startup-593328_640

サイトやブログなどのウェブ媒体の記事を作る場合、同じような書き方でコンテンツを仕上げることが重要になります。なぜなら、記事の表記が統一されていないと、文章の見栄えが悪くなったり、お客様に違和感を与えて離脱されたりしてしまう可能性があるからです。

このような事態を避けるためには、情報コンテンツを作成するときに、同じような書き方に統一する必要があります。さらに、実際にライティングを行うときは一文を短くするなど、読みやすいさを考慮しなければいけません。そうしなければ、記事の内容が伝わりにくくなります。

そこで、ウェブ文章を作成する場合の「表記統一の仕方」や「文章を読みやすくする考え方」について解説していきます。

語尾の表記を統一させ、意図するイメージを定着させる

情報コンテンツを作成する場合の文末の書き方は、主に以下の2つに分けられます。

・「~だ」「~である」といった語尾で締めくくる「だ・である調」

・「~です」「~ます」といった語尾で締めくくる「です・ます調」

これらのうち、「だ・である調」を文末表記にする場合、お客様に対して強く主張するような形の文章になります。そのため、「だ・である調」で書かれた文章は、お客様に威圧的な印象を与えます。

そのため、先生が生徒に対して勉強を教えるような学習サイトや、上司が部下に対して指導を行うような社員教育用コンテンツなどの場合であれば、「だ・である調」の文章で良いといえます。

その一方で、威圧的な印象を与える「だ・である調」を文末表記にしてしまうと、お客様に対して良い印象を与えることはできません。ビジネスでは、お客様に好感を抱いてもらえるように努力する必要があります。そのため、お客様に親近感を抱かれるような文末表記を用いることが重要になります。

したがって、もう一つの文末表記である「です・ます調」でコンテンツを作ることで、お客様に対して丁寧に接するような形の文章になります。そのため、「です・ます調」で記載された文章は、お客様に柔らかくて親切な印象を与えます。

これらのことから、ビジネスとして情報発信をする場合には、「です・ます調」を文末表記に設定するのが良いといえます。

前述のように、作成した情報コンテンツの中に、「だ・である調」の文が混じっていると、お客様に違和感を与えてしまいます。そして場合によっては、読むのをやめて離脱されてしまう恐れがあります。こうした事態を避けるためにも、情報コンテンツを作成する場合には、「です・ます調」の文末表記で最初から最後まで統一して、書きあげるようにしましょう。

全角と半角のどちらかに表記を統一させる

英数表記の場合、全角か半角のどちらかに統一することが重要になります。なぜなら、全角と半角の英数表記が混じっていると、文章のバランスが悪くなってしまうからです。

例えば、サプリメントを紹介するウェブコンテンツにおいて「天然の有効成分を20g以上含み、抗酸化作用をもつビタミンCを40g配合」という具合に、全角の英数表記(20g)と半角の英数表記(40g)の両方が使われていた場合、お客様はどのように感じるでしょうか。

この場合、情報コンテンツを読んだ多くのお客様は、サプリメントに含まれる成分よりも、英数表記の違いに注意が向いてしまいます。そして、表記が統一されてないことから違和感を抱き、サプリメントの購入に至らずに離脱してしまう可能性が高いです。

これでは、せっかく有益な情報をコンテンツ化していたとしても、ほとんど利益が出ないウェブサイトになってしまいます。こうした事態を避けるためにも、英数表記は必ず統一させるようにしましょう。そうすることで、文章のバランスが保たれるため、お客様に違和感を与えずにすむようになります。

読みやすいウェブ文章にするポイント

このように、ウェブ文章を作成する場合には、文末表記や英数表記を適切なものに統一させる必要があります。これにより、お客様が最後まで情報コンテンツを読んでもらえる可能性が高まります。

もちろん、表記だけに気をつけたとしても、文章そのものに有益な情報が含まれていなければ、お客様は読んではくれません。そのため、お客様にメリットがある情報をコンテンツ化した上で、表記の統一を意識するようにしてみてください。

さらに、実際に記事を書くときは、お客様に分かりやすい文章を作るようにする必要があります。作成したコンテンツがお客様にとって分かりづらい場合、それを読んだお客様は途中で離脱してしまう可能性が高いからです。

提供する情報コンテンツがお客様に読まれない場合、ウェブ媒体にお客様を集めることが難しくなります。その結果、集客できない残念な自社サイト(自社ブログ)になってしまいます。こうした状況に陥らないためには、お客様に読みやすい記事を作成するように気をつける必要があります。

1つの段落の行数を少なめに調整し、読みやすくする

ブログやサイトの記事を読みやすくする方法の1つとして、「段落1つあたりの行数を少なくする」ことがあげられます。より具体的に言うと、PCで見たとき、1つの段落の行数がなるべく3つ以下になるように調整するのです。これにより、文字の圧迫感が弱められる上に、スムーズに読みやすくなります。

4行以上の段落がいくつも存在する文章の場合、文字が密集している部分が多くなり、読み手に圧迫感を与えやすくなります。その上、途中でどこを読んでいるのかが分からなくなってしまう恐れがあります。

この場合、お客様が情報コンテンツを読むことに抵抗を感じてしまいます。そのため、読むのをやめて離脱してしまう可能性が高くなります。

こうした事態に陥らないためにも、1つあたりの段落に含む行数は、なるべく3行以下に留めるようにしましょう。

そして、文章の構成上やむを得ない場合を除き、文章の中に4行以上の段落をなるべく作らないように気を付けましょう。これにより、お客様にコンテンツを読んでもらいやすくなり、自社メディアに対して良い印象を持ってくれるようになります。

1文の長さを調整し、読みやすくする

情報コンテンツを読みやすいものにするそのほかの方法として、「できるだけ1文を短くする」ことがあげられます。これを行うことで、文章が読みやすくなります。その上、コンテンツの内容を理解しやすくなります。その反対に、極端に長い文を作ってしまうと、その部分が読みにくく感じられます。その上、書かれている内容が分かりにくくなってしまいます。これは、「日本語は最後にならないと結論が書かれていない」ことが関係しています。一文が長くなると、何を言いたいのか分からない文章になってしまうのです。

例えば、以下のような文を見たとき、あなたはどのように感じるでしょうか。

喉が渇いたので自動販売機でジュースを買ったら、当たりが出たので後輩にプレゼントしたら、後輩は喜んでジュース受け取り、一気に飲み干したので私は少しびっくりしました。

お客様に最後まで文章を読んでもらうためにも、1文はできるだけ短くするのが望ましいです。先ほどの例文であれば、以下のように所々で短くした方が良いでしょう。このような文を見たとき、多くの人は読みづらいと感じてしまいます。

そして、文章の中に長い文が何度も出てくると、お客様は読む気を失くしてしまいます。そして場合によっては、読むのをやめて離脱してしまいます。

喉が渇いたので、自動販売機でジュースを買いました。そうしたら当たりが出たので、後輩にプレゼントしました。すると後輩は、喜んでジュース受け取り、一気に飲み干しました。それを見た私は、少しびっくりしました。

ここまで述べたように、ウェブ文章を作成する際には、1つの段落をできるだけ3行以内に留めましょう。そして、1つの文の長さをなるべく短くしましょう。これらに注意してコンテンツを作成することで、お客様に読まれやすい記事に仕上げられるようになります。

このように、長い文をできるだけ細かく切り分けていくことで、読みやすさが大きく向上します。そしてこのような文であれば、お客様が最後までコンテンツを読んでくれる可能性が高くなります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認