workstation-405768_640

サイトやブログをビジネスに活用する場合、ウェブ文章ではなるべく分かりやすい記事を書くようにすることが重要です。それができていないと、お客様に好かれる人気サイト(人気ブログ)を構築することができず、アクセスが伸び悩んでしまいます。

そして、実際に分かりやすい記事を作成するためには、そのための正しい考え方と手法を認識した上で記事を書くようにする必要があります。そこで、お客様に理解してもらえる記事を作る方法について解説していきます。

ウェブ文章では初心者を対象とした記事を作成する

サイトやブログをビジネスに活用する場合、初心者をターゲットとした記事を作る必要があります。つまり、あなたが取り組んでいるビジネスに関する有益な情報を、そのビジネスの知識が全くない人に教えるようなイメージで記事を書くのです。このような意識で記事を作成していくことで、分かりやすい記事に仕上げることができます。

例えば、あなたが運動習慣を身につけようと考えていると仮定します。そして、運動に関する情報を得るために、ある運動の情報サイトを訪問したとします。

そして、訪れたサイトの記事を読んだときに、プロのスポーツ選手やインストラクターが読むような難しい内容であった場合、あなたはどのように反応するでしょうか。「書いてある内容が分からないから、他のサイトから情報収集しよう」と考え、すぐに離脱するはずです。

この例から分かるように、サイトやブログをビジネスに活用する場合には、初心者に向けて情報発信するつもりで記事を作成する必要があります。それを実践することによって、その情報を欲しがる初心者のお客様がたくさん集まってきます。

そして、書いてある情報が有益なものであれば、あなたのサイト・ブログが人気サイト(人気ブログ)へと成長していきます。

専門用語の説明の仕方

サイトやブログの記事に専門用語を載せる場合、その専門用語について必ず説明書きを記載する必要があります。それができていなければ、こちらが提供する情報をお客様に理解してもらえません。この場合、お客様が離脱してしまう確率が高くなります。

例えば、あなたが病気に関する情報サイトに訪れたと仮定します。このとき、閲覧しているサイトの記事に「廃用性萎縮」や「アレルゲン」などの専門用語が何の説明もなしに使われていたとします。

この場合、あなたは訪れたサイトに対してどのように感じるでしょうか。きっと「専門用語の説明がなくてわかりづらいから、他のサイトに行こう」と考えると思います。

このように、説明もなしに専門用語を使ってしまうと、お客様は読む気を失くしてしまいます。そして、すぐに離脱してしまいます。このような事態に陥らないためには、専門用語の近くに、その説明を忘れずに記載する必要があります。

先ほどの病気情報サイトの例でいうと、「廃用性萎縮」という専門用語の前に説明文を付け足して、「使っていない筋肉が萎縮することを指す廃用性萎縮」と記載するようにします。このように表記することで、お客様が専門用語をスムーズに理解できるようになります。

そのほかにも、専門用語の次に説明文を括弧するのも良いです。

先ほどの病気情報サイトの例でいうと、「アレルゲン」という専門用語の左側に説明文を括弧書きし、「アレルゲン(アレルギーの原因となる物質)」と表記するようにします。この方法であっても、お客様を迷わせることが避けられ、記事を読み続けてもらえるようになります。

事実だけではなく、独自のフィルターを通したウェブ文章を書く

このように、サイトやブログをビジネスに用いる場合には、初心者に理解できるような記事を量産していくことが重要になります。それに加えて、専門用語を使う場合には、そのキーワードの前か後ろに説明書きを追加する必要があります。このようにすることで、多くのお客様にあなたの情報を理解してもらえるようになります。

その結果、たくさんのお客様に好かれる人気サイト(人気ブログ)を構築していくことができます。初心者を相手にすることは、ウェブ文章を書くときの大原則なのです。

ただ、他にもお客様に読まれる記事を作成するときに注意すべき点があります。それは、「事実だけを述べた記事を作らないようにする」ことです。事実だけでなく、そこにあなた独自の解釈や意見を加えて、完全なるオリジナル記事を書きあげるのです。

事実だけを述べた記事はつまらない

世の中に存在する本には、辞書や百科事典などのように事実だけを述べているものがあります。そして実際のところ、「辞書が好きで何度も読み返してしまう」という人はまずいません。その一番の理由として、「事実だけが記載されているだけでおもしろくない」ことがあげられます。

そのほかにも、新聞や天気予報などはどうでしょうか。「新聞を取っておいて、後から読み返せるようにしよう」と考える人は、極めて少ないのではないかと思います。また、「後日あらためて見るために、天気予報を録画しておこう」と考える人もまずいません。

このようなことを考えると、事実だけを述べただけでは、お客様の興味を惹き付けられない可能性が高いことが分かります。もちろん、辞書や新聞、天気予報は、いずれも重要な情報源となるものです。しかし、多くのお客様に面白いと思ってもらえるものではありません。

サイトやブログを人気の巨大媒体にするためには、そこに載せられている記事の内容が極めて重要になります。事実を載せること自体は問題ありませんが、それだけでは不十分です。お客様に「勉強になった」「もう一度読みたい」と思ってもらえるコンテンツを数多く保有しなければ、あなたの媒体が人気サイト(人気ブログ)に成長することはまずありません。

