たまに芸能人がブログや会見などで問題発言をしたことによって、「コメント欄が炎上した」という現象が起こります。

明らかな問題行為であればダメですが、筋の通っている意見であれば問題ありません。むしろ、口コミという観点から言えばとても良い手法です。

なお、ネットビジネスで物凄い稼いでいる人の中で「痛い人」がいます。このような人の特徴として、「そこまで稼いでおらず実績もあまりない時から『自分はすごい』という発言を繰り返すことで、大きな批判を受けてきた」という事があります。

しかし、このような人は批判を受けてはいますが、その他大勢の人よりも稼いでいきます。この理由は口コミの力によって説明することができます。

炎上マーケティング

どっちつかずの普通の意見ほど退屈なものはありません。人を惹きつけるためには断言する必要があり、これによって付いてくる人が現れます。多くの人から批判されるのも口コミを引き起こすバズマーケティングの一種です。

普通の意見には誰も反応しませんが、尖った意見であれば何かしらの反応が返ってきます。これによって、その人が好きであれ嫌いであれようやく他の人も反応するようになるのです。

これは名前が売れている芸能人を見ていてもその理由が分かります。例えば、芸能人の中には「不思議系」と呼ばれる種類の人がいます。

しかし、ある程度年を取ると不思議系では通用しなくなるので、年を追うごとに話し方もしっかりしてくる人がほとんどです。

つまり本人自身はしっかりしていたとしても、テレビに映るために「不思議系」というキャラクターを作っているのです。これが一種のブランディング化です。

このようなキャラクターを見て「なんだこの人は!!」と批判する人もいるでしょうが、その逆に「この人おもしろそうだな」と思う人も出てきます。もしこれが普通の話し口調であれば、そもそも注目すらされません。

このように、キャラクター設定を行うことによってブランディング化を図っているケースはいくらでもあります。

これはネットビジネスでも同じです。

実績がゼロのうちから「自分は凄い」と言って、意図的かどうかまでは分かりませんが炎上を引き起こします。その結果、批判による注目を浴びることによって中にはそれに付いていく人が現れ、結果として本当に稼げるようになるのです。

これがいわゆる炎上マーケティングです。ネットビジネスではこれを利用している人もそれなりにいます。

ただ意図的に炎上を引き起こさないにしても、稼げるようになると勝手に批判されるようになります。
自分の意見を言えば言うほど、それに合わない人が出てきます。その逆に、それと同じだけあなたの意見に賛同してくれる人も出てきます。この状態を作らなければいけません。

あなたよりも批判されている人がいる

芸能人を見れば分かりますが、どの人もそれぞれキャラクターが立っていることが分かります。決して、普通の意見を言う人はいません。たまにそういう人もいますが、知らない間に消えている場合がほとんどです。

一方、生き残っている芸能人に共通する事柄として「何かしらの批判を受けることで、嫌われる人を敢えて作り出している」という事があります。つまり、その逆に好かれる人も作り出しているのです。これがブランディング化に繋がります。

ただテレビを見て無駄な時間を過ごすのではなく、「なぜ、この人は有名になれたのか」を考えると頭の思考が回転し始めるようになります。

ちなみに、芸能人では炎上マーケティングが通用しません。なぜなら、テレビ局が使ってくれないと収益が発生しなくなるからです。

芸能人はキャラクター設定を行うことでキャラを立たせることは行いますが、炎上までいくとそれはそれでイメージが悪くなって大変な目に遭います。

しかし、これがネットビジネスでは問題ありません。収益の発生するポイントがテレビ局など他の人に依存していないので、むしろ炎上でも何でも口コミが起こるほど注目されて有利になります。

ネットビジネスを行う上でブランディング化は必ず必要になります。

「子供好きなパパ」、「上から目線の口調」、「バブル時代のような豪遊」など、その人にあったキャラクターがあると思います。これを行うことでブランディング化を図ることができます。

なお、「自分のブランディング化」と「他人の批判」は全く違うので注意してください。他人の批判は単なる個人攻撃なので最低の行為です。そのようなことを行っているようでは一生稼ぐことはできません。

そうではなく、例えば私であれば「勉強や行動しない人はダメ」、「言い訳や批判しているやつは稼げない」、「努力せず楽に稼げると思っている人は永遠に情報弱者として搾取されるだけ」などがあります。

「ねずみ講ビジネスをメインで行っているアフィリエイターも最悪」とも断言しています。そうではなく、社会的意義の高いまっとうなビジネスをしましょうと言っています。

つまり、大まかに「このようなイメージの人はダメですよ」という仮想敵を作っている訳です。これを認識した上で、自分のブランディング化を加速させてください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録