ff6

ビジネスを動かすためには、良い人材がそばにいなければいけません。社員や外注先、一緒に組んで事業を行うパートナーを含め、良い人がいなければビジネスはうまく回っていきません。

それでは、どのようにすれば良い人材を口説き落とすことができるのでしょうか。これには、経営者などリーダーとして人を引っ張っていくための「志」がなければいけません。リーダーシップというのは、どれだけ高い志をもっているかどうかが重要になります。

人は会社の何についてくるのか

良い人材を社員や外注先として引き留めようと考えたとき、多くの人は「支払う給料を上げる」ことを考えます。ただ、これで本当にいいのでしょうか。実際のところ、給料を上げても一時的にモチベーションが向上するだけであり、すぐに慣れてしまって再び高い給料を要求するだけです。

そのため、この手法は最も短絡的でダメな戦略だといえます。

一方で中小ベンチャーなど、超優秀なエリートで仕事もできる人が驚くべき安月給で働いていることがあります。しかも、嫌々働いているのではなく、自ら主体的に楽しみながら仕事をしています。

高い給料を支払ってもモチベーションが続かない人を抱える一方で、給料は安くても最高のパフォーマンスを生み出す人を社員や外注先として従えることができます。なぜ、こうしたことが可能になるのかというと、そのためには「人が会社の何についてくるのか」を理解しなければいけません。

給料

人が働いているのにはさまざまな理由があります。まずは「給料」です。生活をしなければいけないため、ある程度のお金がなければいけません。

ただ、前述の通りいくら給料を高くしても、生活水準を上げるなどして多くのお金を浪費するケースが大半であるため、給料を上げてもそこまで人を引き留める効果はありません。

成長性、将来性

そして他には、「成長性、将来性」があります。その会社が成長していく姿を見ることで、これまでにないワクワク感を得るのです。中小ベンチャーで創業メンバーとして在籍している人であれば、ほぼ全員が会社の成長性・将来性に大きな期待を寄せます。

仲間

仲間」というのも、会社で働く理由です。一緒に働くメンバーが楽しかったり、教えてくれる先輩が良かったりすると、たとえ給料が安くても同じ会社で働いていたいと考えるようになります。

実際のところ、会社を辞める大きな原因として「一緒に働く人との人間関係が悪い」ことがあげられます。そのため、人というのはかなり重要です。

そして、最も重要なのが「」です。例えば、経営者が会社を運営する目的が「自分が稼ぐため」であればどうでしょうか。社員や外注先にとってみれば、経営者の私利私欲のために働いているわけではありません。そのため、モチベーションが一気に落ちてしまいます。

そうではなく、「なぜこのビジネスを実践しているのか」という志が重要です。

仕事を通じて社会貢献を実現していないのであれば、それはビジネスとはいえません。仕事によって喜ぶ人が増えるからこそ、真のビジネスだといえます。こうした志をもつことが、リーダーシップ性を発揮することになります。

良い仕組みと柔軟な思考が優秀な人を惹きつける

このように考えると、人が付いていくための理由として「給料」は一部でしかありません。実際のところ、さまざまな理由によって人は経営者のもとで働きたいと考えるようになるのです。

そして、優秀な人材であるほど、給料というお金での指標よりも、リーダーの志に惹かれて付いてくるようになります。会社では経営理念が最も重要だといわれていますが、これは「創業者の志」に置き換えることができます。リーダーシップというのは、経営者がどのような志をもってビジネスを実践しているのかによって変わってくるのです。

なお、いくら高い志をもっていたとしても、人が働くための良い仕組みがなければいけません。もっといえば、独立するよりも良い仕組みや考えが会社の中にある場合、優秀な人はずっと働いてくれるようになります。

例えば、「海外でグローバルに活躍したい」と考える社員がいた場合、「この会社は自国だけでビジネスをしており、海外展開は考えていないのでダメだ」と言ってしまっては、その人のやる気や可能性を潰してしまいます。

また、その人が本当に優秀な場合、「それでは自分で海外ビジネスを立ち上げます」と言われて独立されてしまいます。

そのようなとき、「この会社は自国だけでビジネスをしているが、どのようにすれば海外展開できるか勤務時間外で考えてみろ。案が良ければ、その責任者として頑張るように」と提案すれば、必死になって動いてくれるようになります。

優秀な人であるほど、時間がなく切羽詰まった場面で大きな力を発揮します。そして、自分が心の底からやりたいことであれば、勝手に行動するようになります。

優秀な人が流出していくのは、経営者のやり方が下手だからです。高い志があり、さらには良い仕組みを取りいれたり社員の意見を聞いたりするなどの柔軟な思考があれば、良い人材が付いてくれるようになります。リーダーシップというのは、こうして発揮されるようになるのです。

