eeee8

世の中には、自身の業界で圧倒的な成果を出す「優秀なビジネスマン」と呼ばれる人が存在します。そして、「優秀なビジネスマン」と呼ばれる人の多くは、即断即決でビジネスを動かしています。

このような人のことを知ったとき、「自分はこの人のようにはなれない」「自分には才能がないから無理だ」と考えてしまう人は少なくありません。

しかし、「優秀なビジネスマン」に当てはまっていない人であったとしても、適切な努力を続けることで「即断即決ができる優秀なビジネスマン」に変わることができます。

そこで今回は、即断即決ができる優秀なビジネスマンに共通するポイントを解説し、そこからどのようにして意思決定を素早くすればいいのかについて確認していきます。

即断即決ができる人の共通点

それでは、このような人たちが即断即決で物事を進められるのは、一体なぜなのでしょうか。それは、優秀なビジネスマンの多くが「自分が取り組んでいるビジネスについて、日常的に考えている」からです。

そしてこのような人たちは、「自分が行っている事業に必要な情報を手に入れよう」と意識しています。そのため優秀なビジネスマンは、自発的に本を読んだりセミナーに参加したりして大量のインプットをします。

さらに、自分が取り組んでいるビジネスに関連する人(専門家や業者など)との関わりを積極的に持とうとします。例えば、異業種交流会などの場所で名刺交換を行ったり、自ら他社メーカーに問い合わせしたりします。

また、優秀なビジネスマンに当てはまる人は、自身のビジネスで起こる可能性がある「最善の出来事(予想外の大きな利益など)」や「最悪のシナリオ(大量のクレームなど)」について常に考えながら事業を動かしています

これらのことから、優秀なビジネスマンは、自身のビジネスで何が起こっても冷静に対応することができます。さらに、正確かつ素早く事業を進めていくことができます。

このように、即断即決ができる「優秀なビジネスマン」は、自身の事業に関連する情報と専門家を常に探し求めています。加えて、自身のビジネスの進展についてさまざまな予想を立て、正確な判断を素早く下せるようにしています。

すべて即決しているわけではない

また、「優秀なビジネスマンの多くは、即断即決で行動できる」とはいっても、すべてにおいて即断即決で物事を決めているわけではありません。例えば、自身のビジネスにおいて、利害関係が複雑になっていたり他社との関わりが多かったりする場合、優秀なビジネスマンであっても慎重に検討しながら議論と確認を行います。

ただそうであっても、優秀なビジネスマンに当てはまる人であるほど、慎重に行動すべきところでもスムーズに動ける傾向にあります。

即断即決でビジネスを進めるためのポイント

自身のビジネスにおいて、即断即決で物事を進められるようにしたい場合、まずは「自分の事業に関連する情報を大量にインプットする習慣を身に付けること」が重要です。

具体的な方法としては、自分が参入している業界におけるベストセラーの書籍や雑誌などを読み漁ったり、すでに圧倒的な成果を出しているビジネスマンのセミナーや講演などに参加したりするようにします。

このような行動を続けていくことで、普段から情報収集を積極的に行えるようになります。さらに、自身のビジネスにおいて、ある程度の予測を立てながら行動できるようになります。

また、自身が参入している業界の専門家との関わりを持つことも、「即断即決を行えるようにする」ために必要なことです。そのため、異業種交流会などの場所に積極的に出向いて名刺交換したり、前述のようにセミナーに出席したりするようにしましょう。

このような行動を取ることで、自身の業界に関連する人脈を構築できるようになります。これにより、専門家に聞くなどして自身の疑問をスムーズに解決できるようになったり、他の業者と協力関係を築きながらビジネスを進められるようになったりします。

