office-991306_640

コピーライティングの文章を作成する場合に勘違いしやすいこととして、「最初から完璧な文章を書こうとすること」があげられます。そのため多くの人は、なかなか行動できなくなってしまったり、せっかく書いた文章を消してやり直してしまったりします。これでは、良いコピーに仕上げるどころか、いつまで経っても文章を作ることができません。

そこで、広告のコピーを作成する場合に重要となる考え方について解説していきます。

広告のコピーを作る場合、最初は雑でもいいので書いていく

広告に使用する文章を作成する場合に、ぜひとも意識していただきたいこととして「最初は雑に文章を書く」ということがあげられます。つまり、下手なことは考えずに、まずは文章を書いていくことが重要になります。また事実として、最初にどんなに完璧なものを意識したところで、完成度の高い文章を書くことはできないのです。

これは、コピーライターとして長年活躍している専門家であっても同じです。この域に達しているプロであっても、最初にコピーを書くときには、完璧とは程遠い文章を作ってしまうのです

そして、そのプロ自身「自分が最初に書くコピーは非常にレベルが低い」ことを自覚しており、その上で後からコピーライティングの修正を何度も行っています。これにより、プロのコピーライターは「多くのお客様を惹き付ける文章」を作成し、商品・サービスの売り上げを伸ばしているのです。

この事実を理解した上で、最初は何も考えずに、とにかくコピーを作っていくことが重要になります。そして、一通り文章を書き終わったところで、そのコピーを何度も修正していくようにします。こうした正しい努力を続けることによって、はじめて良いコピーが完成されるようになるのです。

量をこなすことで、質が高められていく

広告のコピーを作成する場合に、「最初は雑でもいいので書くことが重要」な理由として、「量をこなすことで、ようやく質が高まっていく」ということがあげられます。

つまり、最初にどれだけ質を意識したとしても、良い文章を作り上げることはできないのです。そして、ひたすら量をこなすことによって、少しずつスキルが上がり、最終的に質の高い記事に仕上がっていくようになります。

さらに、コピーを作成する場合には、絶対に質を意識してはいけません。なぜなら、「どうすれば良い文章を書けるのだろう」と考え込むようになってしまい、身動きが取れなくなってしまうからです

そこで、コピーを作成する場合には、広告で宣伝する商品・サービスについて、取り上げるべき特徴や利点などをできるだけ多く書いていきます。そうした上で、何度も書き加えたり文章を削ったりして、コピーの質を高めていくようにします。

これをくり返していくことで、より良いコピーを仕上げられるようになります。さらに、自分のライティングスキルにますます磨きがかかるようになります。

まずは最後まで書いてみるべき

このように、広告のコピーを作成する場合、最初は雑でもいいので最後まで文章を書ききることが大切です。そして、後から必ず修正を加えるようにします。実際に最初から完璧な文章を書ける人はいませんし、プロのコピーライターであっても、「自分が最初に書くコピーは、完成度の低い恥ずかしいものになってしまう」ことを自覚しています。

そのため、最初に文章を書く場合には、絶対に完璧を求めないようにしましょう。そして、後から何度もコピーを修正していきましょう。それによって、コピーをより効果の高いものにすることができ、自身の文章能力も上がっていくようになります。

そして、実際に広告を出すときには、必ず小さくテストするようにしましょう。これによって、少ないリスクでコピーの効果を確認することができます。そして、思うような成果が得られなければ、再び修正を加えていきます。こういった地道な努力をできる人だけが、ビジネスで大きな成果を上げられるようになります。

コピーライティングでは、文法をあまり気にせず文章を作成する

ただし、広告に使う文章を作成する場合、書いたコピー文章に必ず修正を加える必要があります。なぜなら、どんなに完璧に仕上げようと意識して書いた文章であっても、最初から完成度の高い文章を作成することはできないからです。これは、長年大きな実績を上げ続けているプロのコピーライターであっても同様です。

そのためコピー文章の専門家は、前述の通り雑でもいいので最初から最後まで文章を一気に書くことだけを意識して、コピー文章を作成します。そして、それが終わった後には、何度も文章の修正を加えています。これによって、多くのお客様の反応を得られる「効果の高いコピー文章」を仕上げるのです。

後から修正することを前提として、とにかく文章を書く量をこなしていくことが重要といえます。

コピーライティングでは、学校の国語の授業で習うような文法などのルールをあまり意識せずに作成した方が良いです。これには、作成するコピーの性質が関係しています。

そこで、コピーライティングにおいて文法などのルールを意識せずに文章を作成することの重要性について解説していきます。

お客様の反応を得られるものだけが、良いコピー文章である

文法などの細かいルールを意識せずにコピーライティングを行った方が良い理由として、そもそも文章に対するお客様の反応と文法上のルールの間には関係がないことがあげられます。つまり、たとえ文法に従っていない表現が目立つコピー文章であっても、お客様の反応が取れるものであれば、それは良いコピー文章だといえます。

逆に、国語の授業で習うような文法に完璧に従ってはいるものの、お客様の反応が全く得られないコピー文章であれば、それは決して良いコピーライティングではありません。

もちろん、何を言いたいのかさっぱりわからない文章には、絶対にならないように注意しなければなりません。意味不明な表現や言い回しが目立つ広告を見たお客様は、「何が言いたいのかわからない」と感じて、広告を見るのをやめてしまいます。この場合、宣伝している商品やサービスが売れることはありません。

