film-production-237406_960_720

世の中に存在するウェブサイトの一つとして、「動画共有サイト」があげられます。自社のビジネスに動画共有サイトを活かすことによって、事業をさらに加速させることができます。

そこで、企業や事業者における動画共有サイトの適切な活用方法について解説していきます。

自社で撮った映像を動画共有サイトで拡散させる

企業や事業者がビジネス用の動画を撮った場合、ネット上でそれを公開することが重要です。なぜなら、ただ映像を撮っただけでは、その動画をビジネスに活かすことはできないからです。

自社で撮影した動画を公開する方法の一つとして、動画配信用のサーバーを借りて利用することがあげられます。しかしこの手法を採る場合、多大な労力を必要とする上に、コストパフォーマンスがかなり悪いです。

そのため、もっとコストがかからなくて、少ない労力で動画を配信しなければなりません。そして、この条件を満たす動画配信の方法として、動画共有サイトを使って動画を公開することがあげられます。

元データを取っておけば動画が資産になる

動画共有サイトの話をすると、人によっては「他社の媒体に依存するのは危険なのでは」と考えるかもしれません。確かに、ビジネスを加速させるためには、サイトやブログなどの自社媒体をもつことが必須です。

しかし、ビジネスに動画の活用を考える場合、無理をして独自のサーバーを立ち上げるよりも、すでに用意されている動画共有サイトを使った方が、実際に成果を出すまでの時間を大幅に短縮させることができます。

さらに言えば、特定の動画共有サイトが時代の移り変わりとともに廃れていったとしても、動画共有サイトという概念そのものが無くなることは考えられません。なぜなら、実際に動画共有サイトを利用する人の数がとてつもなく多いからです。

そのため、ビジネス用に撮影した動画は、動画共有サイトを使って拡散させるようにしましょう。そして、1つの動画共有サイトが廃れても問題ないように、映像の元データはしっかりと保管しておくことが大切です。

動画共有サイトを活用する際のポイント

動画共有サイトに自社の映像を投稿するにしても、適切な動画共有サイトを選ばなければ良い成果を出すことはできません。そこで、ビジネス用の動画の配信に利用する動画共有サイトを選択する際には、実際に良い効果が得られそうなものを選ぶ必要があります。

動画共有サイトを選択する際の基準として、「利用客が多いサイトを選ぶ」ことがあげられます。ビジネスに動画を活用する場合には、この条件を満たす動画共有サイトに動画をアップロードすることが重要です。

利用客が多いということは、その分だけあなたの映像が視聴される可能性が高くなります。さらに、このような動画共有サイトの場合、「多くの人に利用されているサイト」ということで検索エンジンから高く評価されています。そのため、こうした動画共有サイトで動画を投稿した場合、検索エンジンで上位表示される確率が高い傾向にあります。

もちろん、投稿した動画の内容が視聴者にとって有益なものでなければ、あなたが配信した動画が多くの人の話題になることはありません。そのため、動画共有サイトに動画を投稿するにしても、それを見た人にとってメリットがある映像にする必要があります。

悪いコメントは定期的に削除すべき

また、動画共有サイトによっては、視聴者がコメントを書き込めるようになっているものがあります。しかし、視聴者のコメントの書き込みができるように設定しておくのはおすすめしません。なぜなら、視聴者のなかには、コメント欄に悪い書き込みをする人がいるからです。

ただ単に、「うざい」「消えろ」などの子供じみたコメントであれば、さほど問題にはなりません。深刻な問題になるのは、コメント欄にURLを書き込まれた場合です。

例えば、コメント機能をONにしていたとき、視聴者の1人が「すごく参考になりました。実は私も動画配信を行っています。もしよろしければ見に来てください」とコメントし、さらに自身の動画のURLを載せていたとします。この場合、あなたが自身の動画公開ページに集まった視聴者の何人かが、コメント欄の他人の動画に流れることになってしまいます。

一見すると、コメント欄に視聴者自身の動画やサイトのURLを載せられるのは、それほど問題がないように思うかもしれません。しかし、実際にこのような行為をされたとき、「姑息な真似をする悪徳ユーザーに目を付けられた」と思わなければなりません。

