a0001_002847_m

コピーライティングでは、できるだけ量をこなすことが重要になります。つまり、たくさんのコピー文章を書きあげていく必要があります。これをくり返していくことで、徐々にコピーライティングのスキルに磨きがかかり、良い文章を書けるようになっていきます。

そこで、コピーライティングスキルを高めるのに欠かせない考え方と、数多くの文章を書いていくことの重要性について解説していきます。

コピーライティングの技術を高めるための思考法

コピーライティングを学ぼうとする人のなかには、「お客様を商品購入に導くためのスキルはないか」、「どうすればお客様の反応を高められるのだろう」といったことを考える人が大勢います。要するに、コピーライティングにおける小手先のテクニックばかりを求めてしまいます。

確かに、コピーライティングを行う上では、実際に効果がある手法がいくつか存在します。しかし、これらのテクニックを用いるにしても、「なぜ、それを行うことで成果が上がるのか」、「どういう意図があって、このようにするのか」などの思考の部分を理解しなければなりません。

なぜなら、コピーライティングのスキルのほぼすべてが、正しい思考の存在を前提として扱われるものだからです。つまり、思考を正しく認識せずにテクニックを模倣したとしても、思うような良い成果を上げることはできないのです。

そのため、コピー文章を書く際には、小手先のテクニックを求めないようにすることが大切です。そして、コピーライティングにおける手法を学ぶにしても、必ず思考の部分を理解しておかなければなりません。

また、基本的にコピーライティングで大切になるのは、テクニックではなく考え方になります。つまり、世の中に出回っているコピーライティングの手法自体は大して重要ではないのです。

そのため、コピー文章を仕上げる際には、このことを念頭に置いた上で取り組むようにしてみてください。

コピー文章の量をこなすことで、初めて質が高まる

コピーライティングの技術を高めたい場合、小手先のテクニックばかりを意識するのは無意味です。

実際のところ、多くのお客様の反応を取れるコピー文章を書けるようになるためには、冒頭でも述べた通り、ひたすらコピー文章を書き続ける必要があります。そのくり返しの果てに「コピー文章の質の向上」が待っているのです。

そのため、コピーライティングの技術を高めたい場合には、できるだけ多くの文章を書き続けていく必要があります。こうした努力を続けていかなければ、どんなに小手先のテクニックを学んだとしても、「お客様を惹き付ける広告」を仕上げられるようにはなれません。

コピーライティングを学ぼうとする多くの人は、「できるだけ早い段階で、お客様を惹き付けられる文章を書けるようにしよう」と考えます。しかし、実力が伴っていない状態で高望みをしたところで、実際に大きな成果を得られることはまずありえません。

量が質に変わる

大きな成果を上げられるようになるためには、そのためのスキルをひたすら磨き続ける必要があります。つまり、下手な欲望を抱くのではなく、とにかく量をこなしていくしかないのです。結局のところ、これが真実です。

そのため、いきなり大きな成果を上げようと高望みをするのはやめ、ただひたすら量をこなすことにフォーカスしましょう。コピー文章を大量に書いていけば、それが少しずつ質に変わっていきます。そして、質を上げていった先にこそ、「大きな成果を上げられる」という素晴らしい未来が待っているのです。

このように、コピーライティングのスキルを磨きたい場合には、余計なことは考えず、量をこなしていくようにしましょう。そうすることで、ようやく質が高まっていき、大きな成果を出せるようになります。

また、世の中に出回っているコピーライティングのテクニックは、あまり意識しないようにしましょう。コピーライティングでは、基本的には思考の部分を認識することが最優先です。そのため、小手先のテクニックには決して惑わされず、たくさんの量をこなすことに集中してください。

コピーライティングの上達方法:売れている広告の模写

しかしながら、いたずらに文章を書き綴っていても文章力はなかなか上達しません。実際のところ、「どのようにすれば良いコピー文章を書けるようになるのか」について悩む人は多いです。

そこで、コピーライティングを上達させる方法の1つとして、「儲かっている広告を見つけ、その内容を模写する」ことがあげられます。これを行うことによって、多くのお客様が反応する文章を書けるようになります。

