フリーランスなど、個人でビジネスを行っている人が必ず行わなければいけない作業として「記帳」があります。相手先から報酬が支払われたとき、また文房具を購入して経費で落とすときなど、表計算ソフトなどを活用して記録を残していかなければいけません。

これらの作業を行っていき、1年が経過すると立派な帳簿ができあがります。しかし、帳簿を作って終わりではありません。そこから損益計算書を作成する作業が待っています。

青色申告の場合は損益計算書であり、白色申告の場合は収支内訳書という名前になります。

損益計算書の作成がゴールである

帳簿を作ったとしても、それだけを見ても「1年の間にどれだけ稼いだのか」が分かりにくいです。いくらの売上があり、どのような経費が多いのかを一目で判断できません。その年の利益(稼いだ額)を帳簿だけで判断するのは難しいのです。

もちろん、帳簿を一つずつ確認していけば計算できます。しかし、税務署の職員がすべての帳簿に目を通し、確認していくのは現実的ではありません。

確定申告というちょっとした作業であっても、税務署が毎年のように大混乱するくらいです。ここに帳簿の確認作業まで加わると、職員が何人いても足りません。これを解消するため、「1年で稼いだ額を明確にした書類」を提出します。これが損益計算書です。

青色申告であっても、白色申告であっても、記帳をしなければいけません。日々の記帳は損益計算書(収支内訳書)を作るための準備だと思ってください。

税務調査のときは帳簿まで確認されますが、確定申告で帳簿を提出するわけではありません。あくまでも実際に提出するのは、帳簿の内容を簡潔にまとめた損益計算書です。

帳簿を活用して損益計算書を作る

実際に提出しないのであれば、「わざわざ毎日記帳をして、帳簿を作る意味はないのでは」と思う方もいるでしょう。ただ、そのようなことはなく、損益計算書の作成に帳簿が活躍します。

商品の仕入れなどが発生する個人商店であれば、「店に残っている商品の数を1つずつメモする」「商品を棚卸資産にする」「減価償却や未払い金を処理する」など、あらゆる面倒な作業が待ち構えています。

一方、商品の仕入れのないフリーランスであれば、損益計算書の作成はそこまで難しくありません。私が法人化を行う前、フリーランスで活躍していたときも数時間の作業で損益計算書を作っていました。

損益計算書の作りとしては、まず表計算ソフトに記入されている項目の中から「売上」に該当する項目を抜き出します。これをすべて足し合わせたものが、その年の売上です。

次に、そこから「経費」を差し引きます。広告宣伝費や新聞図書費、雑費などの経費を売上から引くと、利益がでてきます。「売上 - 経費 = 利益」という計算であるため、確定申告を行うための準備は「売上」と「経費」を算出するだけで問題ありません。

もちろん、これでは内容が大雑把すぎます。そこで、経費は「勘定科目ごとに集計する」という作業を行います。勘定科目とは、経費の項目を指します。経費の種類によって、旅費交通費や広告宣伝費などに分けられます。これらをそれぞれ勘定科目といいます。

勘定科目の集計を行うとき、表計算ソフトで「特定の勘定科目だけを抜き出す」という作業をすれば、1つの勘定科目を調べるのに5秒もかからないはずです。

つまり、「売上」と「勘定科目ごとの経費」を算出し、それらを当てはめていけば数時間の作業で損益計算書ができあがります。国税庁のホームページに行けば、損益計算書を作成するためのページが公開されています。ここにメモした数字を入力するだけで、確定申告に必要な書類を作成できます。

ちなみに、前もって損益計算書などの書類を作っていれば、確定申告は5分で終わります。会場ではかなりの人が並んでいますが、それらは「確定申告書類の作成方法が分かっていない人たち」です。会場で確定申告用の書類を作ろうとしており、税務職員と相談しながら悪戦苦闘しているにすぎません。

既に必要な書類を作成してプリントいる人であれば、確定申告の会場で並んでいる人を無視して前に進み、税務署員に書類を提出してすべてが終わります。

このような事実を知れば、確定申告をそこまで複雑に考える必要はありません。仕入れが発生し、大きな資産を抱えながらビジネスを行う個人事業主にとっては憂鬱な確定申告ですが、フリーランスであれば確定申告の作業はすぐに終わらせることができます。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認