個人事業主の場合、その年の利益額を報告するために確定申告を行います。確定申告で提出した額に応じて、税金が決まります。

ただ、その年に稼いだ利益すべてに対して税金を課せられるわけではありません。人によっては、いくらか控除された上で税金を納めます。どうせならば、納める税金は少ないほど良いです。このような節税の中でも、青色申告の65万円控除は最も一般的です。

青色申告には種類がある

確定申告では、白色申告か青色申告を選択しなければいけません。白色申告は「税金の控除がない」など、メリットが一つもないので必ず青色申告を行うようにしてください。

青色申告には「10万円控除」と「65万円控除」の2種類があります。10万円控除であれば、単式簿記という家計簿をつけるような感じで行えばすみます。そのため、記帳をしたことのない初心者であっても、誰でも簡単に記帳作業を始めることができます。

税率が最も安い15%(所得税5% + 住民税10%)で考えると、「10万円 × 0.15 = 1万5,000円」だけ余分な税金を納めなくてすみます。かなりの額を稼いで税率がもっと上がるようであれば、節税できる額はさらに上がります。

一方、中には65万円控除に挑戦する方もいます。この場合、「65万円 × 0.15 = 9万7,500円」の節税が可能です。10万円控除と比べると、8万2,500円も節税額に差があります。

ただし、65万円控除の青色申告を目指そうとすると、ハードルはかなり高くなります。家計簿のような記帳方法ではなく、複式簿記という記帳をしなければいけないからです。簿記3級くらいの知識をもっていない限り、複式簿記で行うのば厳しいと思ってください。

そうはいっても、ビジネスを動かして拡大しようと考えている人であれば、簿記3級の知識は必須です。将来の勉強だと思い、複式簿記を選択するのも考え方の1つです。現在では複式簿記を行うための会計ソフトがあるため、これを購入して記帳を行うのが普通です。

前述の通り、10万円控除と65万円控除を比べると、節税額の差は8万2,500円(税率15%の場合)です。ただ、記帳作業に追われてビジネスが滞ることも考え、作業の煩雑さを見極めた上で費用対効果を考えながら選択してください。

以下に10万円控除と65万控除を行うときの記帳イメージを記します。

※青色申告(10万円控除)のイメージ

日付 摘要 収入 支出 残高
前月繰越 20,000円
1/3 A社からの売上入金 50,000円 70,000円
1/10 新聞図書費 10,000円 60,000円
1/13 旅費交通費 40,000円 20,000円
1/17 B社からの売上入金 20,000円 40,000円
1/23 サーバー管理費 10,000円 50,000円
…… ……

※青色申告(65万円控除)のイメージ

日付 摘要 借方

貸方

1/3 A社からの売上入金 普通預金(50,000円)  売上(50,000円)
1/10 新聞図書費 新聞図書費(10,000円) 事業主借(10,000円)
1/13 旅費交通費 旅費交通費(40,000円) 未払金(40,000円)
1/17 B社からの売上入金 普通預金(20,000円) 売上(20,000円)
1/23 サーバー管理費  通信費(10,000円) 普通預金(10,000円)
……  ……  ……

65万円控除では、このように一般人から見れば何のことだか分かりにくい記帳を行っていきます。逆に言えば、これを理解できれば大きな節税が可能です。65万円控除の青色申告では、貸借対照表の提出も求められますが、これらの記帳をしっかり行えば後は会計ソフトが全部計算してくれます。

ちなみに、ビジネスを動かして稼いでいる人であっても、簿記の概念を理解している人は少数です。稼げるようになって法人化を行い、税理士と話を行うときも「未払金?」「発生主義?」というレベルです。

複式簿記は難しいことは確かですが、たかだか簿記3級レベルです。個人で小さくビジネスを行っていこうと考えているフリーランスであれば、10万円控除でも問題ありません。ただ、さらに稼いでビジネスを拡大していきたいのであれば、複式簿記を行える能力は必須です。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録