concept

私はウェブサイトを基盤としたコンサルティング会社ですが、その中でも特にこだわっている3つのポイントについて解説します。

1.  クライアントに成果を出させることに注力する

「クライアントに圧倒的な成果を出させる」といえば、当たり前のように聞こえるでしょうか。ただ、実際のところ世の中に存在するウェブ会社のほとんどは、クライアントの売上に貢献しないサイトやブログばかりを作成します。

例えば私のところには、「100万円や150万円ほどお金をかけてきれいなサイトを作成したものの、そこからお問い合わせがまったくない」という会社から何度も相談を受けたことがあります。これは当然のことであり、サイト制作を行っている会社の多くは「集客」の技術をもっていないからです。いくらキレイなデザインのウェブ媒体を作ったとしても、それだけではお客様から問い合わせはきません。

そのため、まずはウェブサイトに莫大なアクセスを集めなければいけません。そのための方法や考え方について、すべて私が指導を行います。具体的には、「訪問者にとって有益な記事(コンテンツ)の作り方」をアドバイスします。これをするだけで、莫大なアクセスが集まるようになります。

ただ、アクセスだけが集まっても無意味です。そこから、問い合わせがなければいけません。コンテンツを読んだお客様が「この会社に仕事を依頼したい」と考え、問い合わせをしなければ売上には結びつかないのです。

そこで、電話やメールフォームへの記入など、お客様が問い合わせするための導線を考える必要があります。これをコピーライティングといいますが、これを完璧にこなすためには何年もの修行が必要です。そこで、コピーライティング(お客様を成約させるための導線)については、すべてこちら側が行います。

そのため、あなたが行うべきことはコンテンツの作成だけです。これさえ行ってもらえれば、1年後には大量の集客を行えるようになるため、自動で収益が膨らむシステムを構築できるようになります。

なお、特定の地域で活動している方であっても、問題なく集客可能です。むしろ、地域密着型ビジネスの方が集客しやすいため、地元で活動してる人の方が効果的な仕組みを作ることができます。

2. ビジネスモデルの組み換え

このように、「集客の仕組み」と「コピーライティング(お客様を成約させるための導線)」までを行うため、これだけでも圧倒的な成果を出すことができます。

ただ、それだけでは不十分だと考えています。多くの法人をコンサルティングする中で、いまよりも大きく稼げる可能性が高いにも関わらず、それらを実践していない方が多いことに気がついたからです。

実際、お客様はたくさんいて集客には困っていないにも関わらず、忙しく動き回っているだけで収入がまったく増えない人は多いです。これは、一人の人間がフォローできるお客様の数が限られているため、売上が天井打ちになるからです。また、単価が安いためにいくら従業員を増やしても利益がでないようなビジネスモデルの会社もたくさん見てきました。

高利益率のビジネスを創出するためには、顧客単価を上げ、さらには一人の人間が何百人、何千人というお客様をフォローできるような仕組み作りをしなければいけません。こうしたシステムを構築することで、ようやく収益が青天井になります。

ほとんどの企業が稼げていないのは、ビジネスモデルを戦略的に考えていないからです。そこで、高利益率のビジネスを生み出すため、ビジネスモデルの組み換えまで支援します。単なる集客支援ではなく、圧倒的に稼げるビジネスモデルの提案まで含めてコンサルティングを行います。

なお、このときは「誰からも感謝されるサイト」を構築することになります。

ネットビジネス系では非常に内容が怪しかったり、人を騙すグレーな手法が横行しています。そうではなく、真っ当なビジネスだけを行うことでお客様から感謝されながらビジネスを行える状態に仕上げます。

3. マスコミまで活用

お客様が勝手にファンになって問い合わせをしてくれるようになり、儲かるビジネスモデルを構築した後は次のステップへと移行します。具体的には、大手マスコミを活用することで、あなたのビジネスをさらに加速させます。

このときに最も効果的な手法としては、書籍出版があります。一冊の本を出し、その本を売って適切なPRをしていけば、テレビや新聞社、週刊誌など誰もが知っている媒体から取材依頼が勝手に来るようになります。実際、私はその手法によって大手マスコミから取材を受けるようになりました。そしてこの手法は、他のクライアントでも同様に通用する手法であることを確認済みです。

ただ、分野によっては出版が難しいケースもあります。その場合、プレスリリースなどによってマスコミに掲載してもらいます。この場合、大手マスコミというよりも特定の業界に特化した新聞や週刊誌に掲載してもらう場合が多いです。

業界紙であったとしても、新聞や雑誌という権威ある媒体であることには変わりありません。しかも、広告代を払っての掲載ではなく、相手側から「ぜひとも取材をお願いします」と言われながらの掲載であるため、お客様に対しても大きなアピールになります。

そして、これをきっかけにさらなる戦略を練っていけば、大手マスコミからも取材を受けることが十分に可能になります。ここから新規顧客を増やしていったり、新たな取引先を増やしたりと戦略的にビジネスを展開していくことで、収益の拡大をさらに加速させるのです。

このように、ウェブサイトを基盤にして効果的にビジネスを動かしていけば、高単価なお客様の大量集客を行いながら大手マスコミを動かし、さらにビジネスを拡大させていけるようになります。

ここまで行えるコンサルティング会社は他に存在しませんが、「クライアント側の努力」と「当社のコンサルティング」が組み合わさることで新ビジネスが創出されます。

もちろん、行動しなければ大きな成果を出すことはできません。そのため、本気でビジネスに取り組みたい方だけ問い合わせをしてください。