koritu

在庫管理を行っていく上で、在庫の効率性を考えることは大切です。在庫の効率性は、在庫の回転率や在庫金額に対する利益などによって判断することができます。

在庫回転率は、一定期間に在庫が回転した数を示すものであり、回数が多いほど効率性は高いといえます。

その一方で、在庫金額に対する利益は、「総利益 / 在庫高」によって算出され、「GMROI(Gross Margin Return On Inventory Investment)」呼ばれます。GMROIの値が大きいほど、少ない在庫で大きな利益を生み出していることになります。

在庫を管理するときには、こうした在庫の効率性を表す指標を把握して分析することが重要です。

そこで今回は、「在庫の効率性を図る指標」について解説します。

在庫回転率

在庫管理を行う上で、「一定期間に在庫が何回転しているのか?」ということを理解することは大切です。在庫の入れ替わりを把握しておくことで、どれほど在庫が効率的に活用されているのかがわかります。

こうした在庫の入れ替わりを数値化したものを、「在庫回転率」といいます。在庫回転率は、「売上高 ÷ 在庫高」で算出されます。当然ながら、在庫回転率(回)が多いほど、在庫の入れ替わりが激しく、効率性が高いことになります。

例えば、1年における在庫回転率が3回の会社と1回の会社では、前者の方が在庫の効率性が高いことになります。在庫回転率が3回ということは、「在庫の中が1年で3回入れ替わった」ということです。

その一方で、在庫回転率が1回であれば、年に一回しか在庫の中身が変化していないことになります。そうなると、当然ながら在庫には劣化が進んでしまったり、時期外れになってしまったりして、価値が低くなってしまう商品が多くなります。

その結果、処分することになる在庫、いわゆる「死在庫」と呼ばれるものが増えます。つまり、購入したり製作したりしたものの、販売できずに無駄になる在庫がたくさん出ることになります。

このように、在庫回転率を把握することで、在庫高の効率性を計ることができるようになります。

さらに、在庫回転率を知ることで、規模が違う会社の効率性を比較することができます。例えば、売上高が1億円であるA社と、5000万円であるB社があるとします。売上高はA社の方が高いですが、在庫回転率はA社が2回、B社が4回となっています。

一見すると、売上高が高いA社の方が効率よく事業を行っているように見えますが、実際にはB社の方が断然効率的です。

以上のように、在庫回転率を算出することで、自社や他社の状況を分析することができるようになります、

GMROI

在庫回転率は、在庫の効率性を計る一つの目安になります。また、在庫の効率性を検討する指標として「GMROI」があります。GMROIとは、「Gross Margin Return On Inventory Investment」の略であり、在庫金額に対する売上の総利益の割合を表す数値です。

具体的には、GMROIは「売上総利益 ÷ 在庫高」によって算出されます。GMROIの値が大きいほど、少ない在庫で大きな利益を出していることになるため、在庫の効率性が高いといえます。

例えば、売上総利益が6000万円のA社と、3000万円のB社が存在するとします。そして、それぞれの在庫高はA社が4000万円、B社が1000万円である場合、GMROIはA社が1.5、B社が3.0になります。つまり、売上はA社が大きいですが、在庫の効率性はB社が断然高いといえます。

このように、GMROIを算出することで、利益という視点から在庫の効率性を計ることができるようになります。

在庫品目ごとに効率性を分析する

在庫回転率やGMROIの数値を出すことで、会社全体における在庫の効率性を確認することができます。ただ、在庫回転率とGMROIは、会社全体で見比べるだけでは、在庫の効率性を改善することにつながりません。

例えば、会社全体の在庫回転率が悪かったとしても、「在庫のどの品目の回転が悪いのか?」ということがわからなければ、在庫回転率を上げるための対策を立てることができません。GMROIも同様であり、品目ごとに分析することで、はじめて在庫の効率性を高めるための改善策が見えてくるようになります

ここで、具体的な例を挙げながら品目ごとに効率性を分析する方法を記します。

  商品A 商品B
売上高(万円) 3000 2000
売上総利益(万円) 1900 1200
在庫高(万円) 1100 600
在庫回転率(回) 2.7 3.3
GMROI 1.7 2.0

例えば、あなたの会社が以上のような状況だったとします。

この場合、商品Aの売上高、売上総利益ともに商品Bよりも高いです。ただ、在庫回転率とGMROIは共にBよりも低くなっています。そのため、商品Aは、改善策を立てるか、もしくは販売を減らしていくことを検討すべき商品だといえます。

その一方で、商品Bは、在庫回転率、GMROIともに高い値となっています。そのため、もっと商品Bの売上を伸ばすことで、全体の効率性を高めることになります。

このように、品目ごとに在庫の効率性を分析することで、今後の方向性を明確にすることができるようになります。また、品目別だけでなく、地域や支店、顧客、倉庫などの項目で分けることも、在庫管理を行っていく上で重要になります。

今回述べたように、在庫管理を行う際に、在庫回転率とGMROIを把握することで、在庫の効率性を計ることができます。そして、さらに品目などの項目別の在庫回転率とGMROIを算出して比較すると、在庫の効率性を高めていくための明確な対策を立てることができるようになります。

ぜひ、こうした在庫の効率性を活用して、効果的な在庫管理を行うように意識してください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認