文章を書くとき、自分が書いた文章を読ませるための有効な手段の一つとして物語(ストーリー)があります。物語は人の脳を麻痺させることができるため、物語を書くことは文章を読ませるためのテクニックの一つとなります。

コピーを書くとき、ただ事実を書くのではありません。そこに物語を混ぜることによって、話を展開していくのです。

物語(ストーリー)によるコピーライティング

例えば、以下のような文章を見たときにどう思うでしょうか。

1年後に月100万得る方法を教えます。

多くの日本人は「お金が全てではない」と口では言いながら、心の中ではお金が大好きです。そのため、この方法が本物であればとても興味があるはずです。ただし、このような文章では多くの人が「怪しい」と思ってしまいます。

それでは、次の文章ではどうでしょうか。

【人に感謝されないビジネス以外は意味がない】

高校の同窓会に出席すると、20年振りくらいの懐かしい友人と話をすることができた。まだ結婚相手がいないとしてボヤいている人、仕事が上手くいって課長にまで昇進している人など様々だ。

その時、小学校からずっと仲の良かった友人から聞かれた。

「ところで、お前は今どんな仕事をしているんだ?」

あまり気持ちの良い質問ではないなと感じた。私はネットを使ったビジネスをしているが、過去にお見合いパーティーで「ネットビジネスだ」と答えたとき、その会場にいた人の反応が明らかに悪かったからだ。

合計6組ものカップルが誕生した大成功のパーティーだったようだが、私の所には誰ひとりとして寄り付かなかった。後でこっそり主催者に聞いてみると、「怪しい仕事をしている」と思われていたようだ。

ただこの当時と今の私は違った。

確かに、過去はネットビジネスの中でもアフィリエイトを主にしていた。よくよく考えてみると、分母がないと成り立たないビジネスだ。これでは怪しいと思われても仕方がないなと思った。

そこで新しいビジネスを立ち上げ、広告業やWeb関係の経営コンサルタントを開始した。これが現在では軌道に乗りかかっている。

過去の私は自分の職業を聞かれるのが恐怖だった。しかし、今では自信を持って言うことができる。ネットビジネスと言うと、どうしても怪しさがつきまとう。アフィリエイトと言っても、多くの人は「正しいビジネスをしている」と言っているが、実際のところ友達にさえ自分が何をしているか言う事ができない。

「正しいことをしている」と口では言いながら、実際には自分が行っている事を伝えられない……。これのどこが正しいビジネスなのだろうか。

他にも、ネットビジネスではアダルトサイトの運営やペラページの量産など、恥ずかしくて恋人にさえ仕事の内容を言えない人もたくさんいる。

それでは、同じネットビジネスの中でも「毎日感謝メールが届きながら稼ぐことができる」と言われればどうだろうか。

私が運営しているのはポータルサイトだ。現在、私は土木系サイトを運営しているが、このサイトは月に40万PV以上ある。

Yahooのように広告を張ることで収入を得ることができる。また、このサイトを軸にして企業と組み、さらにはその企業に対してコンサルティングまで行っている。経営コンサルタントと言えば、響きが良いかもしれない。

このように、とても社会的意義の高いビジネスだ。

しかも、毎日感謝メールが届くような、誰からも好かれながら行えるネットビジネスをしている。自分の情報を全世界に発信することによって、誰でも独自の考えを伝えることができる。

ただし当然ながら条件がある。このビジネスで稼げるようになるには、努力と時間が必要だ。とは言っても、大学に受かるよりもはるかに簡単。そして、スポーツで県一位になるよりも圧倒的に楽だ。

大学に受かるには小学校から考えて、何年間も努力をしないといけない。スポーツであっても、県一位を目指すには小さい頃から隠れながら努力を行い、しかもその努力が報われるとは限らない。

それに比べれば、努力と時間が必要とは言ってもポータルサイトビジネスは1~2年間の努力で済む。1年後に月100万稼ぐことも十分に可能だ。

どうせ同じビジネスをするのであれば、親や恋人にも自信を持って言う事ができ、感謝メールが毎日届きながら稼ぎたくないか? このようなビジネスに興味がある方は今すぐ下の申し込みページへ。

→ ポータルサイトビジネスに申し込む

いかがでしょうか。

ちょっと話が簡単すぎますが、ただ単に「1年後に月100万得る方法を教えます」と言うよりも、このような物語の方が成約率は急増します。

ブログやメルマガ、SNSなどに記事を投稿する時であっても、本気で自分の文章を読ませたい時は是非とも物語(ストーリー)を意識してみてください。

対象によって物語を変える

当然ですが、対象が変われば興味のある話の内容も変わってきます。そのため、書かなければいけない物語の内容も変化します。

「この商品によって、お客様がどうなるか」という未来をストーリーで書いていくのですが、対象が変わることによって例えば次のようになると思います。

・中高年の人が対象

「年金がもらえないかもしれない」という話を行い、「自分自身の力でお金を稼ぐ能力がないとまずい!」という意識づけを物語を混ぜて行う。

・若い人が対象

「旅行に行ったとき、好きなものを買いたくないか」、また「食事に行ったときに100円の値段の違いであれこれ悩むような生活から抜け出したくないか」などの話をしていく。

このような例を出しましたが、もっと対象を絞って「既婚者の男性」であれば、「毎月のお小遣いを気にしなくて済み、財布の中身をチェックせずに、後輩にも奢れるようになりたくないか」という物語を書いても良いかもしれません。

このようにターゲットを絞れば、書かなければいけない物語(ストーリー)の中身も変わってきます。

確かに、物語によって人を引き込むことができるのは事実ですが、「誰に対してこの物語を読ませたいか」についても考えなければいけません。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録