shashinはじめまして。株式会社ファレッジ 代表の深井良祐と申します。私はWebコンサルティングを基盤としたビジネスモデルの構築や集客支援を行っています。

当社では多くの法人や個人事業主、起業家を指導しています。既にビジネスが動いているクライアントがいれば、ビジネスモデルを組み替えて高単価のお客様を集めるようにした結果、1年後に利益が5倍になったクライアントもいます。

他には、まったくゼロからスタートした起業家を指導することで、1年後には完全放置で月100万円以上の利益を自動で生み出す仕組みを構築した事例がたくさんあります。もちろん、ゼロベースから指導したクライアントは、今では当時の何倍もの利益を生み出すまでに成長しています。

単にウェブサイトを作るだけは意味がありません。そうではなく、成果が出るウェブ戦略を組み立てる必要があります。そのためにはビジネスモデルを組み替える必要がありますし、お客様が勝手にファンになって問い合わせをしてくれるための導線も考えなければいけません。そうすることで、ようやくビジネスで成功できるようになります。

インターネットというのは、有効に活用すれば大きな武器になります。たとえリアルビジネスを動かしている会社であっても、成功している企業はすべてインターネットを効果的に利用しているという共通点があります。この事実を理解したうえで、ウェブ戦略を考えていかなければいけません。

もちろん、私も最初からこれらを行うことができたわけではありません。多くの試行錯誤をした結果、いまのようなコンサル事業を行えるまでになっています。そこで、まずはなぜ私がウェブコンサルティング業を行うようになったのかを話していきます。

不勉強だった薬学生時代

もともと、私は薬剤師です。そのため、大学生のときは薬学部に通っていました。いまでこそ薬学部に6年間通わないと薬剤師免許を取得できませんが、当時は4年間で薬剤師になれた時代です。

そして私は、4年間で薬剤師免許を取れる最後の年でした。つまり、私よりも一つ下の学年からは6年間も薬学部に通わないと免許を取得できませんでした。そういう意味では、私はかなり運が良かったといえます。

そうして学生のころは普通の学生として勉強していたのですが、大きな問題点がありました。大学の講義で話をする教授たちが何を言っているのか理解不能だったのです。

大学に通ったことのある人なら分かってもらえると思いますが、基本的に教授たちは講義が下手です。自分の研究については一流であっても、教壇に立った瞬間に二流になることはよくあります。頭のいい学生であれば、そうした教授たちの話であっても難なく理解できます。ただ、普通の頭脳しか持ち合わせていない私にとって、講義中は睡眠学習の場でしかありませんでした。

そのため、テストの一週間前になると必ず慌てるようになります。講義中はすべて睡眠に費やしていたため、完全なる白紙の状態から頑張らなければいけません。ただ、運がいいことに薬学部には頭のいい友達が何人もいます。そのような人に頼み込み、ノートを写させてもらったり教えてもらったりしました。そうすると、ようやく内容を理解できるようになり、ギリギリで試験をパスできるまでになりました。

テストの時期になると、いつもこうした作業が繰り返されるようになりますが、それでも試験を受けた直後はある程度まで理解できた状態になります。ただ、私は凡人であるために、当然ながら時間が経つと必ず忘れてしまいます。

しかしながら、将来は必ず薬剤師国家試験を受けなければいけません。そのときは復習が必要になるため、「いまのように試験内容をある程度まで理解した状態で、自分が見返すことができるようにノートにまとめよう」と考えました。

ただ、本当にノートにまとめるだけであれば、それは単なる自己満足になります。そこで、ウェブ上にまとめれば、自分と同じように「薬学」の分野を理解できずに困っている人たちの助けになるのではないかと思いついたわけです。こうした純粋な気持ちのまま、私のような理解力の乏しい人間でもわかることを目的とした「中級レベルの教科書」を意識した薬学サイトを大学二年生の冬に作り始めました。

そうしていくと、意図せずに莫大なアクセスを集めるようになりました。このとき、薬学部の友人から「広告でも貼ってみれば」というアドバイスのもと、作成したウェブサイトに広告を貼ってみました。すると、学生にしてはかなりのお小遣いを稼げるようになったのを今でも覚えています。

