mobile-phone-630413_640

企業や事業者がサイトやブログなどのウェブ媒体を運営する場合、有用な情報を発信していくことが重要になります。この場合、お客様に情報を提供する主な手段として、ウェブ文章があげられます。

実際にウェブ文章で情報発信を行う場合、こちらが意図する情報や意見がお客様に伝わるように注意する必要があります。これを行えることで、自社のサイトやブログに訪れるお客様をファン化させることができるからです。お客様がファンになってくれれば、こちらが提示するオファーに反応してくれる可能性が高まります。

しかし、お客様をファン化させるためには、それに適したウェブ文章を仕上げる必要があります。

そして、多くのお客様に読まれるようなウェブ文章を作成する場合、そのための適切な作業手順に従ってライティング作業をすることが重要です。そこで、お客様を惹き付けられるウェブ文章を作成するための手順や考え方について解説していきます。

ウェブ文章を作成するための作業工程

ウェブ文章を書く場合の大まかな流れとして、「企画 → 文章作成 → 編集」の順番で作業を行います。ここからは、それぞれの工程ごとに分けて説明していきます。

1.企画

企画の工程では、どのようなテーマで記事を作成していくのかを決定します。このとき、なるべくお客様にニーズがあるものを調べた上でテーマを決定することが重要です。なぜなら、その分だけお客様が求められるコンテンツに仕上げられるからです。

また、お客様のニーズを知る方法の一つとして、「書店に行く」ことがあげられます。書店には、さまざまな本が置いてあるものの、売り場スペース自体は限られています。こうした理由から、書店は売れる書籍しか売り場に置きません。つまり、売り場のスペースを多く占めている分野やテーマであるほど、お客様のニーズが高いものになります。

そのため、書店に行ったときに、売り場のスペースが広く確保されているテーマで記事を作成していけば、お客様のニーズを外すことはまずありません。

そしてこのとき、情報収集を目的として、お客様のニーズがあるテーマの書籍をいくつか購入することが重要です。なぜなら、ベストセラーなどお客様のニーズが高いテーマの書籍には、お客様が求める情報が多く記載されている可能性が高いからです。

もちろん、書籍の情報を参考にライティング作業を実行する場合には、著作権に触れないために、オリジナル文章にする必要があります。そして、お客様にニーズがあるテーマで大量の記事を作成していけば、次第にアクセスが集まる自社メディアを作り上げることができます。

2.文章作成

企画の工程で記事を書くためのテーマが決まった場合には、実際にウェブ文章を作成する段階に入ります。この工程では、テーマに沿ったキーワードを設定し、そのキーワードに合った内容の記事を執筆していきます。

ウェブ文章を作成する場合の重要なポイントとして、「初心者が分かりやすいと感じる内容に作り上げる」ことがあげられます。なぜなら、その分だけ多くの人に読まれる記事に仕上げることができるからです。

例えば、専門用語を使う場合には、その説明文を専門用語の前か後ろに書くようにします。また、訪問客に伝えたい内容について、言葉を変えて3回以上繰り返し述べるようにします。

こうした工夫をすることにより、こちらが提供する情報が、より正確にお客様に伝わるようになります。そして、お客様が自社メディアに何度も訪れるようになれば、自社のサイトやブログのファンになってくれるようになります。

基本的には、中学生でもわかる内容かどうかを確認しながらライティングを進めましょう。分かりにくい文章は害でしかなく、誰でも理解できる文章であるほど素晴らしいです。

3.編集

ウェブ文章を作成した場合、その編集を行う工程に入ります。ここでは、ウェブ文章における誤字・脱字などの修正のほか、分かりにくい部分や避けた方が良い表現などを見つけて訂正していきます。

また編集を行う場合、できればウェブ文章を作成していない人が担当するのが効果的です。なぜなら、記事を作成した本人が編集を行う場合、文章を客観的に判断するのが難しいからです。つまり、作成した記事に愛着が出てしまい、思い切った修正をしづらいのです。

そのため、他の人に編集を頼めるのであれば、できるだけ他人に記事の編集を依頼するようにしましょう。また、他の人に頼めない場合には、記事を作成して1日以上置き、記事をある程度まで客観的に見られるようになってから編集作業を行いましょう。

ウェブ文章は1ページで完結させ、情報が濃い文章に仕上げる

このように、ウェブ文章を作成する大まかな工程には、企画・文章作成・編集の3つがあげられます。そして、これらの作業手順に従ってウェブ文章を作成すれば、より多くのお客様に選ばれる記事に仕上げられるようになります。

さらに、次に考えるべきこととして「1ページ1テーマで濃い記事を完成させる」ことがあります。1ページだけで完結しない記事を作っても、訪問客に「内容がよくわからない」との印象を感じられ、その結果すぐに離脱されてしまうだけだからです。

例えば、あなたがダイエットの情報を扱うサイトを運営していたと仮定します。そして、自身のサイトに「ダイエットに有効な食事の摂り方」についての記事を作成しようとしていたとします。

この場合、「ダイエットに有効な食事の摂り方」が、その1記事だけで完結するようにウェブ文章を作る必要があります。つまり、その1記事だけで「ダイエットに有効な食事の摂り方」が分かるようなコンテンツを作成するのです。