その結果、次第に「即断即決ができる優秀なビジネスマンの思考」が身に付くようになり、自分のビジネスにおいて瞬時に意思決定を下せるようになります。

ビジネスにオプション思考を取り入れ、意思決定を早くする

このように、即断即決ができる優秀なビジネスマンになるためには、大量のインプットと積極的な人脈形成を行うことが重要です。これによって、意思決定が素早くなり、自身の事業を正確かつスムーズに進められるようになります。

また、経営者などの役員や事業主に限らず、一般社員やアルバイトの人であっても、「即断即決ができる優秀なビジネスマン」になることができます。

そのため、「仕事を早く終わらせるようになりたい」「上司に認めてもらいたい」と考えている場合には、ぜひ「即断即決ができる優秀なビジネスマン」になるための行動を始めてみてください。

それでは、実際に意思決定を素早くするときに何を考えて行動すればいいのでしょうか。ビジネスでは「スピードが大切だ」とされていますが、このことを理解している人であっても、いざ行動を移すときに躊躇してしまうことが多いです。

ビジネスにおける意思決定を素早く行うために役立つ思考法として、「オプション思考」が挙げられます。

オプション思考とは、「これから取り組む物事(ビジネスなど)における行動の選択肢を多数挙げ、それらの比較・評価を行って「ベストの解決策」を導き出す考え方」のことをいいます。

オプション思考を自身のビジネスにうまく取り入れることで、事業をスムーズに進められるようになります。

オプション思考では、重要な選択肢をすべて挙げる

自身のビジネスにおいてオプション思考を実践する場合、まずは重要度が高い選択肢を漏らさずに挙げる必要があります。なぜなら、これを行わないと「最善の選択」をとることができなかったり、間違った方向に物事を進めてしまったりする恐れがあるからです。

実際にオプション思考にて重要な選択肢を挙げる場合、まずは頭の中で「その物事においてとることができる選択肢」について最大限考えるようにします。そうした上で、「思いついた選択肢」をできるだけ多く挙げ、ホワイトボードや紙などに書き出していくようにします。

例えば、「去年よりも多くの顧客を獲得すること」について取り組む場合には、「広告費の投下」「自社サイトのコンテンツの増加」「営業戦略の練り直し」などのように、思いついた選択肢をできるだけ多く挙げるようにします。

取り組む物事の全体像から選択肢の漏れを見つける

自分で思いつく限りの選択肢を挙げた場合、今度は「これから取り組む物事の全体像」を考え、見落とした選択肢がないかをチェックするようにします。そして、選択肢として挙げたものでなければ評価のしようがないため、このステップで見落とされた選択肢を見つけることはとても重要です。

例えば、「去年よりも多くの顧客を獲得すること」に取り組む場合、「広告費の投下」などの「自社独自で取り組む方法」ばかりが選択肢として挙がっていたとします。

このとき、全体像の視点で考えて「他社の力を借りて集客を行うこと」を視野に入れれば、「他社に自社商品を紹介してもらう」「コンサルタントに依頼する」といった「見逃していた選択肢」を見つけることができます。

取り上げた選択肢を評価する際のポイント

オプション思考において、「これから取り組む物事」についての適切な選択肢をすべて挙げることができた場合、今度は、それぞれの選択肢を評価していきます。このときのポイントは、それぞれの選択肢の違いを評価する上で、最も妥当だと判断できる評価基準を4~5個設定することです。

例えば、「去年よりも多くの顧客を獲得すること」に取り組むために、「広告費の投下」「自社サイトにおけるコンテンツの増加」「他社における集客代行サービスの利用」といった選択肢を挙げたとします。

この場合であれば、「実現のしやすさ」「コストの少なさ」「即効性」「取り組みやすさ」などが評価基準として挙げられるでしょう。

また、個人ではなくチームでオプション思考に取り組んでいる場合、評価基準を設定するときと実際に評価する場面において、チームメンバー全員の合意を得ることが重要です。

なぜなら、これを実行しておかないと「自分の意にそぐわない結論が出そうだ」と判断したメンバーの中から、「その決め方は横暴ではないか」「自分はそんなつもりではなかった」などと文句を言う人間が現れる恐れがあるからです。

