PPS_aozoratohiroba-thumb-1000xauto-12988

コピーライティングを行う最初の段階では、下手なことは一切考えずに雑に文章を書いていくことが重要になります。もし、完璧な文章を書こうと意識しすぎてしまうと、どうすれば良いかを考え込んでしまい、コピーそのものが仕上げられなくなってしまいます。

そして、最初から最後までコピー文章を書き終えることができたら、必ず文章の修正を行うようにします。この段階では、無駄な文章をなるべく削り、分かりにくい表現を直すようにします。このとき、実際には文章を削ることよりも、言葉を違うものに変更させる方が多い傾向にあります。

これには、お客様の反応を多くするために必要な文章の長さが関係しています。そこで、広告のコピーを作成する上で必要となる文章の長さについて解説していきます。

広告の反応率を高めるためには、ある程度の文章量が必要

商品・サービスの販売担当者のなかには、「お客様は長いコピーを読んではくれない」と考える人がいます。確かに、広告を見た人の多くは、広告に興味を示さずに読むのをやめてしまいます。しかし、これは宣伝している商品・サービスに興味がない人を含めての話です。

実際のところ、広告上で宣伝している商品やサービスに興味をもっている人であれば、そのうちの何人かは、たとえ長い文であっても広告のコピー文章を読んでくれます。そしてこのとき、お客様の反応を高めるためには、それ相応の文章量が必要になります。

逆に、十分な長さの文章でなければ、宣伝している商品・サービスに興味をもっているお客様に、十分な情報を伝えることができません。その結果、お客様に商品の価値が正確に伝わらないため、商品・サービスの売り上げが伸びなくなってしまいます。

必要のない言葉を削り、重要な部分は何度もくり返し伝える

ただし、広告のコピー文章のうち、余分な表現や分かりにくい言葉などのいらない部分は、積極的に削っていく必要があります。不必要な言葉によってコピー文章の内容が難しくなったり複雑になったりすると、お客様は「書いてある内容がよくわからない」と感じてしまいます。そして、広告を見るのをやめてしまいます。

その一方で、商品・サービスの利点やお客様の声など、商品(サービス)の説明の核心に触れるようなところは、絶対に削らないようにすることが大切です。むしろ、そういった部分は言葉を変えて何度もくり返し伝えた方が、お客様にとってわかりやすくなります。

さらに、くり返し伝えた情報は、お客様の記憶に深く刷り込まれるようになります。

広告のコピーライティングでは、同じ内容を何度もくり返し伝える

それでは、なぜ繰り返し伝えた方がいいのでしょうか。

人は、たとえ興味がないものであっても、テレビCMで使われている曲を何度もくり返し聞いていくうちに、その曲の歌詞を記憶してしまうことがあります。日本に存在する会社のなかには、人間のこの性質を利用し、企業独自のオリジナルソングをCMに取り入れている会社がたくさんあります。

これにより、そのCMをくり返し聞いていた人は、そのCMの商品(サービス)に興味がなくても、CMソングを知らない間に覚えてしまいます。

このように、同じことをくり返し見たり聞いたりするうちに、人は知らず知らずのうちにその内容を記憶してしまいます。そしてこの性質を活用することは、コピーライティングによって広告の文章を作成する上で極めて重要な考え方になります。

そこで、「広告上で同じ内容をくり返し伝えることの必要性」と「同じ内容をくり返し表現する場合の正しい方法」について解説していきます。

広告上で同じ内容をくり返し伝えることの必要性

広告を見たお客様の多くは、広告に載っているコピー文章に一度しか目を通しません。このとき、「お客様を惹き付ける表現」を広告内で1回ずつしか載せていない場合、お客様は「内容がよくわからない」と判断します。その結果、広告を見るのをやめてしまいます。

このような状況に陥らないためには、お客様が「知りたい!」と思う情報やお客様に伝えるべき内容について、広告の中で何度もくり返し述べる必要があります。それによって、ようやくお客様は宣伝している商品(サービス)のことを理解してくれるようになります。

同じ内容をくり返す場合の正しい方法

実際に広告で何度も伝えたい情報をくり返し使いたい場合、以下のようなポイントを守ることが大切です。

・くり返すたびに、表現方法を変える

・適度に間隔を開けてくり返す

・重要な内容ほど、数多くくり返す

ここからは、それぞれのポイントについて解説していきます。

くり返すたびに、表現方法を変える

同じ内容を広告でくり返し使う場合、くり返すたびに表現方法を変えていくことが重要になります。例えば、トレーニングジムの個人指導サービスの宣伝で、「体を引き締められます」という内容を繰り返し使いたい場合には、「スリムになれます」、「魅力的なボディになれます」などのように表現を変えていくのです。

これによって、お客様が広告を読む際のリズムを良くすることができます。広告を読んでもらうためには、お客様自身の目線が流れるように読めるものにしなければなりません。お客様自身がテンポよく読めない場合、すぐに読むのをやめてしまいます。

このようなことにならないために、同じ内容を同じ表現でくり返すのは避けるようにしましょう。

また、同様の内容をくり返す場合の表現方法の種類は、言葉だけにとどまりません。先ほどのトレーニングジムの個人指導サービスの例でいえば、サービスを体験したお客様の「実際に痩せた姿の写真」や「体重の減少を表すグラフ」を載せることなども、同じ内容のくり返しに相当します。