これにより、コンテンツページからあなたのサイトに訪れたお客様であっても、あなたの記事を読んでくれます。そして、何度も訪問する機会が多くなれば、お客様があなたのサイトに好感を抱いてくれるようになります。

1記事に多くのテーマを入れない

また、よくあるミスとして「1記事に多くのテーマを入れる」ことがあります。前述の通り、「1記事は1テーマで完結させる」ことが重要です。他の内容を詰め込みすぎてしまうと、何を伝えたいのかよく分からない内容になってしまいます。

例えば先ほどのダイエット情報サイトの例において、1記事の中に「ダイエットに有効な食事の摂り方」のほかに、「運動の方法」「ダイエットが腰痛改善にも役立つ」など関係な情報が入ればどうでしょうか。結局のところ、何が言いたいのかよくわからない内容に仕上がってしまいます。

1記事の中で伝えなければいけない内容は1つだけです。他の情報については、書かないように意識しなければいけません。

書くべき内容と書いてはいけない内容を意識して、1記事のテーマを1つに絞り、テーマについて深掘りしたコンテンツが素晴らしい内容だといえます。

ウェブ文章のライティングは、ゴールを設定した上で行う

ただ、何も考えずにライティングをしても意味がありません。ウェブ文章を作成する際に最初に行うべきこととして、「ゴールを設定しておく」ことがあげられます。これができていないと、お客様を行動に導くためのコンテンツを作成することができません。この場合、利益を出すことが困難になってしまいます。

そこで、ウェブ文章を書く際にあらかじめゴールを決定しておくことの重要性について、さらに掘り下げて解説していきます。

ビジネスでウェブ文章を作成する場合のゴール

趣味で運営するブログであれば、その日に体験したことなどをウェブ文章として発信していれば問題ありません。しかし、ビジネスのためにサイトやブログなどのウェブ媒体を運営する場合、そこに載せるウェブ文章には、適切なゴールが設定されていなければなりません。

ビジネスで活用するウェブ文章で設定すべきゴールは、「売上を出す」ことになります。そして、このゴールにたどり着くための要素をウェブ文章に惜しみなく含ませることが重要です。

例えば、ダイエットの運動器具をサイト上で販売したい場合、扱う運動器具の説明だけでなく、「ダイエットにおける運動の大切さ」「やせる運動の方法」などを説明するようにします。そうした上で、「弊社のダイエット器具はやせるために最適な運動ができます」などのように、お客様が商品を欲しがるような内容を含めるようにします。

仮に、商品説明だけを書いた場合、その商品に最初から興味があるお客様しか呼ぶことができません。しかし、その商品に関する有益な情報を提供することで、自社の商品を知らない人であっても自社メディアを訪れてくれるようになります。

そして、提供するコンテンツに「お客様が自社商品を欲しがるような要素」を組み込んでおけば、次第に商品の売り上げを出せるようになっていきます。

ゴールに結びつく内容のコンテンツでなければ利益を出せない

自社メディアのコンテンツに適切なゴールを設定した場合、そのゴールにたどり着けるような内容のウェブ文章を発信しなければなりません。

より具体的に言うと、お客様があなたの手掛けたウェブ文章を見たときに、「有益な情報を発信しているこのサイトから商品を購入したい」など、こちらが意図するゴールに到達したくなるような内容にすることが重要です。

例えば、あなたが旅行会社のサイトを運営していたと仮定します。そしてあなたは、「自分のサイトを通して、お客様を当社の旅行企画の参加に誘導する」というゴールを設定したとします。

このとき、「旅行先でのトラブル」「旅行準備の大変さ」など、旅行に対してマイナスのイメージを植え付けてしまうようなウェブ文章を発信したらどうなるでしょうか。

この場合、あなたの旅行サイトに訪れたお客様の多くは、「旅行に行くのが怖い」「旅行に行くのはやめておこう」と思うようになります。そして当然ながら、あなたの旅行会社で企画するツアーに参加してくれることはなくなってしまいます。

そのため、「自分のサイトを通して、お客様を当社の旅行企画の参加に誘導する」というゴールを設定した場合、お客様が旅行に行きたくなるような情報を発信する必要があります。

例えば、「旅行先でのトラブル」について書くにしても、「弊社では、お客様がこのようなトラブルに巻き込まれないように、しっかりとしたシステムを組んでおります。そのため、どうか安心して弊社の旅行企画にご参加ください」などのように、お客様が安心して旅行に参加できるような内容にします。

そのほかの例として、「旅行準備の大変さ」について書く場合には、「弊社がお勧めする旅行準備の仕方を実践していただければ、このような大変な思いをしなくてすむようになります」と記述した上で、簡単に旅行準備をすませる方法を発信していきます。

このようにすることで、あなたのサイトを見たお客様の多くは、「このサイトの旅行会社は、旅行者のために有益な情報を発信していて親切だ。この旅行会社の企画に参加したい」と思うようになります。これによりたくさんのお客様が、あなたの会社が企画するツアーに参加してくれるようになります。

このように、ビジネスのためのウェブ文章を作成する場合には、「売上を出す」ことをゴールとして設定しておく必要があります。

そうした上で、そのゴールにお客様が到達したくなるような内容で、なおかつ有益なコンテンツを発信することが重要です。これができれば、より多くのお客様があなたの商品を購入してくれるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認