macbook-926192_640

コピーライティングを行う場合、最初は文章を最後まで書き終えることだけに集中します。つまり、文法などの細かいルールは一切気にせずに、雑にコピー文章を書いていきます。そして、文章を書き終わった後は、必ず見直しや修正を行う必要があります。

これに加えて、書き上げたコピー文章のテストを行うことも重要になります。そこで、コピーライティングにおける文章のテストの方法について解説していきます。

そこから、どのようにして文章を洗練させていき、お客様へ広告を読ませればいいのかについてまで確認します。

書き上げたコピー文章のテスト方法

コピー文章をテストする場合、修正すべき箇所を細かくチェックする方法として、以下のようなものがあげられます。

・コピー文章を声に出して読んでみる

・他人にコピー文章を読んでもらう

ここからは、それぞれのテスト方法について説明していきます。

コピー文章を声に出して読んでみる

コピー文章をテストする方法の1つとして、「コピー文章を声に出して読んでみる」ことがあげられます。

実際に文章を読んだときに、舌がつっかかる部分や読みづらい箇所があった場合には、その場所を修正します。なぜならコピーライティングでは、文章をスムーズに読ませる必要があるからです。もし、広告のコピー文章の流れがスムーズでない場合、お客様は「読みづらい」と判断します。それにより、文章を読むのをやめてしまいます。

この状況を防ぐために、小さめの声でいいので自分が作った文章を声に出して読んでみてください。そしてこのとき、コピー文章のなかで、言いづらい場所や舌がもつれるような箇所がないかを念入りにチェックしてください。そうして、最初から最後までスムーズに読める文章になるまで修正を加えていきましょう。

それによって、お客様に読むストレスを与えないコピー文章に仕上げていくことができます。

他人にコピー文章を読んでもらう

コピー文章のテスト方法のうち、先ほどとは別の手法の1つとして、「他人にコピー文章を読んでもらう」ことがあげられます。このとき読んでもらう人としては、コピーライティングのプロに頼むのが理想的です。なぜなら、専門家の目を通すことで、細かい指摘や的確な意見が聞けるからです。

また、人脈がないなどの理由で、コピーライティングのプロに依頼できない場合には、コピー文章を作成する知識や技術がない人に読んでもらっても構いません。

具体的には、家族や恋人、友人、親せきなどの人たちに頼んでも問題ありません。なぜなら、たとえ細かい指摘が望めなかったとしても、消費者の目線からの意見をもらえるからです。

そのため、広告の文章を一通り作り終えた後は、自分1人で見直しと修正を行うよりも、コピーライティングの専門家や自分の家族などの他人に読んでもらった方が良いです。それによって、自分だけでは気づけなかった「修正すべき点」を見つけることができます。

知人にお願いする場合は自分のコピーという事実を隠すべき

また、自分の家族などの身近な人に自分が作ったコピー文章を読んでもらう場合には、自分が書いた文章であることを伏せておいた方が良いです。

なぜなら、文章を読んだ人が自分に対して気を使って「良いと思うよ」という返事ですまされる可能性があるからです。これでは、コピー文章のテストにはなりません。

そのため、友人や恋人などの近親者にコピー文章を読んでもらう場合には、「同僚に頼まれたのだけれど、この文章を読んで批評してくれないかな」といったように、自分が書いた文章であることは伏せて依頼しましょう。

このように、コピーライティングにおける文章の見直しと修正には、文章を自分で読んだり、他人に読んでもらったりすることが重要になります。このような小さなテストを欠かさずに行うことで、お客様が広告を読んだ時に「読みやすい」、「わかりやすい」と思ってくれるようになります。

これにより、広告で宣伝している商品(サービス)の売り上げを、さらに大きくすることが可能になります。

コピー文章の編集は多くの時間を費やして洗練させるべき

そしてこのとき、見直しをすることでコピーライティングの内容を洗練させるようにしましょう。

コピーライティングを行う場合、最初はスピード重視で一気に最後まで書いた方が良いです。なぜなら、最初からどれだけ完璧な文章を書こうとしても、実際に良いコピー文章を書くことはできないからです。

その一方で、コピーライティングでは「編集作業にどれだけ時間をかけるか」が重要になってきます。なぜなら、文章の編集に多くの時間をかけることによって、コピー文章をより良いものに仕上げられる可能性が高まるからです。

そこで、コピー文章の修正に多くの時間を費やすことの重要性について解説していきます。

編集の時間が多いほど、文章の内容を洗練させやすくなる

先に述べた通り、どんなに「最初から良いコピー文章を書こう」と考えてコピーライティングを行ったとしても、後から文章を見返したときに「突っ込みどころが多い」と感じることは多いです。

このことは、長年にわたって活躍しているプロのコピーライターであっても同様です。そして彼ら自身、最初に自分が書くコピー文章の内容が残念なものになることを知っています。そのため、コピーライティングの専門家は、最初にコピー文章を書き終えてから何度も編集作業を行います。

こうした努力によって、彼らのようなプロは、最終的に多くのお客様を惹き付けるコピー文章を作り上げていきます。

このことを理解した上で、これからコピーライティングを行う場合には、最初はとにかく乱雑で構わないので、最後まで文章を書いてしまうことが重要になります。そして、書き終えたコピー文章は、何度も編集作業を重ねて精度を高めていく必要があります。

このとき、コピー文章の編集に時間を費やすほど、文章の中に含まれている余分な言葉や分かりにくい表現などを見つけやすくなります。そして、発見できた「修正すべき点」を改良していくことにより、コピー文章の内容がさらに洗練されていきます。

