buturyu

会社でコスト削減(コストカット、経費削減)を行う上で、運送費や輸送費といった物流費は見逃しやすい項目です。

物流費には、原材料を工場に届ける際トや、完成した商品を販売店やお客様に届けるときなどに発生します。また、それに伴って必要となる仕分け作業や荷役作業費なども物流費に含まれます。

こうした原材料や商品の運搬に関わる物流費を見直すことができれば、会社の経費を大きく削減することにつながります。

そこで今回は、「物流費に対するコスト削減の注意点と方法」について解説します。

物流コストを削減する際の注意点

物流費について考える際には、あなたが想像している以上にさまざまなことを考慮しなければいけません。一言で物流費といっても、運送費や保管費、荷役費、流通加工費など、多くの要素が含まれます。

また、物流費が発生する場面に関しても、原料を調達するときや作った商品を販売するときなど、いくつかのシーンがあります。

このように、物流費によるコスト削減を実践するためには、物流費について多面的な視点から考えていかなければいけません。そうした中でも、特に物流コストをカットする際に注意すべき点について、以下に記します。

物流費のブラックボックス化

物流費を管理する際、「物流部門」によって全ての物流業務を把握しているような会社は少ないです。基本的には、それぞれの部署で物流費をコントロールしています。

例えば、営業部でかかった物流費は営業部内で管理し、システム開発部で使った物流コストはシステム開発部内だけで把握しているような状況です。そして、それぞれの物流費を合計したものが、最終的な物流費として計算されます。

つまり、それぞれの部署でかかった運送費などは、各部署によってコントロールされているのです。そのため、物流費を会社単位で一元管理できずに、無駄なコストがかかっているケースがほとんどです。

そして、物流費としてかかる具体的な業務内容は、受託元(委託先)でしかわかりません。具体的には、運送は運送会社へ、保管などは倉庫会社へ業務を委託しています。

そうした際に、実際に物流費として計算されている業務に関しては、受託元に依存しているため、「ブラックボックス化」してしまっているのが現状です。業務委託した先が、随時物流費を見直して管理してくれれば問題ありません。ただ、そうした契約内容の調整を行ってくれる会社はほとんどありません。

そのため、自社で管理していればコストカットできるようなことであっても、全面委託によって見逃されてしまう場合が多くあります。

例えば、倉庫で在庫管理を行っている会社で、物流量が少なくなったとします。その際に、自社で倉庫内の在庫を管理していれば、物流量の変化に合わせて倉庫の大きさを見直すことができます。そして、そのことがコストカットにつながります。

その一方で、物流量の減少にも関わらず倉庫の管理を倉庫会社に業務委託をしていると、そのままの契約で継続してしまうことになります。つまり、無駄なコストをそのまま支払い続けることになります。

このように物流費は、具体的な業務内容が委託先にしか把握できずにブラックボックス化してしまいがちになるということに注意しなければいけません。

発注先の分散(地域による価格差)

全国へ展開している会社であれば、地域ごとに物流を管理しているところがほとんどです。そして、物流管理を発注する業者先は、それぞれ地域ごとに独自で判断・決定している会社が多いです。その結果、必然的に発注先が分散化されることになります。そうなると、各地域によって発注先ごとの価格差が生じるケースも少なくありません。

例えば、同じ量で同じ商品を配送するにしても、東京でA社に依頼するのと福岡でB社に委託するのでは、かかるコストが大きく異なることになります。

このように、物流費によるコスト削減を考える際には、発注先の分散の分散による価格差が生じることに注意する必要があります。

多重構造

物流費を考える上では、運送業界の多重構造化について理解しておかなければいけません。

多重構造化とは、「運送会社の多くが大手の運送会社の下請けとして荷物を運んでいる」というように、直接荷主との取引がないような状態になっていることをいいます。

つまり、元請の会社との間に、下請けの会社が入っているケースがほとんどなのです。当然ながら、中間業者が入るほど物流費としてかかるコストは高くなります

例えば、実際に運送を行うのは下請け業者ですが、元請会社にも手数料が発生するため、その分はプラスして請求されます。

このように、運送業界は多重構造になっているため、物流費として請求されている金額の内訳があいまいになりがちです。物流費のコスト削減について考える際には、こうした問題についても注意しなければいけません。

物流費削減の方法

物流費の削減を図る上で、まずは現在物流費としてかかっている「コスト構造」を知る必要があります。つまり、コストを構成している要素について考えなければいけません。そして、現状を把握した上でコストカットできる箇所を検討します。

例として、チャータートラックを利用して配送を行っている場合、車両単価として、「車両調達費」や「人件費」「燃料費・高速料金」「修理費」などが構成要素として存在します。さらに、車両単価に加えて、人員や車両の拘束時間や便数も考慮しなければいけません。

このように、コスト構造を把握した上で、それぞれの要素に関してコスト削減を検討していきます。

例えば、人件費について考える際には、「仕事に内容に見合った人件費単価となっているか?」「仕事量に合った人数であるか?」というようなことを見直します。

また、在庫などの保管にかかる物流費の場合であれば、保管場所のスペース代に加えて、管理に必要な人件費、水道電気ガスなどの光熱費などについて検討しなければいけません。

このように、一言で物流費といっても、構成されている要素に分解することでさまざまな視点からコスト削減について考えることができるようになります。そうすることで、具体的なコスト削減ポイントが見つかりやすくなり、効率的な物流費のカットにつながります。

今回述べたように、物流費によるコストカットを考える際には、まずは物流コストに関して起こりやすい問題について知っておくことが大切です。そのことを踏まえた上で、それぞれの構成要素ごとに分類してコスト削減を検討していくと、スムーズに物流コストを抑えることができるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認