これからビジネスを始めるとなると、なぜか多くの人は会社を立ち上げようとします。実際、私のところには「最初に法人化させた方がいいですよね」という内容のメールがたくさん来ます。

断言できますが、最初に会社設立(法人化)をしようとするほど失敗します。ビジネスではリスクが少ないほどいいため、必ず個人事業主から始めてください。

ビジネスは個人事業主から

私の話をすると、個人事業主だったときから月収400万円を超す月がありました。ほぼ利益であったため、それなりの額だと思います。

ただし、これだけの利益が出るようになると、税金も莫大になります。現在では私も法人化していますが、稼ぎの額から考えて税金が高すぎてしまうため、仕方なく会社組織にしたというだけです。そのままで問題ないのであれば、法人化していませんでした。

要は、個人事業主であっても、方法によってはいくらでも稼げるということです。

多分、周りの人に聞くと「最初に法人化した方が良い」と間違いなく言うでしょう。自分が実際にビジネスをしたことがないにも関わらずです。

書店に行っても同様であり、本屋には「会社組織のあり方」「節税方法の極意」などの本が溢れています。これらの本を参考にしてもいいですが、稼げるようになった後にしてください。

そもそも、法人化するだけで40万円程度のお金が必要になります。これだけのお金があれば、少なくともネットビジネスであれば必ず成功できてしまいます。お金もリスクも最小限で済むからです。努力は最大限に必要ですが、リアル店舗を行うビジネスに比べてば、かなり楽ができます。

多くの人は世の中の常識に捉われがちです。会社というのは、単なる「形」にすぎません。法人化すれば、無条件で多くの人があなたの会社を信頼してくれるようになり、お金を支払ってくれるとは考えにくいのです。

結局のところ、ビジネスでは実績が全てなのです。私が個人事業主だったとき、ゼロから実績を積み重ね、普通のサラリーマンでは考えられないであろう額を生み出せるまでになりました。実績があれば、個人事業主であろうと法人であろうと関係ないのです。

法人でも、実績がなければ一つも稼げません。しかし、個人事業主であっても、実績さえあればいくらでも稼げます。ただ、稼ぎすぎたら税金が大きくなるため、どこかの時点で法人化しましょうというだけです。

なぜ法人化しなくても稼げるのか

このように言っても、法人化を試みようとする人は多いです。実際、私のところへ質問をする人の中に、「会社でないと取引ができないと断られた」と言ってきた人がいました。そのため、法人化しなければビジネスも何もできないという理論です。

ただ、何度も言うように個人事業主で問題ありません。私は法人化する前から経営コンサルタントとして企業へアドバイスしていましたし、多くの社長と会って取引をしていました。こうした自分の現状を見ると、法人化しなくても企業と組むことでさえ可能です。

具体的に何をすれば良いかというと、「断られないオファー」を企業へするだけです。

多くの人は、「この商品を買ってください」「自分の商品を置いてください」と頼もうとします。ここに、稼げない理由があります。あなたも、信頼関係ができていない人からこのようなオファーをされると、嫌な気持ちしかしないはずです。

そこで私の場合、「御社にお客様を紹介します」というオファーをしました。私が集客を行ってお客様を連れてくるので、「成果報酬でその対価をください」ということです。

お客様を紹介するということは、相手企業は儲かることを意味します。そのような人の申し出を断る頭の悪い企業はいないため、むしろ相手から身を乗り出して話を聞いてくれます。こうして、個人事業主でありながら、私は企業と組んで仕事をするようになりました。

実際にお客様を何度も紹介していくと、相手企業は私のことを「集客の専門家」と思ってくれます。これによって、さらに企業との親密性が増していきます。

ビジネスができない人は「言い訳の天才」です。「法人でないとビジネスでの取引できない」「会社にしないと信頼してくれない」と平気で言い始めます。ただ、方法によってはリスクを最小にしながら、個人事業主のままで莫大な利益を出すことができます。

最初に「何十万円ものお金を支払って法人化する」という無駄な作業を行うくらいであれば、個人事業主としてそのお金を必要な場所に投資してください。考え方を少し変えるだけで、ビジネスで成功しやすくなります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録