独自のフィルターを通して、記事を面白くする

サイトやブログに載せる記事を面白いものに仕上げるためには、「書き手独自のフィルターを通したウェブ文章に仕上げる」必要があります。つまり、事実に加えて、あなたの意見や解釈を交えて、あなた独自のコンテンツを作り上げるようにするのです。

例えば、あなたがダイエットの情報を扱うサイトを運営していたと仮定します。そして、あなたは「ダイエットには食事制限が有効だ」という事実を取り上げた記事を書こうとしていたとします。

このとき、「ダイエットにおける食事制限の有効性」について、事実だけを淡々と述べてはいけません。

「どのような食事を摂るべきかの意見」や「過去に自分がダイエットに成功したときの食生活」など、あなた自身のフィルターを通した文章を記載するようにします。そうして、あなた独自の考え方や体験談をコンテンツにし、お客様に伝えていくようにします。

こうすることで、お客様は事実を学べるだけでなく、あなただけが持っている情報や意見を学べるようになります。これにより、お客様が「このサイト(ブログ)の記事はとても勉強になるから、また訪れよう」と思ってくれるようになります。そして、このように感じたお客様が増えていくことで、あなたが保有する媒体は人気サイト(人気ブログ)へと成長していくことになります。

ウェブ文章は、時間を置いて読んだ上でコンテンツを修正する

このように、サイトやブログの記事を作成する場合には、お客様に面白いと思ってもらえるようなものに仕上げる必要があります。具体的に言うと、事実だけを述べたウェブ文章にするのではなく、そこにあなたの経験や意見などを混ぜ、オリジナルコンテンツにしなければなりません。

このような形で記事を作成していくことで、あなたに共感してくれるお客様や、あなたのコンテンツに興味を持ってくれるお客様が、頑張って作成したサイト・ブログにたくさん集まってくるようになります。この状態になった場合、あなたの媒体は人気サイト(人気ブログ)と言っても問題ないレベルになります。

ただ、書くだけ書いて放置する人は多いです。これでは不十分であり、「修正すべき箇所を無くす」ようにしなければいけません。要は、推敲をするのです。文章中に何らかのミスが残ってしまうと、途中でお客様が読むのをやめてしまう恐れがあるからです。

あなたが誤字・脱字だらけの文章を読むと嫌気がさすのと同じように、ミスがあると訪問者が離脱してしまうのです。

そして、ウェブ文章を修正する場合、適切な方法を採る必要があります。そうしない場合、修正すべきポイントを直すことができず、コンテンツの完成度を高められなくなってしまいます。自社メディアにおけるウェブ文章を修正する場合には、適切なポイントがあります。

書き上げたコンテンツは、時間をおいて見直す

記事を作成した場合、修正すべき箇所を見つけるために見直しを行います。このときのポイントとして、「時間をおいてから見直す」ことがあげられます。

ウェブ文章を書き上げたばかりの頃は、文章の内容や参考にした資料などの知識が頭の中に入っています。さらに、書き終えたばかりで興奮していることも加わり、直後に見直しをしても、言葉足らずな部分などの修正すべきポイントを見失いやすいです。これでは、十分な修正作業を行うことができません。

こうした事態を避けるため、コンテンツを作成した後は、一定の時間をおいてから見直しをするようにしましょう。より具体的にいうと、ウェブ文章を書き終えてから1日以上空け、文章の構成を忘れたころに確認作業に入るのが重要です。

この場合であれば、少なくとも一回は寝て頭をクリアにした後での見直しになるため、記事の内容を客観的に判断できるようになります。

このように、ウェブ文章を作成した場合には、1日以上の時間をおいて、文章の構成を忘れた後で見直しをするようにしましょう。そうすることで、コンテンツをさらに完成度の高いものに仕上げられるようになります。

作成したウェブ文章を声に出して読んでみる

実際に書き終えた記事を修正するとき、その情報コンテンツを声に出して読んでみることが大切です。これによって、目で見るだけでは分かりにくかった修正すべき箇所を見つけやすくなります。

より具体的に言うと、文章のリズムが乱れている部分は、声に出して読むことで確認することができます。こうした部分を修正することで、お客様が記事を最後まで読んでくれる可能性を高められます。

また、ウェブ文章を読む場合、なるべく文章作成に関わっていない人にやってもらった方が効果的です。なぜなら、文章を書いた本人の主観がどうしても入ってしまうからです。この場合、修正すべきポイントを見逃してしまう恐れがあります。

その一方で、コンテンツの作成を担当していない人が確認作業を行う場合、本人の主観が入ることはありません。そのため、文章を書いた本人がチェックする場合に比べて、修正すべき箇所を見つけやすくなります。

このことから、ウェブ文章を書きあげた本人がチェックをするのではなく、ライティングに一切関わっていない人が文章の確認をするのが効果的です。

このように、記事を書き終えた場合、1日以上の時間をおいた上で、その文章を見直しすることが大切です。さらに、実際にコンテンツをチェックする場合には、声に出して読むことが重要になります。こうした方法で記事の確認を行うことで、修正すべきポイントを洗い出せるようになります。

そして、ウェブ文章の修正をしっかりと行うことで、お客様が最後まで読んでくれるようなウェブコンテンツに仕上げることができます。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認