当時は月30万PV(ページビュー)ほどのアクセス数でしたが、大学を卒業するころには広告によって月10万円ほどの収益がありました。学生がアルバイトすることを考えると、当時は飛び上がるほどうれしかったものです。ただ、月10万円で生活できるはずがないため、普通に就職活動をして企業で働くことになりました。

企業の薬剤師として働いているときであっても、同様に薬学サイトの運営は続けていました。ただ、薬学という分野でかなり名の知れたウェブサイトに発展していたため、事件に巻き込まれることになります。

部長から呼び出され、本社へ連行

いつも通り会社で仕事をしていたある時、本社にいる薬事の部長から電話がかかってきました。私のような下っ端に何の用があるのか、その時は恐る恐る電話に出ました。すると、「急じゃけど、○月○日は予定空いとるか? ちょっと本社へ一緒に来て欲しいんじゃけど」と言われました。

私はカレンダーを確認し、予定が空いていることを伝えました。すると、「じゃ、○時に△△駅の北口で待っとるけん」と言われて切られました。

「えっ!?」と思ったのと同時に、脇に冷たい汗が流れます。本社へは入社時の面接でしか行ったことがありません。呼び出された要件も伝えられず、嫌な想像だけが膨らんでいきます。

会社では副業が禁止されています。確かにビジネスの準備をしていたのは間違いないですし、ネットを使っていたので、全世界に向けて情報が発信されている状態も事実です。そのため、私が行っていたことを調べようと思えば、いくらでも調査が可能です。

当時はまだ会社を辞めようとは思っていなかったため、これはピンチです。まだ起業などは考えてもいなかったため、当時はかなり焦りました。

……

…………

そして私が本社へ出向く日、予定通り駅の北口に薬事の部長が待っていました。一緒にタクシーに乗り、本社へと向かいます。ビルに到着し、エレベーターが昇っている間、胃がキュッとしまるのを感じました。

座り心地の良い椅子がたくさん並ぶ会議室に居心地悪く通され、そこには最後に会ったのが入社式になるであろう人事部長と総務部長が待ち構えていました。薬事部長を合わせ、3人の部長に包囲される形となります。そこから、尋問が始まりました。

私が管理していたネット上の情報がモニターに映し出され、「へぇ~、こんなことをしているんだね」と言われ、「はぁ、そうなんですよ」という曖昧な返答を繰り返します。

ただ良かったのは、アマゾンや楽天のような「物販」や調剤薬局などリアル店舗でのアルバイトを行っていなかったということです。当時、私が行っていたネット上でのビジネスは単に「有益な情報の発信」であり、そこに広告を貼り付けていただけでした。そのため、その場では「広告を外すこと」を要求されただけで、後は何もお咎めがありませんでした。こうして、一応は元の平穏な日々を取り戻しました。

ウェブサイトを基盤として独立起業へ

そうしていくうちに、私の薬学サイトは月に100万PVを軽く超えるほどになりました。また、当時はサラリーマンとして島根県に住んでいたものの、ビジネスの勉強をするために夜行バスを何度も活用して東京へ通っていました。そうして勉強と実践を行い、自分のサイト運営へ活かすことによって、サラリーマンの年収の何倍もの収益を得られるようになったのです。

そのようなとき、私の薬学サイト経由で「広告を載せてもらえないか」という企業からのメール依頼が来ました。そのような依頼を受けるのは初めてだったので、オファーを快諾しました。

ただ、その企業はウェブサイトからの集客をメインとしていましたが、明らかに集客のやり方が上手だとはいえませんでした。そこで、その会社に対して「アクセスの集め方」「集客の導線」「メルマガの活用法」など、私が知っている情報をすべて伝えてその通りに行動するように指導しました。また、新たなサイトを構築することで、その会社へ新規顧客を導入するという試みも行いました。

さらには新ビジネスの創出や商品開発まで、これまでの経験を踏まえたうえでアドバイスしていきます。そうすると、半年後から徐々に売上が上がるようになり、1年後には利益が1.6倍ほどになりました。そのときはコンサルティング料など、お金をまったくもらっていませんでしたが、相手に大きな成果を出させることができたためにとてもうれしかったです。