そこで、実際に大きな成果を出している広告の探し方と、その模写の具体的なやり方について解説していきます。

結果を出している広告の見つけ方

実際に儲かっている広告を探す際の基準の1つとして、「雑誌や新聞、ネット上などで、長期間にわたって同じデザインのまま使われている広告」に注意を向けることがあげられます。実際のところ、雑誌にしても新聞にしても、広告を載せる場合には多額の費用が必要になります。

とくに雑誌の見開きの広告ともなると、たった1回広告を載せるだけでも100~200万円ものお金が必要なる場合があるのです。

これだけ大きな費用がいるにもかかわらず、同じデザインの広告を打ち続けているのは、当然理由があります。それは、「たくさんのお金を投下して広告を出しても、それ以上に儲かっている」からです。

例えば、以下のような広告です。

長期間同じ内容で雑誌などに掲載されている広告の文章やデザインは、実際に大きな成果を創出している「本物のコピーライティングである」と判断できます。そして、その広告の文章や文字の配置などを自身のコピーライティングに活かすことによって、より大きな成果を上げることが可能になります。

商品・サービス販売の広告に注目し、イメージ広告は無視する

ただ、実際に長期間使われている広告を探す際には、1つ大きな注意点があります。それは「必ず商品やサービスを売り込む広告だけを参考にする」ことです。

反対に、長期間出され続けている広告のうち、絶対に参考にしてはならないものとして「有名な大手企業のイメージ広告」があげられます。なぜなら、イメージ広告というもの自体は「長期間にわたって露出し続けることでお客様にイメージが刻まれ、やがて自社商品が売れていくようになるだろう」というおおまかな予測のもとで打ち出されているものだからです。

イメージ広告を参考にしたとしても、自社の商品やサービスが爆発的に売れるようになることはありません。イメージ広告としては、例えば以下のようなものがあります。

実際のところ、知名度や信頼などがゼロの状態である無名の中小企業や個人事業主が、圧倒的なネームバリューと実績を持つ大手企業の真似をしても無意味です。

そのため、コピーライティングの参考にする広告を選ぶ際には、イメージ広告は除外するようにしてください。その代わり、「広告掲載だけで電話や店舗来店など、申し込みの行動を起こさせようとする広告」だけに注目するようにしてください。

成果が出ている広告を模写する

実際に儲かっている広告を模写するときの重要なポイントとして、「広告のほぼすべての内容を手書きで忠実に再現する」ことがあげられます。

このとき、さすがにお客様の写真やイメージ画像までは再現する必要はないものの、広告の中の文字の大きさや配置、改行のタイミングなどの細かいポイントを、1つも見逃さずに手書きで模写していきます。

そして、広告の文章が「国語の文法などのルールを無視して書かれている」のであれば、広告に従って文章を忠実に書き写していくようにします。さらに、その広告の対象となっているお客様のことをイメージしながら模写するようにします。

このような形で広告の模写を何度もくり返し行うことによって、実際にコピーライティングのスキルを高めることができます。さらに、言葉のボキャブラリーが増え、さまざまな例え方や言い回しなどを身につけることができます。

このように、雑誌などで同じデザインのまま長期間掲載されている広告のコピーライティングは、実際に大きな成果を上げている本物のコピーライティングです。

そして、このような広告の内容を手書きで忠実に再現していくことで、自身のコピーライティングスキルを大きく高めることが可能になります。また、実際に効果的な言葉の使い方や表現方法などまで身につけることができます。これにより、宣伝している商品やサービスの売り上げをさらに伸ばすことが可能になります。

また、実際にコピーライティングの技術を高めた状態を保つためには、日々の練習の積み重ねが必要になります。これを行わないと、せっかく磨いたスキルが落ちてしまいます。これを避けるため、できるだけ毎日文章を書く練習を続けるようにしましょう。

実際のところ、世の中のほとんどの人がこれを実践しません。そのため、このような大変な作業をくり返しできる人がトップレベルのコピーライターになることができ、実際に大きな成果を出せるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録