このような形で表現方法を変えていき、お客様が広告を読みやすいように配慮しつつ、お客様を惹き付けるようにしていきましょう。

適度に間隔を開けてくり返す

同じ内容をくり返す場合には、その内容に至るまでの間に別の内容などを加えて、ある程度の間隔を開けることが重要です。

先ほどのトレーニングジムの個人指導サービスの例でいえば、「体を引き締められます。そして、スリムになれます。さらに、魅力的なボディになれます」のように、ほとんど間隔を開けずに同じ言葉をくり返すことを避けるようにします。

画像などのように、表現方法が大きく異なる場合ならまだいいですが、同じ内容の言葉を短い間隔でつなげてしまうと、お客様は「くどい」と感じてしまいます。これにより、お客様はすぐに広告を読むのをやめてしまいます。この事態を避けるためにも、同じ内容をくり返す場合には、適度に間隔を開けるように注意してください。

重要な内容ほど、数多くくり返す

同じ内容をくり返す回数には、とくに上限は決められていません。そのため、その内容の重要度に合わせて、くり返す回数を判断する必要があります。

実際のプロのコピーライターのなかには、同じ内容について表現方法を変えて7回くり返す人がいます。つまり、重要な内容であればあるほど、広告上でたくさんくり返す必要があるのです。これによって、多くのお客様を惹き付け、広告を読んでもらうことが可能になります。

このように、広告で商品・サービスを宣伝する場合には、重要な箇所を何度もくり返し伝えることが重要になります。また、同じ内容をくり返す場合には、適度に間隔を開けつつ、違う表現方法に変えていくことが大切です。これによって、お客様が広告を読むリズムが改善され、お客様を広告の文章や表現に引き込むことができます。

こうしたことを意識して広告を作ることで、広告の文章は、多くのお客様を惹き付けるコピーライティングへと仕上がります。その結果、宣伝する商品・サービスの売り上げをさらに高めていくことができます。

広告のコピー文章では、読みやすさを重要視する

ただ、このときは読者の立場に立って、読みやすさを考えたコピーライティングを意識するようにしましょう。

つまり、広告で商品やサービスを宣伝する場合、広告に載せるコピー文章を読みやすいものに仕上げる必要があります。なぜなら、広告上のコピー文章を読みづらいものにしてしまうと、お客様に「書いてある内容がよくわからない」と思われてしまうからです。

この場合、お客様はすぐに広告を読むのをやめてしまいます。

そのため、広告のコピー文章は、どれだけ読みやすいものに作り上げるかが極めて重要になります。しかし、実際に読みやすいコピー文章を作成するためには、そのための正しい方法を理解して実践していく必要があります。そこで、広告のコピー文章を読みやすく作り上げるための方法について解説していきます。

読みやすいコピー文章の作り方

コピー文章を読みやすいものに作り上げる方法の1つとして、「適度に行間を開ける」ことがあげられます。具体的にいうと、文章の長さを3行までにとどめるようにし、それ以上文章が続く場合には、いったん文を改行して行間を開けるようにします。

この方法によって、文章の圧迫感を軽減することができます。これにより、お客様が広告のコピー文章を読む場合に感じる抵抗が少なくなり、途中で離脱せずに読んでくれる可能性が高くなります。

そのほかの「コピー文章を読みやすくする方法」として、「難しい漢字や表現をわかりやすいものに変える」ことがあげられます。

例えば、「憂鬱(ゆううつ)な気持ち」、「薔薇(ばら)の香り」といった言葉は、読み仮名が振れていない場合、一目見ただけではわかりづらいです。それに加えて、漢字の画数の多さによって、文章を読むお客様に圧迫感を与えてしまいます。

この事態を避けるために、難しい表現や言葉・漢字はなるべく使うのを避け、中学生くらいでも簡単に読めるような文章を作成する必要があります。

中学生でも分かる文章を心がける

先ほどの難解な漢字の例でいえば、「憂鬱な気持ち」という言葉を「落ち込んだ気分」や「ブルーな気持ち」などの表現に置き換えます。また、「薔薇の香り」という言葉を「バラの香り」のように漢字を避けて表現します。

このような形で、わかりづらい言葉や表現をわかりやすいものに変換していくことで、お客様が広告のコピー文章を読む際にストレスを感じにくくさせることができます。これにより、お客様を広告の内容に惹き付けられるようになります。

また、言葉を変換する際に、どういった表現にすればよいかわからない場合には、インターネットで「類語辞典」と検索することで、表現を変えるためのヒントを見つけることができます。そのため、言葉を変換する場合には、ネット上で検索することも視野に入れてみてください。

一度作成したコピー文章は修正する

広告のコピー文章を書き終わった後は、見直しをしつつ修正を行う必要があります。これによって、広告のコピー文章の精度を少しずつ高めていきます。

また、コピー文章の見直しと修正を行う場合には、他人の目を通した方が良いです。なぜなら、自分で書いた文章を自分だけで見直したときに比べて、修正すべき箇所が見つかりやすくなるからです。

具体的な方法としては、自分のコピー文章を同僚や上司にチェックしてもらうことがあげられます。また、ある程度お金をかけても良いのであれば、実際に少額での広告を出してお客様の反応を見るのが効果的です。このような形で修正をしていくことにより、広告のコピー文章をさらに良い物へと仕上げることができます。

このように、広告のコピー文章を作成する際には、文章を読みやすく表現するように心がけることが重要になります。

そして、文章作成が終わったら、必ず見直しと修正を行ってコピー文章の精度を高めていく必要があります。これを行うか否かによって、商品(サービス)の売り上げが大きく変わっていきます。

会社のビジネスを発展させるためには、たとえ面倒であっても、努力を惜しまずに行動していきましょう。そうすることで、その頑張りが成果という形で表れてくるようになります。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認