そうしているうちに、自分の手法を必要としている人が他にもたくさんいるのではと考えるようになったわけです。そこで、自分のもっているノウハウをもとにして、在籍していた会社から独立・起業し、コンサルティング事業へ着手するようにしました。売上増大や集客に困っている法人・個人事業主、さらには起業家へのアドバイスを開始したのです。

アドバイスした業種は医療に関係ない分野がほとんどであり、工事、英語、税理士、営業、スポーツ、海外投資……と挙げればきりがないほどです。

こうした人たちを成功させていくうちに、結局のところ「分野が違っても集客のやり方は同じであり、ビジネスモデルはどれも共通しているため、どの分野であっても問題なく大きな収益を出せる」ことに気がついたわけです。

誰からも感謝されるビジネスをするべき

なお、あなたは自分の仕事について自信を持って他人に言うことができますか? 多くの人が後ろめたい気持ちなく仕事内容を言うことができます。学生であっても問題なく自分の大学名を言えるでしょう。

しかし、世の中には自分の仕事を言うことができない人もいます。その中の一つに「ネットビジネス」があります。ネットビジネスの中にもいろんな種類があります。その中でも、最も有名なものにアフィリエイトがあります。

まさにこのアフィリエイトをしている人は友達に対しても、自分が何をしているか恥ずかしくて言うこともできない人が多いです。「怪しいことをしている」と思われてしまうからです。

実際、アフィリエイトのように「情報商材を売って稼ぐ方法」はそもそも分母がないと成り立たないビジネスです。簡単に考えれば、ねずみ講になります。アフィリエイトをしている人がいくら「自分は正しいビジネスをしている」と言ったところで受け入れてもらうのは難しいでしょう。

そのため、情報商材系アフィリエイトのようなグレーなビジネスを行うべきではありません。これはサイト運営であっても同じです。

私はこの業界を知って他の人がどのように稼いでいるか調べましたが、それは本当にひどかったです。アダルトサイトの運営やペラページの量産(スパムサイトをたくさん作ること)をしている人がとても多かったのです。

もちろん、中には本当の意味で正しいネットビジネスをしている人もいます。「役に立つ情報発信によって広告収入を得ている人」、「マッチングビジネスという新しいモデルを立ち上げて億という金額を稼いでいる人」などがいます。

これらの人たちがまともなネットビジネスをしていることは確かですが、少なくとも私がこの情報業界を知った時は「親や恋人、友達にさえ自分が何を行なっているか自信を持って言うことができないビジネス」をしている人が大半でした。

口ではまっとうなビジネスをしていると言いながら、他人に自信を持って「自分が何をしているか」について言うことのできない人が大半だったのです。

これってどうなんでしょうか。かなり微妙だと思います。

そこで私はどうせビジネスをするのであれば、「誰からも感謝されて尊敬されるビジネスをしませんか」と提案します。

サイトやメルマガなどによって真っ当な情報発信を行い、これによって多くの人に感謝してもらいます。これが普通の姿のはずです。しかし、残念ながらこの当たり前のことに気が付いていない人が多すぎます。

ポータルサイトビジネスでのネットビジネス

私が行なっているのはポータルサイトビジネスです。

同じネットビジネスであっても、アフィリエイトなどのビジネスをしている人は自分が行なっていることを隠しながら行う方がほとんどです。しかも、その大半がスパム行為を行って稼いでいます。

しかし私は違います。自分が行なっていることを堂々と言うことができ、むしろ他の人から「すごいね!」と言われます。感謝メールも毎日のように届きます。そのため、前述の通りネットビジネスで金を稼ぐにしても「毎日感謝メールが届きながら、社会的意義の高いビジネスをしませんか」と私は提唱します。

本当の意味で「社会的意義が高い」とは何か

社会的意義が高いとは言っても、いわゆる医師や弁護士などの人たちを想定していません。「中小企業の事務員」や「個人事業主として頑張っている人」であっても社会的意義が高いと私は思っています。
これらの人たちは自分が何を行っているか、他人に堂々と仕事内容を言うことができます。得意先に怒られることはあっても、基本的に社会に必要とされている仕事です。