そうして、できるだけ早いうちにそのコメントを削除し、コメント機能をOFFにする必要があります。ちなみに、「コメント機能をON」にしている方が動画共有サイトでの再生回数は多くなる傾向にあります。そのため、悪いコメントを含めて適切に管理できる場合はコメントを許可しても問題ありません。

このように、ビジネス用の動画をネット上に公開する場合には、動画共有サイトを使うことが重要です。この場合、自社でサーバーを用意するよりも、少ないコストと労力で動画を公開できます。

また、動画共有サイトを選ぶ場合には、できるだけ利用者が多いサイトを選ぶようにしましょう。そして、自社がもつ有益な情報を映像コンテンツ化し、ひたすら動画共有サイトでアップロードしていくことで、自社のビジネスをさらに加速することができるようになります。

動画共有サイトでは、動画のタイトル・説明文・タグが重要である

ただ、たくさんの利用者がいる動画共有サイトに動画をアップロードしていたとしても、映像のタイトルが適切なものでない場合、動画の拡散が見込めなくなってしまいます。また、説明文がなかったりタグの設定がおろそかであったりした場合、検索エンジンから良い評価が得られない可能性があります。

そこで、動画共有サイトに制作した映像を投稿する場合、どのようなタイトル・説明文・タグを設定すれば良いのかについて確認していきます。

動画のタイトル・説明文・タグの設定では、検索エンジンを意識する

サイト記事などの文字情報の場合、検索エンジンは簡単に読み取ることができます。その一方で、ウェブ動画などの映像の場合、検索エンジンは中身を把握することができません。そのため、制作した映像にタイトル・説明文・タグを付ける場合、検索エンジンのことを考慮した上で、適切なものを設定する必要があります。

まず、具体的なタイトルの設定方法としては、人を惹き付けられるようなキーワードを含めつつ、動画の内容を端的に示すタイトルとします。このようなタイトルを付けることで、検索エンジンに評価されやすくなります。

また、説明文を記載する場合には、動画の内容やポイントをわかりやすく解説した上で、重要なキーワードを適度に取り入れます。このような形で、動画タイトルだけでは説明しきれなかった部分を説明文で補足します。そうすることで、検索エンジンからの評価が得られやすくなります。

また、アップロードした動画にタグをつける場合には、動画の内容を示すキーワードを設定するようにします。例えば、ダイエットでの食事の摂り方について話している動画であれば、「ダイエット」「食事」「痩せる」「カロリー」などをタグとして設定します。

このとき、むやみにタグを付けすぎると逆効果になってしまいます。そのため、タグを設定する場合には、3つや4つなど、適度な量に設定しておく必要があります。

このような形で、動画にタイトル・説明文・タグを設定することで、検索エンジンに評価されやすくなります。そして、動画の内容が視聴者にとって有益なものであれば、多くの視聴者に映像を見てもらえるようになります。

説明文では、視聴者に行動させる文章を加える

たとえ動画を見てくれた視聴者が多かったとしても、そこに収益化の導線が仕込まれていない場合には、視聴者が「良いノウハウを知ることができた」と感じるだけで終わってしまいます。これではビジネスとして成立しておらず、単なるボランティアになってしまいます。

そこで、動画共有サイトに映像をアップロードする場合、必ず収益化につながるようなシステムを組み込む必要があります。これによって、視聴者の何人かが自社にお金を使ってくれるお客様になれば、あなたのビジネスが加速していくようになります。

例えば、自社でメールマガジン(メルマガ)を発行しているのであれば、説明文でそのことを述べます。そして、「当社のメルマガでは、完全非公開の動画によってさらに有益な情報を提供しております。興味がある方は、ぜひ当社のメルマガにご登録ください」と説明文に記載します。

こうしてメルマガ読者を獲得した場合には、有益な情報を提供しつつ、たまに商品やサービスのオファーを行います。これによって、比較的簡単に利益を出せるようになります。

このように、動画共有サイトに動画をアップロードする場合には、検索エンジンを意識したタイトル・説明文・タグを設定することが重要です。これにより、自社の動画ページが検索エンジンに評価されやすくなり、検索結果ページでの上位表示が期待できます。

また、動画ページでの説明文には、必ず収益化の導線を組み込むようにしましょう。これによって、視聴者をお客様に変えていくことができれば、自社のビジネスが飛躍するようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中