a0008_001801_m

コピーライティングを行う場合、それを読むお客様にあなた(販売者)が共感するような姿勢で文章を書くことが重要になります。そうでなければ、お客様はすぐに文章を読むのをやめてしまいます。その結果、宣伝している商品をお客様が購入することはありません。

そのため、ビジネスとしてコピーライティングを行う場合には、あなたがお客様に共感するような文章を心掛けることが大切です。そこで、コピーライティングにおける共感の重要性について解説していきます。

共感してくれない人の文章は読みたくない

多くの人が感じることとして、「自分が共感できない人の意見は聞きたくない」というものがあります。そのため、広告での商品オファーで、こちらの常識や考え方を一方的に伝えてしまうと、お客様の反応がものすごく悪くなってしまいます。

このような状況を避けるためには、広告のコピー文章のなかには、お客様の考え方や常識に合わせた内容を含めるようにしましょう。例えば、洗濯機を宣伝する広告のコピー文章を書く場合には、「毎日のお洗濯は大変ですよね」、「家事の負担は少しでも減らしたいですよね」といった内容を含めるようにします。

また、ダイエットサプリメントを販売する場合、その広告のコピー文章に「体重がなかなか落ちないときはつらいですよね」、「運動や食事制限はとても面倒ですよね」などの内容を組み込むようにします。

このような形で、販売者であるこちらの方からお客様に共感する姿勢を示すことで、広告を見たお客様は「この会社(事業主)は、自分の気持ちを理解してくれている」と感じます。これにより、お客様がようやく広告の文章を読み進めてくれるようになります。

相手に共感した後は、こちらに共感してもらうための理念を述べる

販売者側がお客様の考え方に共感することと同じくらい大切なこととして、「こちらの理念(企業理念)を述べて、お客様からの共感を得る」ことがあげられます。

仮に、何らかの商品を販売するにしても、その広告に「私はお金儲けがしたいから、この商品を販売します」と書いてあったらどうでしょうか。この広告を読んだお客様のほとんどが「ふざけるな!」と思い、広告を捨てることでしょう。

その反対に、商品を販売する広告の文章に「当社の洗濯機を活用することにより、お客様の家事負担を半減させたいと考えています」と書かれていたらどうでしょうか。

広告を読んだお客様の多くが「当然のことだけれど、そのように考えること自体は大切だ」と感じてくれるはずです。つまり、お客様自身がこちらの意見に共感してくれるのです。

コピーライティングでは共感ライティングを心がけるべき

このような形で、お客様の共感を得られる文章をコピーライティングに用いることで、さらに高い確率でお客様が広告のコピー文章を読んでくれるようになります。

これに加えて、お客様が「この商品が欲しい!」と感じられるような内容の文章に仕上がっていれば、多くのお客様が宣伝している商品を購入してくれるようになります。

このように、コピーライティングを行う場合には、「お客様に寄り添った内容の文章」と「お客様に理念を語った内容の文章」を含めることが大切です。これによって、お客様は「この広告を読んでみようかな」と思い、広告を読み進めてくれるようになります。

基本的に、人は自分に共感してくれない人の意見を聞きたくありません。そのため、いくらこちらの希望や意見を述べたところで、相手に嫌悪感を抱かれるだけで終わってしまいます。

この状況を避けるためには、まずは相手の考え方を知り、それに共感する姿勢をもつことが大切です。それによって、ようやく相手はこちらの話を聞いてくれるようになるのです。そして、この考え方をしっかりと認識し、自身のコピーライティングに活かすことで、より多くのお客様を惹き付けられる文章が書けるようになります。

コピーライティングでは、正直な気持ちが最も重要

それでは、より共感させる文章を作るためにはどのようにすればいいのでしょうか。広告の文章を書く場合に意識しなければならないこととして、「正直な気持ちでコピーライティングを行う」ことがあげられます。例えば、家族や友人、恋人に対しても堂々と読み上げられるようなものを作るように注力する必要があります。

