サイトやブログを作成したとき、検索エンジンで上位表示させたいと誰もが考えます。そのための対策をSEOといいます。SEOの本質は「有用な情報を提供する」ことにあります。決して、変な小細工をすることではありません。

これはYouTubeなどの動画共有サイトを活用するときであっても同様です。YouTubeで有益なコンテンツを提供すれば、それがSEO対策になります。

タイトルやタグ、説明に注力する

動画はジェスチャーや声のトーンなどを活用できるため、文章を読ませるよりも相手に対してダイレクトに考えていることを伝えることができます。そのため、ビジネスでは動画は重要な営業ツールの一つとなります。

ただ、動画には欠点があります。それは、動画では音声によって情報を伝えるため、検索エンジンがその中身を判定しにくいという点です。

文章であれば、どのようなことが書かれているのか検索エンジンはすべて把握することができます。そこに書かれている文字を読み取るだけだからです。一方、再生された音声を読み取るのは至難の業です。動画の場合、機械は映像内で話している情報までを読み取ることはできないのです。

そこでYouTubeであれば、「タイトル」「タグ」「説明」を記載します。これら文字情報を記述すれば、問題なく検索エンジンが認識してくれるようになります。

この中で最も重要なのはタイトルです。キーワードを入れつつも、動画の内容を示す具体的なタイトルをつけるようにしましょう。こうすればSEO対策になるだけでなく、YouTubeでも関連動画として表示されやすくなります。

また、タイトルだけでは動画の内容を表現しきれない場合がほとんどであるため、「説明」で動画の解説をするようにしましょう。

さらに、どのような動画であるかを示すためにキーワードを入力します。これを「タグ」といいます。例えば、体を動かすことによる健康情報についての動画をアップロードした場合は、「健康」「アンチエイジング」「運動」「体」などをタグとして入力します。

タグを付け加えれば、動画の内容をアピールすることができます。これによって、動画のSEO効果が高まります。ただ、無意味にタグを付け加えすぎると逆効果になります。常識の範囲内でタグ付を行う必要があります。

再生回数を増やす工夫をする

YouTubeに動画をアップしても、特に最初の方はまったく再生されない状態が続きます。そこで、できるだけ動画が再生されて多くの人の目に止まるような工夫をしましょう。

お金のある人であれば、広告を出せば問題ないです。ただ、多くの人はお金がないため、広告費を使わずに動画を視聴者に届けることを考える必要があります。これらの工夫の中でも最も有効なのは、特定のジャンルに特化した動画を大量にアップすることです。有用な内容の映像を提供するほど、あなたの媒体は成長します。

ただ、上級者であればサイトやブログ、メルマガ、SNSなどまで有効活用します。サイトに動画を埋め込めば、より満足度の高い記事になるだけでなく、動画の視聴回数を増やすことができます。

メルマガやSNSでも同じことが当てはまります。単に映像を制作して動画共有サイトに投稿するのではなく、動画を他の媒体で2次利用、3次利用と活用していくのです。そうすれば、あらゆる媒体による相乗効果がうまれます。

特定の媒体だけを活用するのではありません。ビジネスのできる人は使えるものをフル活用します。そうして、収益を拡大させるための導線を数多くもっておくようにするのです。

タイトル、タグ、説明をきちんと書いた後は、他の媒体でも利用するようにしましょう。これにより、あなたのビジネスの収益が拡大していくようになるはずです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録