マネージャー・リーダーの仕事は強力なパートナーを作ることにある

このように考えて、優秀な人を引っ張ってくるようにしましょう。これはつまり、マネージャーやリーダーの立場にある人の仕事の一つとして、「強力なパートナーを作ること」があることを意味しています。

強力なパートナーとは、単にあなたをサポートしてくれる人のことではありません。心の底からあなたが成功させたいと考えている人のことです。そして、その人の成功が結果として、あなたの成功になるような人です。

強力なパートナーが存在することによって、マネージャー・リーダー職の人は成果が飛躍的に向上していくようになります。その反対に、こうした強力なパートナーがいなければ、仕事で成果を出すことはありません。

そこで、どのようにすれば仕事上の強力なパートナーを見つけることができるのでしょうか。

なぜ、強力なパートナーがいないのか

あなたにとって強力なパートナーとして、誰がいるでしょうか。マネージャーやリーダー職であれば、さまざまなパートナーがいます。例えば、部下は強力なパートナーではないでしょうか。

組織を達成へと導くためには、いくら自分だけが頑張っても無意味です。組織全体で達成しなければいけません。そういう意味では、どれだけ部下のことを「自分が本気で成功させたい強力なパートナーだ」と思えるかどうかが重要になります。部下が成功すれば、結果としてあなたの成果が上がって自分自身も成功するようになるのです。

ただ、現実では部下を駒の一つとして扱う上司が多いです。ここに、成果の上がらない組織が多い理由が隠されています。成果が出ないのは、単純に良い協力者がいないからです。

こうしたパートナーがいない理由としては、「不誠実な言葉を発したり、横暴な態度を取ったりしている」「自己中心的な考えをもっている」ことがあります。こうした人に付いて行こうとする人はいないため、上の立場に立つ人間として組織をマネジメントすることはできないのです。

これはつまり、「自分が他人に対して貢献していない」と言い換えることができます。強力なパートナーがいないと嘆いている人のよく観察すると、そもそも自分自身が人へ奉仕の心をもって接していないのです。

一方で成功者と呼ばれる人であるほど、他人に対して積極的な貢献を行っています。組織のマネージャーやリーダーであれば、「社外の経営者」「上司、部下」「家族」など、あらゆる人を強力なパートナーとしてとらえて貢献しています。相手に対して、何ができるのかを考えることが重要になるのです。

部下に強力なパートナーをもたせる

もちろん、マネージャー・リーダー職の人だけが強力なパートナーを得ればいいというわけではありません。あなたが組織を束ねる立場にある人であるなら、「部下が強力なパートナーを得る」ように仕向けるようにしましょう。

部下にとって、誰が強力なパートナーになるでしょうか。一人は上の立場にいるあなた自身です。他には、「別部署にいる上司(部長や課長など)」「社外の仲間」「同僚」などです。特に、成果を出す部下は社内の仲間を大切にします。一人だけの力で成果を出すことは不可能であるため、うまい具合に同僚の協力を得ているのです。

そこで上司は、部下が仕事を行いやすくするように根回しをしましょう。例えば、他の部署で役職の高い人と飲み会をするとき、そこへ部下を連れていけば人間関係ができるため、部下は「他部署の役職の高い人」に対して相談しやすくなります。

これはつまり、社内での人脈を強くすることで、強力なパートナーを他部署にもったことを意味します。

また、「お客様を強力なパートナーにする」ことを部下に意識させましょう。アフターフォローやその後の経過など、本当の意味でお客様を大満足させれば、そのお客様はあなたのファンになってくれて、勝手に口コミをしてくれるようになります。

要は、お客様を真の協力者に変貌させるのです。

ダメな人であるほど、一度きりのお客様として扱います。一方でトップ成績を残す人であるほど、一度のかかわりで一生付き合っていくお客様を作るように努力します。ちょっとした意識の違いですが、これだけでその後の協力者の数が格段に変わってくるようになります。

マネージャーやリーダーであるなら、誠実な態度によって自身の強力なパートナーを得る必要があります。こうして優秀な人を引っ張ってくることができます。

ただ、それだけでは不十分であり、「部下が強力なパートナーを得る」ように仕向けるようにしましょう。こうして良い人材(部下)にさらに成果を出してもらい、組織全体を活性化していくことが、上の立場にある人の仕事だといえます。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中