このことを肝に銘じた上で文章を作らなければ、お客様の信頼が得られず、商品・サービスの売り上げを伸ばすこともできません。そこで、広告の文章を正直な気持ちで書く上で重要となる考え方について解説していきます。

お客様に嘘をついてはならない

広告で商品やサービスを宣伝する場合には、絶対に嘘をつかないように注意する必要があります。例えば、洗濯機を広告で宣伝する場合に、洗濯に必要な水の量が競合他社の製品と変わらないにもかかわらず、「他社のものと比べて少ない水で衣類を洗えます」と書いてはいけません。

また、化粧水を広告で宣伝する場合に、肌荒れを治す効果がないにもかかわらず、「肌荒れのケアに有効成分が働きます」などと記載してはいけません。

こういった嘘は、ほぼ間違いなくお客様に気づかれます。その上、現在ではインターネットが発達しており、企業に関する悪いうわさはネット上の口コミで一気に広がります。その結果、悪いうわさが立った会社の商品(サービス)は売れなくなり、その会社は倒産へと一直線に進むことになります。

このように、商品・サービスを売ることばかりにとらわれて嘘をつくことには、何も良いことがありません。そもそも、他人を騙してお金を稼ぐという行為自体が人として最低です。そのため、たとえどんなに経営が苦しかったとしても、商品・サービスの広告で嘘をつくのは絶対にやめましょう

お客様に隠し事をしてはならない

広告で商品・サービスを宣伝する場合、嘘をつかないことのほかに、もう1つ守るべきことがあります。それは、「商品・サービスに対して不都合な情報を隠さないようにする」ことです。その理由は、お客様は嘘だけでなく隠し事も見抜くからです。

そして、お客様に隠し事が見破られたとき、お客様の信頼を失って商品やサービスが売れなくなってしまいます。そのため、自社で扱う商品・サービスにどれだけ隠したい欠点があったとしても、包み隠さず正直にお客様に伝えなければなりません。

例えば、ダイエットサプリメントを広告で宣伝する場合、競合他社の商品よりも明らかに値段が高ければ、商品紹介の最初で「当社のサプリメントは他社のものよりはお高めですが⋯⋯」と正直に伝えるようにします。

また、掃除機を広告で宣伝する場合、競合他社の製品に比べて消費電力が多い場合には、広告の冒頭で「わが社の掃除機は、他社の製品よりも多くの消費電力が多くかかります」と隠さずに記載します。

このように、商品・サービスがもつ欠点を正直に広告に書くことで、お客様の信頼を得ることができます。しかしこれだけでは、お客様を惹き付けることまではできません。そのため、商品・サービスの不都合な事実を述べた後には、必ず記載すべきことがあります。

欠点を述べた後は、それを上回る長所を書く

広告に商品やサービスにある不都合な情報を載せた場合、それが大したことがない問題だと思わせられるような商品・サービスの価値を示すことが重要です。これによって、ようやくお客様を惹き付けることができるようになります。

先ほどのダイエットサプリメントの例でいえば、「当社のサプリメントは他社のものよりはお高めですが⋯⋯」という文の後に、「他社の商品よりも多くの有効成分をふんだんに含んでおります」と続けます。

また、先ほど述べた掃除機の例でいえば、「わが社の掃除機は、他社の製品よりも多くの消費電力が多くかかります」という言葉の後に、「他社製品に比べて吸引力が強く、短時間で掃除を終わらせることが可能です」と記載します。

このように、お客様に嘘や隠し事をせずに正しいコピー文章を広告に書くことで、お客様の信頼を得ることができます。さらに、商品(サービス)がもつ欠点をかき消せるような長所を書き加えることで、多くのお客様が興味関心を持つようになります。これにより、商品・サービスの売り上げを大きく伸ばすことができます。

また、当然のことですが、後半で取り上げる商品(サービス)の長所の部分でも、絶対に嘘をついてはいけません。必ず本当のことを書かなければ、お客様を裏切ることになり、結果的に会社をつぶすことになります。

そのため、広告に載せる文章は、最初から最後まで嘘偽りないものにするように心がけましょう。そうすれで、より多くの共感を呼べるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認