ネットビジネスにも様々な業態があり、その中でも「在庫をもたないネットビジネス」を私は推奨しています。

そのため、「情報を世界に向けて発信することで収益を出す方法」や「大量のアクセスを集める方法」を教えることはできます。

しかし、ネットビジネスの中でも在庫を持たなければいけないビジネスを私は教えることができません。もしこれらのビジネスを行いたいのであれば、他の人から学んだ方が懸命です。

ただし、私が在庫を持たないビジネスだけを行っているには当然ながら理由があります。この理由を知った上で「それでも私は在庫をもつビジネスをしたい」というのであれば止めないです。

しかし、在庫をもつビジネスではある一定以上まで成長させることが難しいです。在庫を持たなければいけないネットビジネスとしては以下のようなものがあります。

在庫をもつネットビジネス

・ECサイト

簡単に考えれば、ネットショップのことをECサイトと呼びます。ネット上で店舗を開き、そこに集まってきた人が商品を買っていきます。

自分で作成したECサイトに売りたい商品を載せ、そこで売れた商品をお客様に対して発送する仕組みです。

・せどり

古本屋などで希少価値のある本を安い値段で仕入れ、アマゾンなどのネットショップで高く売り、この差額によって利益を出します。

ただし、別に本でなくてゲームや映画(DVD)などでも良いです。リアル店舗や海外のサイトから安く仕入れ、ネット上で高く売る方法がせどりです。こう考えると、輸入転売もせどりの一種です。

なぜ在庫が悪なのかを説明できますか?

ネットビジネスの良い点として、在庫がないことがあります。24時間365日、日本全国で売ることができます。原価がないので利益率がほぼ100%となります。

ただし、ここにECサイトやせどりを持ち出したら話が違ってきます。なぜなら、商品として在庫を持たなければいけないからです。

経営やビジネスを行う上で最も難しい問題が在庫です。そのため、「なぜ在庫が悪なのか」を理解することからスタートしなければいけません。

社会人の方であれば、「在庫を減らしましょう」と言われます。

しかし、実際のところなぜ在庫を持つことが悪いのかについて、その本質まで理解している人はごく少数です。ただ何となく、「周りが言っているから自分も在庫を減らすように努力しよう」という認識の人がほとんどです。

・なぜ在庫を持つと金が急速になくなっていくのか

・なぜ黒字なのに会社が倒産してしまうのか

・なぜ勝手に商品が消えるという現象が起こるのか

多くの人はこれを説明できません。在庫の本質を理解すれば、上記の問いに全て答えることができます。しかし、多くの人はそこまで深く理解せずに「在庫を減らそう」と言います。そのような認識では、会社の利益に貢献することもままなりません。

本当に在庫は悪ですか?

結論から言えば在庫は悪になりますが、以下のようにも考えられないでしょうか。

そもそも在庫がなければ、商品を売ることができません。もし商品を欲しいお客様がたくさん来ているにも関わらず、在庫がなければお客様はその商品を買うことなく帰ってしまいます。

他の店で購入するかもしれないので、少なくともそのお客様があなたの店で商品を買うことは難しいでしょう。つまり、あなたは在庫がないことによって大きな機会損失をする可能性が非常に高くなります。

このような機会損失が生まれるのであれば、「在庫をある程度持っていた方が良いのではないか」と考えることもできます。

もしこの提案に反論することができ、上記の「なぜ黒字でも会社が倒産してしまうのか」などの疑問に答えることができるのであれば、在庫について理解していることでしょう。

ただし、この疑問に答えることができないのであれば、残念ながら在庫の概念を全く理解できていないことになります。

今からでも遅くないです。在庫の概念を深く理解した上でビジネスを展開していきましょう。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認