時間を置くことで、文章を客観的に見る

コピーライティングの編集作業で重要なものとして、「コピー文章を客観的にチェックする」ことがあげられます。

最初から最後までコピー文章を書き終えたばかりの頃は、その文章に対して無意識に愛着がわいている状態になっています。そのため、文章を一通り書き終えた後にすぐさま編集作業に移ってしまうと、どこを修正した方が良いかを正確に判断できません。

このような状況に陥らないために、書き上げたコピー文章を編集する際には、文章を書き終えた当日を避け、日を置いてから編集を行うようにしましょう。これによって、自分が書き終えた文章を客観的に見ることができるようになります。

また、このとき開ける日数としては、翌日~数日後にするのがおすすめです。つまり、コピー文章を編集する際に間隔を開けるべき日数については特に厳格な縛りはありません。そのため、スケジュールを確認した上で、都合が良い日にコピー文章の編集作業を行うようにしましょう。

このように、コピーライティングでは、編集作業になるべく時間をかけることが重要です。それによって、多くのお客様を惹き付けられるコピー文章に仕上げることが可能になります。

また、自分が書いた文章を客観的な目で見られるようにするため、コピー文章を書き終えた当日は編集作業を行わないようにしましょう。そして、日を改めてコピー文章をチェックして修正を加え、多くのお客様を反応させられるような良いコピー文章を作り上げるようにしましょう。

コピーライティングにおける編集作業は、場合によってはかなりの長時間になることがあります。そのため、人によっては文章の編集について「面倒だ」と感じることがあるかもしれません。しかし、時間をかけてしっかりと編集することにより、そのコピー文章がもたらす利益に大きな差が生まれます。

そのため、たとえつらかったとしても、コピー文章の編集には、しっかりと時間を費やして行う必要があります。

広告を読む人は、2種類の型に分けられる:衝動型と分析型

ただ、このときは読者の反応も考慮したコピーライティングを意識するようにしましょう。

広告のコピー文章を作成する場合、広告で宣伝する商品(サービス)のターゲットとなるお客様のことをリサーチし、どのような言葉にお客様が反応するのかを調べる必要があります。そして、得られた情報をコピーライティングに活かすことで、お客様を惹き付けるコピー文章を完成させていきます。

ここで、広告を読むお客様の型を大きく分けると、「衝動型」と「分析型」の2種類に分類することができます。そして、これらの型によって、広告のコピー文章の読み方が大きく異なります。

そこで、衝動型の人の特徴と分析型の人の特徴と、それぞれの読み方の違いを意識したコピーライティングの実践方法について解説していきます。

衝動型の特徴と読み方

衝動型にあてはまる人の特徴として、「深く考えずに物事を決める」ことがあげられます。例えば、衝動型の人がカメラを購入すると仮定した場合、そのカメラのデザインや機能などに軽く目を通したときに、直感的に「欲しい!」と思ったときに購入する傾向があります。

そのため、衝動型のお客様に広告を読んでもらいたい場合、広告のあちらこちらに「読みたい!」と直感的に判断させるような仕掛けを施す必要があります。例えば、コピー文章の中で商品のメリットを手短にしつつ大きな文字サイズで書いたり、目を引くような画像を載せたりするなどのデザインを広告に取り入れていきます。

これには明確な正解がないため、小さくテストをしながら修正を重ねていく必要があります。そして、衝動型の読み手が「読みたい!」と判断したとき、ようやく広告のコピー文章が読まれるようになります。

また、衝動型の人に読んでもらう場合、商品・サービスに関するくわしい説明が必須です。そのため、広告を読んでもらう仕掛けを組み込む一方で、コピー文章でわかりにくい表現や説明不足の箇所がないように気をつける必要があります。

分析型の特徴と読み方

分析型にあてはまる人の特徴として、「深く考えてから物事を判断する」ことがあげられます。例えば、分析型の人がダイエットサプリメントを購入すると仮定した場合、そのサプリメントの安全性やお客様の声、統計データなどの情報を徹底的に調べ、それらの情報をもとに購入を決める傾向があります。

そのため、分析型のお客様に広告を読んでもらいたい場合、宣伝する商品・サービスに関する大量の情報を載せる必要があります。具体的な例としては、商品・サービスのメリットやお客様の声、欠点、アフターフォローなどがあげられます。

これらの大量の情報を広告に載せることによって、商品・サービスに興味がある分析型のお客様は、実際に文章を読んでくれます。そして、広告から読み取った数々の情報をもとに、商品・サービスの購入を決定します。

衝動型と分析型の両方に広告を読ませる方法

世の中に存在しているコピー文章の場合、衝動型か分析型のどちらかに焦点を絞って作成されています。しかし実際のところ、1枚のコピー文章を衝動型の人と分析型の人の両方に読んでもらえるようにすることは可能です。

その方法とは、「衝動型に読ませるための要素と分析型に読ませるための要素を、1つの広告にまとめる」ことです。

例えば、商品(サービス)の宣伝で取り上げたい内容を「大きな字で短め」に書き、その下側の部分に小さめな字で、よりくわしい内容を記載するようにします。

このような形で、衝動型が読みたくなる仕掛けと、分析型が求める大量の情報を1つの広告に盛り込むことで、どちらの型のお客様も広告を読んでくれるようになります。これにより、衝動型のお客様と分析型のお客様の両方が、商品・サービスを購入してくれるようになります。

このように、広告を読むお客様は、衝動型の人と分析型の人とに大きく分けられます。

そして、それぞれが反応する仕掛けを1つの広告で表現することにより、衝動型と分析型の両方のお客様を惹き付けることができます。その結果、商品・サービスの売り上げをさらに大きく伸ばすことができます。

広告のコピー文章を作成する場合には、衝動型のお客様と分析型のお客様の両方を集められるようなコピーライティングを行うようにしてください。そうして、ビジネスで大きな成果を上げられるようになりましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認