あなたは一万円に描かれている人物をご存知でしょうか。誰もが知っていると思いますが、正解は福澤諭吉です。「学問のすゝめ」を書いた人物としても有名です。福澤諭吉には有名な言葉があります。それは、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」という言葉です。

これは、「学問のすゝめ」の初編に書かれている冒頭の文章です。私は中学の社会の授業で教えてもらったのですが、この時は学校の先生から「人類はみな平等であると福澤諭吉は言った」と教えられました。

しかし、これは真実ではありません。それでは、本当はどのような意味なのでしょうか。

人類が平等とは、どういうことか

実は、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」の後に続く言葉があります。これを読めば分かりますが、福澤諭吉は本当の意味で「人類はみな平等」とは思っていませんでした。

簡単に言えば、「人は平等でもなんでもなく、その差は知識によって生まれる」と言っています。要約すると、次のようになります。

人間って生まれながらに平等って言われているよね。でも周りを見渡せばそうじゃないよね。賢い人がいれば、頭が悪い人もいるじゃない。金持ちの人がいるし、貧乏な人だっているしね。

じゃあ、この差って何で生まれると思う。それは、知識の差だと思うんだよね。

だって、賢い人ほど勉強して知識があって高い位につき、その分だけ富があるじゃん。貧乏な人って、そもそも学ぼうとしないよね。だからみんな勉強しようね。勉強したらその分だけ富を得ることができるんだから。

知識を得るほど富むことができる人間って平等だよね。

と、このような事が書いてあります。だからこそ、タイトルも「学問のすゝめ」なのです。そして、これは世の中の本質を表しています。

人間は平等ではありません。世間一般的には「生まれながらに平等」と言われているものの、そうではないことは誰もが薄々気が付いているはずです。貧富の差はいつの時代であっても生まれています。

ただ、例外があります。現代は、「学べる人や知識のある人はより富んでいく」ようになっていることです。たとえ社長息子のボンボンであったとしても、学びをおろそかにしていたために会社を潰してしまった人は世の中にいくらでもいます。

アラブの石油王など、その土地に依存していたら「アホでも稼げる」という例外はあるものの、たいていは学び続ける人が富を得るようになっています。

学べる人が最強である

私は自らビジネスを動かしていますが、稼いでいる人は全員学び続けています。トライ&エラーを繰り返し、壁に当たった時に本を読んだり他の人にアドバイスを求めたりします。そこで問題を解決していき、新たなことに挑戦していきます。

そして、これが蓄積していくと本当の意味での「ノウハウ」になっていきます。

私は「勉強して知識を付けてください」と提唱していますが、これは一万円札(福澤諭吉)でさえも同じことを言っていたということです。そのため、どんどん知識をつけるようにしましょう。

なお、福澤諭吉は勉強をしろと言っていますが、本来は得た知識を自分の頭で考えて解釈する力も必要です。

ビジネスでは特に多いのですが、大多数の人は何かを学んだ時に「行動」を真似しようとします。例えば、不動産について学べば、これを真に受けて本当に「不動産投資」を始めようとします。アフィリエイト(他人の商品を紹介するビジネス)を学べば、本気で「アフィリエイトをしよう」と考えます。

しかし、残念ながらこれではいつまで経っても富めることはありません。このような方は、「仕掛けられる側」の立場に回っているからです。

そうではなく、これらの人が「なぜ不動産投資を行っているのか」「なぜアフィリエイトを勧めているのか」という考え方を学ばなければいけません。言い換えれば、「思考を理解する」となります。これは、ビジネスの本質を学ぶこととイコールです。

「仕掛けられる側」ではなく、「仕掛ける側」に回らなければいけません。これを学べば、世の中で起こっているすべてのビジネスを理解できるようになります。

最低限、当サイトに書かれてあることは全て読んで理解するようにしてください。そうすれば、違う世界が見えるようになっていることでしょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録