それに比べて、例えば「マンションの電話営業」ではどうでしょうか。電話をかけた先に嫌悪感を示されることはあっても、感謝されることは希です。少なくとも、自分が行なっていることを同窓会などで言えません。濁した言い方をすると思います。

これと同じことが一般的なネットビジネスでも言えます。アフィリエイトやせどりと言っても、他の人から見れば「もっとまともな仕事をしたら」と思われてしまいます。

そうではなく、どうせなら同じネットビジネスの中でも「自分が行なっていることについて、自信を持って他人に言うことができる」という意味で、社会的意義の高いビジネスしませんか?

少なくとも、私が行なっているポータルサイトビジネスは「毎日感謝メールが届き、自信を持って仕事内容を言うことができる」という点でとてもまともなビジネスです。

「情報商材を売って稼ぐ方法」や「サイト運営の中でもアダルトサイトやペラページの量産」とは別次元のネットビジネスです。

ただし、私がこのポータルサイトビジネスで収益化を図れるようになるまでに多くの失敗があったことは事実です。最初の数ヶ月は全く収益が上昇していく気配もなく、試行錯誤の連続でした。まず最初に行ったのは教材販売です。薬学系サイトを持っていたため、そこで薬学教材を作成して販売しました。

しかし、全く売れません。そこでメルマガを始め、メルマガ内で私が作成した教材を無理やり売ってみたり、無料オファーを混ぜてみたりと多くのトライ&エラーを繰り返してきました。

ただ今ではこれらの教材を全て無料で提供し、薬学系サイトのメルマガ読者に対しても満足して貰うことだけを考えました。そこから別のビジネスモデルを組み、ようやく会社から貰っている給料より多い金額を定期的に稼げるようになりました。

ここからさらに、教材の作成やメルマガの発行以外にも動画マーケティング、SNSとの融合など、多くの試行錯誤を行なっています。「莫大なアクセスを集める方法」や「企業と組む方法」、「ポータルサイト運営から収益化に繋げていく方法」など、私にはこれだけの蓄積があります。

ポータルサイトビジネスの概要

私が行なっているポータルサイトビジネスは他のネットビジネスとは、かなり色合いが異なります。

・持っている知識を全公開し、相手に与えることだけを考える

→ 毎日感謝メールが届くようになる

・コメント回りやサテライトサイトの作成などは行わない

→ 有用で価値の高い記事の作成だけを考える

・自分の知識を使うため、唯一無二のサイトが完成される

→他人と内容が被ることは希である

時間という最大の参入障壁を作ることができる

→大企業がどれだけ大金を積んでも、「時間」だけは買うことができない

・企業と組むことで、コンサルタントにも簡単になれる

→これによって、一気に収益が爆発する

このように書くと素晴らしいビジネスのように思えます。しかし、実際にはメリットだけではありません。ポータルサイトビジネスにはある2つが必ず必要になります。それは、あなたの「努力」と「時間」です。

ネットビジネスでは「1000万稼いだ方法を教えます」のような、一般人から見ればとても怪しい内容になっています。人によっては「楽に」、「寝ているだけで」と言っている人もたくさんいます。

しかし、私はそのようなことは言いません。本気で金を稼ぎたいと思うのであれば、あなたに「圧倒的な努力」と「年単位の時間」を要求します。

とは言っても、大学に受かるよりも圧倒的に楽です。小学生から何年間も勉強し続けないといけないわけではありません。

また、スポーツで県一位になるよりも簡単です。隠れて努力を毎日続けたとしても、スポーツで県一位になることはとても難しいです。しかも、その努力が報われるとは限りません。

これに比べると、ポータルサイトビジネスで稼ぐことは簡単だと言うことです。

ただし、何度も言いますが簡単とは言っても「努力」だけは絶対に惜しまないでください。「楽に稼げるビジネスはこの世に無い」という当たり前のことを認識し、他の人に自信を持って仕事内容を言うことができる社会的意義の高いビジネスだけを行ってください。

ポータルサイトビジネスの始め方については、私のメルマガ内で全てを話しています。

ポータルサイトビジネスを開始するには