方法を決める

ECサイトで商品を売る場合、どのような入金方法にするのかを決めなければなりません。例えば、銀行振り込みだけにするのか、クレジット払いにも対応するのかについて、しっかりと検討する必要があります。

もし、銀行振り込みだけでしか支払いができない場合、クレジットカードでの支払いに慣れているお客様が、商品の購入を断念してしまう恐れがあります。そのため、こうした事態を避けたいのであれば、ECサイトにクレジットカードの決済システムを組み込んでおかなければなりません。

また、ECサイト上で商品を販売する場合、「どのタイミングでお客様にお金を支払ってもらうのか」についても決めておく必要があります。

このときのポイントとしては、「自社のリスクが少なくて、なおかつお客様が納得してくれるタイミングにする」ことがあげられます。具体的な方法としては、お客様に代金を先払いしてもらうことがあげられます。

仮に、お客様に商品が届いた後でお金を支払ってもらう方法を採っている場合、それは自社にとって極めてリスクが高い方法になります。なぜなら、商品を受け取ったお客様が商品の代金を支払わずに音信不通になった場合、商品の代金を回収するのが極めて難しくなるからです。

このとき、もし商品の代金を受け取ることができなければ、商品の生産にかかった費用分だけ、自社の利益が失われることになります。このような事態に陥らないためにも、商品の代金は先払いにしておくことが大切です。

この場合であれば、利益の回収に冷や汗をかくリスクを回避することができます。

商品の届け方(配送方法)の設定

このように、ECサイトでビジネスを行う場合、商品の仕入れや生産であっても、お客様の入金方法であっても、自社にとってリスクが少ない方法を採ることが重要です。これにより、トラブルに巻き込まれる可能性を引き下げることができ、より円滑にビジネスを動かしていけるようになります。

ただ、小売りである以上は商品の注文が入った場合、当然ながらお客様に商品を配送することになります。そしてこのとき、お客様にどのような形で商品を届けるかを決めておく必要があります。

もし、適切な配送方法を設定できなかった場合、お客様のもとに品質が保たれた商品が期限通りに届けられない可能性が高くなります。この場合、お客様との信頼関係が崩れ、今後、商品を買ってもらえなくなる可能性が高くなります。

商品の梱包の仕方を設定する

商品の梱包方法は、扱う商品の種類によって大きく異なります。例えば、精密機械などの壊れやすい商品であれば、配送中に破損することがないように、緩衝材を入れつつ梱包する必要があります。また、食品などの賞味期限がある商品であれば、品質が変わらないようにするための梱包をしなければならないかもしれません。

このように、商品を発送する場合には、その商品に適した梱包方法を採る必要があります。これをしっかりと行うことで、お客様のもとに、品質に問題がない商品を届けられるようになります。

商品と一緒にプレゼントを同封する

お客様に配送する商品を梱包する場合、お客様に喜ばれるようなプレゼントを商品と一緒に入れることが大切です。このとき同封するプレゼントの例としては、「購入者限定の特別カタログ」「自社独自で発見した商品の活用方法」などになります。

このような「お客様にとってメリットのあるプレゼント」を商品と一緒に送ることで、商品を購入してくれたお客様が好感を抱いてくれるようになります。その結果として、自社のECサイトを使って再び商品を買ってくれる可能性が高くなります。

さらにお客様によっては、自社の良い口コミを身近な人に対して流してくれるようになります。この場合、さらに多くのお客様を獲得できるようになります。

また、プレゼントを同封する場合には、なるべく費用がかからないものを選ぶようにしましょう。なぜなら、高価なプレゼントを贈るようにしてしまうと、自社の利益を確保しづらくなってしまうからです。この場合、ECサイトのビジネスを継続しにくくなってしまいます。そのため、お客様にプレゼントするものは、少ないコストで送れるものにしておきましょう。

商品配送に利用する運送会社を決める

ECサイトのビジネスにおいて注文された商品を届ける場合、どの運送会社に依頼するのかを選択する必要が出てきます。なぜなら、自社で商品の発送を行うのは多大な労力と費用が掛かってしまうため、現実的ではないからです。

実際に運送会社を選ぶときに最も重要視すべきことは、「商品の発送トラブルが最も少ない業者を選ぶ」ことになります。つまり、配送料などの値段ではなく、ミスが起こりにくい配送システムなどの安全面を重視することが大切です。

もし、配送料金が安い運送会社に依頼したとしても、お客様に商品が時間通りに届けられなかったり、商品そのものが行方不明になったりした場合、お客様に再度商品を送らなければならなくなります。さらに、お客様の信頼を失い、今後商品を買ってもらえなくなる恐れがあります。

このような事態を避けるためにも、運送会社を選択する場合には、決められた期日通りにお客様にしっかりと商品を届けられる業者を選ぶ必要があります。

このように、お客様のもとに「品質が良好に保たれた商品」を届けるためには、送る商品に合わせたベストの梱包方法を採る必要があります。これによって、正しい状態の商品がお客様のもとに届けば、お客様の信頼を失わずにすむようになります。

また、お客様に届ける商品を梱包する場合には、お客様に喜ばれるプレゼントを同封することが大切です。これを行うことで、お客様が自社のECサイト上で再び商品を買ってくれる確率が高くなります。

そのほかにも、商品の配送を依頼する運送会社を選ぶ際には、既に述べた通り価格ではなく安全面に優れた業者に頼むようにしましょう。これにより、商品配送時にトラブルが起こる可能性を引き下げることができます。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認