フリーランスを始める前に

フリーランスに自由はなく、全責任を負う:ノマドスタイルの嘘

フリーランス側が契約書を用意し、対等な立場で話を行う

税金とは一体何者なのか:累進課税制度と課税所得

白色申告(しろしん)と青色申告(あおしん)の違いを理解する

個人事業主の税金を学ぶ:所得税、住民税、事業税、消費税

フリーランスで重要な医療保険とは:健康保険と国民健康保険

フリーランスで重要な年金保険とは:厚生年金と国民年金

個人事業主からのスタート

税引き前の金を手にする素晴らしさを理解する

最初に法人化をすれば失敗する:ビジネスは個人事業主から

フリーランスとしてビジネスを始めるため、まずは税務署へ行く

個人事業主にとって、領収書は15%を払い戻せる金券である

フリーランスによる消費税の計算法:広告、アフィリエイトなど

個人事業主と法人での節税対策の違い

経費による節税術

ビジネスで必要な会計は「経費」を学ぶことである

「何でも経費で落とせる」という概念を理解する

生活を支える代わりに給料を抑えると、会社も従業員も得をする

コンサートチケットやスポーツクラブ会員費を経費で落とす方法

資格や英語学習など、勉強費用を経費で落とす方法

車を購入して経費で落とす方法

経費精算のとき、必ずしも領収書は必要ない:レシートでもOK

確定申告の準備をする

記帳作業は簡単であり、勘定科目は間違えても問題ない

固定資産と減価償却を理解する

確定申告では、損益計算書(収支内訳書)が必要になる

青色申告の「65万円控除」を目指すには

有能なフリーランスは事業主貸、事業主借を有効活用する

青色申告のメリットとは:青色専従者給与、純損失の繰越控除

会社への税務調査の注意点と適切な申告の重要性

法人化の基本

個人事業主が法人化で節税する「利益50万」の分岐点

固定電話を設置せず、携帯(IP電話)で新たな番号を取得する

会社設立1ヶ月で新規に法人クレジットカードを作成するには

フリーランスが会社設立(法人化)を行う3つの手順

法人化による税理士の選び方と税理士活用のメリット

法人化による節税:役員報酬を駆使する

法人保険(経営者保険、生命保険)で退職金を作る:法人の節税

税金の基礎知識

税金の制度を知り、税金前のお金を保有する利点を学ぶ

白色申告と青色申告を理解し、65万円控除を活用する

法人では節税方法が多く、アイディアの数だけ対策できる

確定申告の準備

確定申告に必要な書類を用意し、税務調査へ備えるには

確定申告での記帳方法を学び、損益計算書を作るには

節税について理解する

個人事業者に関わる税金の種類:所得税、住民税、事業税、消費税

個人事業主が知るべき医療保険と年金保険

個人事業者が理解すべき領収書と青色申告の活用法

「あらゆるものが経費に計上できる」ことの本当の意味を理解する

法人化と法人での経費・節税対策

個人事業主が法人化(会社設立)を行う方法とその注意点

個人事業主が法人化するべきタイミングとメリット・デメリット

中小企業経営者が理解すべき銀行との付き合い方

中小企業経営者が経理担当者を決めるときの注意点

中小企業経営者が理解すべき税理士の実態と選び方

経営者が役員報酬と役員退職金を調整して節税する方法

コスト削減に必要な思考

経営者だけでなく社員全員がコスト削減を意識すべき理由

コスト削減を実行するときの経営者・担当者が持つべき視点

家庭の節約方法を学び、会社の経費削減に応用する

コスト削減を行う具体的な方法

会社のコスト削減を成功させるための具体的なステップ

・ ビジネスでコスト削減に対する基本的な考え方

・ 広告・宣伝費を見直して会社のコスト削減を図る方法

・ 労務管理・人員削減で人件費を抑えて会社のコスト削減を図る方法

テナント代・土地代を安くしてコストを削減するためのアイデア

変動費によってコスト削減を行う具体的な方法

水道光熱費(電気・ガス・水道)を安くしてコスト削減を図る方法

仕入れ・外注費を管理してコストカットを図る方法

物流費(運送費、輸送費)に対するコスト削減の注意点と方法

コスト削減に伴って生じる起こる問題を防ぐ

コスト削減によって起こる商品・サービスの品質低下を防ぐ方法

従業員のやる気を下げずにコスト削減を行うためのアイデア

在庫管理によってコスト削減を図る方法

在庫管理を行うべき理由と在庫管理の基本的な3ステップ

会社のコストカットにつながる「在庫管理の基礎」

在庫が引き起こす問題:運転資金、廃却・欠品

在庫管理に必要なデータと在庫管理の指標

在庫の管理・廃却時にかかる費用

在庫の効率性を図る指標:在庫回転率、GMROI

業種別の在庫管理に対する考え方と販売戦略

コスト削減のための応用的なアイディア

コスト削減を成功させるために視覚化すべき6つのポイント

仕入れ先と交渉してコストダウンを図る方法

見落としやすい経費削減ポイント:福利厚生費、会議費、諸会費

外注(アウトソージング)を使い、効率的にコスト削減する方法