ビジネスにもいろいろと種類があります。しかも、基本的なビジネス構造はどれも同じなので、これを理解すれば誰でも簡単に稼ぐことができます。

※ただし、ビジネスで稼ぐためには努力と行動が必要です

そのため、まずは何でも良いので「会社や組織に頼らず、自分ひとりだけの力で金を稼ぐ経験」をしなければいけません。つまり、会社から貰う給料やアルバイトのように既に決まった作業を行って金を稼ぐのではなく、自分のアイディアを使って金を生み出すのです。

どんな人であっても、最初は小さいステップから始めます。私が一番最初に行ったのは「薬学サイトを作り、そこにアクセスを集めて広告を貼る」というとてもシンプルな考えです。

この方法をもっと大規模に行なっている会社がYahooなどのポータルサイトです。リアルビジネスであれば、雑誌になります。雑誌の主な収益は本の売上ではなくて「広告」です。

Yahooは莫大なアクセスを集めて広告料を貰います。雑誌は安い値段でできるだけ多くの人に買ってもらい、そこに広告を載せることで収益を出しているのです。

このように、何度も言いますがネットでもリアルでもビジネスの基本構造は同じです。今回の場合、ネットでアクセスを集めるか、大量に雑誌を購入してもらうかの違いだけです。

私も同じであり、「役に立つ薬の情報~専門薬学」というサイトを立ち上げて広告を貼りました。この時、一ヶ月後から2000円程度の収益がありました。

現在ではこのサイトを放置しているだけで何百万という収益であり、メルマガや企業へのコンサルティングなどによって収益構造が大きくなっています。 しかし、私の場合も月に2000円というように、最初は小さいステップから入りました。

よくネット起業家で「自分は三ヶ月後から○百万を突破した」という人もいますが、大抵はウソなので信用しないで下さい。中には本当である場合もありますが、もしその人が「どのようにして達成したか」を詳細に言えないのであれば確実に偽りとなります。

なぜネットビジネスなのか

このように、私は薬学系サイトを立ち上げて初めて自分の力だけで金を稼いだのですが、この時にかかった費用はサーバー代(月300円)とサイト作成ソフト(たしか2万円程度)だけです。

長期的スパンで考えれば、一年経てば簡単に元が取れます。このようにほとんどお金がかかりません。
たまたま私はサイトを作成しましたが、ネットビジネスを行うほとんどの人は「ブログ」、「メルマガ」、「Facebook(ソーシャルメディア)」の三つを使いこなします。そして、この三つは全て無料で行うことができます。つまり、ヘタをすればお金をかけずに自分の知識だけでビジネスを始めることもできます。

実際には数万円程度のお金はどうしても必要ですが、それでもわずか数万円で済みます。私の場合もわずかなサーバー代とサイト作成ソフトだけでした。

この数万円が多いと思った方もいるかもしれませんが、リアルビジネスであればそもそも何千万かの借金からスタートします。

店舗代がかかり、毎月の人件費も捻出しなければいけません。しかも、借金から始めなければいけません。たとえ売上を出したとしても、その後に差し引かれる固定費が大きいのでなかなか利益も出ません。

これがネットビジネスであれば、そもそも「借金をしなければいけない」という概念がありません。私はどちらかと言うと慎重派ですし、借金はしたくないと思っている人間です。

株や為替など、変動リスクのある物にも私は手を出したくありません。しかし、このような私であってもネットビジネスでは金銭的なリスクがないので始めることができたのです。

私も周りの人に独立を宣言したとき、「えっ、借金するの?」といろんな人に言われました。ただ、ここまで読んだ方であれば金銭的リスクがほとんどないネットビジネスでは、借金の概念が存在しないことを理解できたと思います。

現在では私のサイトは少し良いサーバーに移しています。しかし、それでも月に3000円未満です。サーバー代から差し引いたお金が全て利益になります。

つまり、方法によっては私のように少額のお金で莫大な利益を産み出し、借金なんかしなくてもビジネスを始めることができるのです。 さらに言えば、ネットビジネスを誰でもできる理由がもう一つあります。

ネットビジネスは会社勤めのサラリーマンでも行えます

私はサラリーマン時代にサイト上で実名を公開していたので、私がサイト運営していることは会社にバレていました。しかし、何もないかのように普通に仕事をしていました。

私の会社は副業を禁止していましたが、リアルビジネスではなくネットを使ったものなので「いわゆる趣味のようなもの」として捉えてくれたのです。

ネットで物を売っている訳ではないので、私が会社から貰っている給料以上を稼いでいるとは誰も気が付きません。そのため、私の場合は会社にバレてもそこまで問題にはなりません。

私が会社を辞めて起業したのは会社に注意されたからではなく、自分一人の力だけでやっていける自信がついたからです。

さらに言えば、たまたま私は実名を公開していましたが、別に実名を公開する必要はありません。実際、私がまだ大学生だった時はサイト上に自分の名前を公開していませんでした。しかし、有用な記事を公開していたので当時もサイトから広告を貼っているだけで月に15万円以上の収益がありました。

経験値を増やす意味で家庭教師のアルバイトをしていましたが、別に私の場合はお金が欲しくてアルバイトをしていた訳ではなかったのです。そのため、月給の支払いが2ヶ月遅れても私は何も言いませんでした。

普通では考えられないかもしれませんが、このような事を私は行っていたのです。

そして、サラリーマンとして会社勤めをするようになったのですが、基本的にネットで情報を公開しているのでサイトが24時間365日働いてくれます。

つまり、会社から帰った後や土日に作業をするだけでサイトが勝手に働いてくれます。仕事をしているサラリーマンであっても始めることができるビジネスがネットビジネスです。

ちなみに、学生であればなお良いです。なぜなら、時間が大量にあるからです。やはり、時間的制約が大きいとその分だけビジネスも難しくなります。そういう意味では、ネットビジネスを行う中で最も適している人は学生となります。

なお、学生や独立を目指す方でない限り、会社勤めの人はハンドルネームで行うことをお勧めします。なぜなら、「いきなり本社から呼び出されてドキドキしながら重役が待っている会議室に向かう」というリスクを回避することができるためです。

というのも、私が実際に本社へ呼び出されました。別に何もお咎めはなかったのですが、それでもリスクは回避すべきです。名前や顔さえ隠しておけば、怖いものは何もありません。

このようにネットビジネスの利点や注意点を話しましたが、「誰でも金銭的なリスクなく行える」という意味でネットビジネスは最強です。また、利益率が意味不明なくらい高いというもの良いです。サラリーマンでも行えます。

そのため、「ネットビジネスを始めない」という選択肢をする人は「お金がなくても平気な方」くらいだと思います。

もし僅かでも「ビジネスを始めてお金を稼ぎたい」、「本物のビジネス思考を身につけ、会社の中で出世したい」と思っているのであれば、私から全ての知識を盗む気持ちで読み進めてください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録