PAK15_notepenhikkiyougu20140312-thumb-1000xauto-16813

広告で見かけることが多い言葉として、「今世紀における最高傑作です!」、「多くの人が待ち望んでいた商品が登場!」といったものがあります。一見すると、こういった決まり文句は、お客様の注意を向けるのに有効だと思ってしまいがちです。

しかし、これらの常套句をコピー文章に使うことで、むしろお客様が離れてしまう恐れがあります。この場合、調査・リサーチを行うことで魅力的なコピーライティングを行えるようにならなければいけません。

そこで、「広告の文章では、決まり文句を使わない方が良い理由」「常套句を使わず、調査・リサーチを行うことで良いコピー文章を書く方法」について解説していきます。

あからさまな常套句は、お客様の興味を損なわせる

コピー文章では、冒頭であげたようなありきたりな決まり文句を使わない方が良いです。もし、コピーライティングに常套句を使ってしまうと、コピー文章を読んだお客様は「商品に自信がないから、このような決まり文句を用いている」と判断します。

コピーライティングでの常套句としては、例えば「世界に一つだけの……」「待ちに待った待望の……」「世界中が泣いた……」などのようなありふれたフレーズがあります。

これを読んだ瞬間にお客様は広告の文章に対する興味を失くし、実際に広告を読むのをやめてしまう可能性があります。この場合、宣伝している商品やサービスが売れることはまずありません。

このような事態を避けるためには、たとえどんなに書く内容が思いつかなかったとしても、あからさまな常套句を使わないようにすることが大切です。

実際のところ、世の中に出回っている広告には、冒頭であげたような決まり文句が目につきます。このような決まり文句だらけの広告を参考にしてコピー文章を書いてしまうと、知らず知らずのうちに常套句を使ってしまう可能性が高いです。

そのため、他社が出している広告のうち、「どこかで聞いたことがあるような言い回し」が多く目につくものは、できるだけ参考にしないようにしましょう。

また、他社の広告をチェックすること自体は、業界についての知識を深めたり、他社の戦略を知ったりすることなどに有効です。そのため、他社が出している広告を見る場合、コピー文章を参考にするよりかは、他社や業界の動向を探るための情報源にするのが良いでしょう。

常套句を使わなくても、良いコピー文章は書ける

実際のところ、「多くの方が待ち望んだ商品が出ました!」などのありきたりな決まり文句を使わなくても、多くのお客様を惹き付けるコピー文章を作ることは可能です。しかしそのためには、商品とその対象となるお客様についての徹底的なリサーチが必要となります。

商品について調査する場合には、商品の開発者に取材をし、商品がもつ特徴や利点などについて聞いていきます。さらに、実際に自分で商品を試し、そのとき感じたことや商品使用時に発見した応用法などをメモしていきます。

一方、商品のターゲットとなるお客様についてリサーチする場合には、実際に対象となるお客様に話を聞きましょう。具体的には、モニター募集で商品の感想を聞いたり、アンケートを取ったりします。

これらのリサーチを行うことで、常套句を使う必要もないほどの情報を仕入れることができます。これをコピー文章に活用していくことで、反応率の高い文章を作ることができます。

また、コピー文章を書く際には、ストーリーの要素を取り入れるのが効果的です。ストーリー仕立てのコピー文章にすることで、お客様を惹き付けやすくなるからです。例えば、自分が商品を見たときや使ったときなどの状況をコピー文章に組み込むのです。これにより、広告の効果をさらに高めることができます。

広告で使うコピー作成において、自分の考えは当たらない

それでは、なぜコピーライティングでは調査・リサーチが必要になるのでしょうか。それは、「自分の考えは当たらない」からです。つまり、「自分の考え方だけで作ったコピーは、絶対にお客様を惹き付けられない」と考えなければなりません。

もし、「自分の考え方は絶対に正しい」と思って広告のコピーを作成すると、ほぼ間違いなく反応が取れない広告が完成されます。さらに、自分の考えだけで作成した広告に大金をつぎ込んでしまった場合、大きく損をしてしまう可能性があります。

このような状態に陥らないため、たとえどんなに自分の文章に自信があったとしても、「自分の考えていることは当たらない」という考え方を忘れないようにする必要があります。

そこで、このことを理解した上で、「どのようなことを実践すれば、お客様を惹き付ける文章が作成できるのか」について解説していきます。

ターゲットとなるお客様を理解する

反応が取れる広告にするためのコピーを書く場合、その広告で宣伝する商品・サービスの対象となるお客様について、徹底的に調査することが必要です。

具体的な方法としては、商品(サービス)のモニター募集を行って、商品・サービスについての意見を聞くことがあげられます。また、ネット上の質問掲示板で、商品・サービスに関連する質問を集めていくことも良いでしょう。

このような方法を取ることで、商品・サービスのターゲットとなるお客様に関する情報を集めることができます。さらに、お客様が普段持っている考え方や悩みなどを理解することができます。そして、これらの情報を広告でのコピーの作成に活用することで、よりお客様の反応を得やすい文章を作ることができます。

もちろん、コピーを作成する場合には、その文章に用いるお客様の悩みに対して、紹介する商品・サービスが解決策となることが重要になります。「多くのお客様がこのような悩みをもっていますが、この商品(サービス)では解決できません」となってしまっては、お客様は興味を失くして去ってしまいます。

そのため、ターゲットとなるお客様の悩みを広告に活用する場合には、紹介する商品・サービスで解決することが可能な物だけに絞って取り上げるようにしましょう。

作成した広告は、小さくテストする

広告を打ち出す際にありがちが間違いとして、「最初から高い広告費を投下すること」があげられます。確かに、すでに効果が得られた広告であれば、広告費を多くつぎ込んでもいいかもしれません。

しかし、広告の効果を確認できていないときから高額な広告費を投下してしまうと、銀行からの借り入れを返せないなど、取り返しのつかないことになる恐れがあります

そのため、作ったばかりで効果が分からない広告を打ち出す場合、ぜひとも小さくテストするようにしてください。そして、何度か少額で広告を出していくうちに、成約率上昇による効果が広告費を上回ることが確認できたときに、ようやく大金を投下するようにします。

この方法であれば、少ないリスクで広告の効果を確認することができます。そして、広告の効果が低いことが判明したときには、「商品・サービスのターゲットとなるお客様の悩みや意見をさらに大量に集め、それらの情報を広告のコピーに可能な限り反映させていく」などの改善策を取ります。

こういった地道な努力を続けることで、作成している広告は、お客様を惹き付ける良い広告へと少しずつ変わっていきます。

このように、広告のコピーを作成する場合には、「自分の考えは絶対に当たらない」と考えることが大切です。その上で、広告で紹介する商品・サービスの対象となるお客様について徹底的にリサーチを行い、そのとき得た情報を、広告作成に活かす必要があります。これによって、ようやくお客様の反応が得られる広告を作ることができます。

また、このような「自分の考え方は絶対に当たらない」、「お客様のことを理解しよう」という考え方は、ビジネスを加速させる上で極めて重要な考え方になります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認