そのため、こちらが伝えたいことがはっきりと書かれており、なおかつ多くのお客様に反応してもらえるような文章を書くように心がける必要があります。

また、お客様がどのような言葉に反応するのかを知るためには、販売する商品・サービスのターゲットとなるお客様のリサーチが不可欠です。これによって、お客様が反応しやすい言葉を見つけ、積極的にコピーライティングに活用することができます。

最初から文法を気にすると、文章作成が遅くなる恐れがある

冒頭でも述べたように、コピーライティングを行う場合、最初は雑でもいいのでとにかく文章を書くことが極めて重要になります。そして、最初の段階で文法について細かく考えてしまうと、「文法を守らなければ」という意識が働き過ぎて、文章を書くのが進まなくなってしまいます。

そもそも、コピーライティングでは、国語で習うようなきれいな文章を書く必要はありません。実際のコピーライティングでは、お客様にとって分かりやすい文章であり、なおかつお客様が思わず反応してしまうような表現を積極的に活用し、お客様が惹き付けられる文章を仕上げていきます。

そして、一通りコピー文章を完成させたところで、コピー文章の修正を行います。このとき、コピー文章のなかに文法のルールを無視した部分があった場合、それが「直さなければわかりにくい」と感じるものであれば違う表現に変えます。

そして、文法から外れる表現であっても、それがお客様の反応を得られるような言葉であれば、直さないままにしておきます。そして、文法よりもお客様の反応を意識した方が、結果的に多くのお客様が惹き付けられるコピーライティングを完成できるようになります。

このように、コピーライティングでは、国語の文法を意識せずにお客様の反応だけを考えて文章を作成していく必要があります。そして、この考え方に基づいて書いた文章だけが、大きな成果を上げられるようになります。

お客様を理解しなければ、反応が取れるコピー文章は書けない

それでは、どのようにすれば高い反応を取れるコピーライティングを行うことができるのでしょうか。

広告やCMに載せる文章を作成したとき、自分でどれだけ「良いコピーが書けた」と考えていても、実際に広告やCMを打ち出したときに、お客様の反応がほとんど取れないことは多いです。この場合の主な原因として、「お客様のことを全く理解していなかったこと」があげられます。

そこで、コピーを書く場合にお客様を理解することの重要性について確認していきます。

コピーの良し悪しを判断するのは、お客様である

自社で商品を作成した場合、実際にその商品を購入して使うのはお客様です。このことと同じように、広告やCMなどで使う文章を作成した場合、実際にそのコピーを見るのはお客様です。そのため、商品を作るにしてもコピーを書くにしても、常にお客様の存在を忘れてはいけません。

例えば、ある会社が化粧品を開発し、その商品の広告に使うコピーを「化粧品に関する知識が全くない男性」が書いたらどうなるでしょうか。この場合、その男性がどんなに自分で「良い文章が書けた」と考えるようなコピーを書いたとしても、販売した化粧品が売れる可能性は極めて低いです。

なぜなら、その商品のコピーを書いた人間が、化粧品を使う人のことについて全く理解していないからです。

そもそも、化粧品は基本的に女性が使うものです。その上、化粧品に関する知識を一切もたない人には、化粧をする人の気持ちや悩みを理解することはできないでしょう。

そのため、お客様が「この化粧品が欲しい!」と思うような表現がどのようなものなのかも分からないはずです。その結果、実際に化粧品を使う人の反応が得られずに終わってしまいます。

どれだけ自分の中で良い文章だと思ったとしても、お客様の気持ちがわからないまま作成したものであれば、それは決して良いコピーではありません。なぜなら、広告に載っている表現に対して、実際に反応を示すのはお客様だからです

そのため、コピーを書く場合には、必ずターゲットとなるお客様のことを理解する必要があります。そして、これをしっかりと認識して実行した人だけが、良いコピー文章を書くことができます

お客様を理解した後に文章を書くことで、良いコピーを作り上げる

多くのお客様の反応を得られる良いコピーを仕上げるためには、そのお客様のことについて積極的にリサーチをすることが大切です。このときに手に入れられた情報を活用することでしか、お客様を惹き付ける良い文章を書くことはできないのです。

先ほどの化粧品のコピー例で言えば、化粧品を使う人のことについて、徹底的に調べなければいけません。この場合、実際に何人かの女性に化粧や皮膚に関する悩みを聞いていきます。

また、女性誌などを読んで情報を集めても良いかもしれません。このような方法を取るなどして、化粧品を使う人のことをしっかりとリサーチします。

こうした正しい努力を行うことで、たとえ化粧品を使ったことがない男性であっても、化粧品を使うお客様のことを少しずつ理解できるようになっていきます。そして、このとき得た情報をもとにコピーライティングを行うことで、化粧品を使うお客様の反応を得られるような文章を仕上げることができます。

まったく異なる分野の人でも調査すればコピーを作れる

このように、商品やサービスの広告に使うコピーを書く場合には、その商品・サービスのターゲットとなるお客様のことについてしっかりと調査する必要があります。これによって、対象となるお客様がどのようなフレーズや表現などに反応するのかがようやくわかるようになります

そして、反応が得られる言葉やイメージを実際の広告に活用することにより、多くのお客様が関心を示してくれるようになります。その結果、販売した商品(サービス)の売り上げを大きく伸ばすことができるのです。

そのため、実際にコピーを作成する場合には、必ずお客様のことを入念にリサーチするようにしてください。そして、多くのお客様に素晴らしい商品を提供し、会社をさらに発展させていってください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認