これでは、他のチームメンバーが大きなストレスを感じてしまい、ミーティングを円滑に進められなくなってしまいます。こうした事態を避けるためにも、取り上げた選択肢における評価基準の設定とその評価については、あらかじめチームメンバー全員の合意を得ておくようにしましょう。

そうして、評価基準を設定し終えたら、それぞれの評価基準について、非常に良い「◎(4点)」・かなり良い「○(2点)」・いまいち「△(1点)」・ダメ「×(0点)」の4段階で評価していきます。

このとき、他のチームメンバーと話し合いながら、取り上げた選択肢を順番に評価していきます。そうして、最も評価が高かった選択肢を実行に移すようにします。

メモ書きの習慣化によって、ビジネスでの思考スピードを上げる

このように、ビジネスにオプション思考を取り入れて実践することで、ただ漠然と会議した場合に比べて速やかに意思決定を行うことができます。これにより、ビジネスにおける実行スピードが早まり、以前よりも成果を出しやすくすることになります。

ただ、急に意思決定のスピードを速くできるわけではありません。正しく即決できる人では、普段から頭の中にある情報を整理しています。

実際にビジネスに取り組んでいくと、たくさんの情報が頭の中に入ってきます。このとき、頭の中を整理できていないと、「覚えておかなければならないこと」を忘れてしまう可能性があります。このようなことが起こった場合、ビジネスチャンスを逃してしまったり、思わぬ失敗を犯してしまったりする恐れがあります。

このような事態を避ける方法として、「メモ書きの習慣化」が挙げられます。ビジネスでメモ書きを習慣化することは、大きなメリットがあります。

メモ書きに使うものを決める

メモ書きを習慣化させたい場合、まずは「メモを書き込むもの」を用意する必要があります。メモ書きに使うものには、明確な決まりがありません。手帳、A4用紙、パソコンなどの中から、あなたのビジネススタイルに合わせて選択しましょう。

例えば、普段からパソコンを仕事に使っている人であれば、業務中に思い浮かべたアイデアなどをそのままパソコンに記録しておくのがいいかもしれません。また、出張が多かったりパソコンを立ち上げる機会が少なかったりする場合には、手帳などに思いついたことを記載するのがいいかもしれません。

このように、自分にとって「使いやすい」と感じたものを選んで、メモ書きに活用するようにしましょう。

メモ書きをするときに記載する内容

自分の事業のためにメモ書きをする場合、ビジネスに関係するさまざまな物事を書き込んでいきます。その具体的な例として、「思い浮かんだアイデア」「忘れてはならない重要事項」「自分が抱えている問題」などが挙げられます。

これらのうち、自分が抱えている問題についてのメモ書きを行う場合には、他の物事とは違う記載方法をとります。具体的な方法としては、まず何も書かれていないメモ帳のページや紙などを1枚用意します。そして、用意したページや紙の左上に、「現在自分が抱えている問題」を書き込みます。

例えば、取引先との交渉の仕方が分からなくて悩んでいる場合には、「自分が取引先であるなら、どのような商談を希望するか」などを記載します。また、顧客対応についての不安がある場合には、「自分が顧客の立場なら、どのように対応してもらいたいか」などを記入します。

そうして、書き込んだ「現在自分が抱えている悩み」の下側から、その問題に対する意見や答えなどを、自分の主観で記載していくようにします。

例えば、「自分が顧客の立場なら、どのように対応してもらいたいか」という問題に対する回答や考え方を記入する場合には、「自分が抱える悩みをしっかりと聞いて把握してくれる」「言葉遣いが丁寧である」など、思い浮かんだものを書いていくようにします。

これを行うことで、自分が抱える問題に対する理解を深めることができます。その結果、自分が持つ悩みを解決するための糸口が見つかったり、自分の行動を見直すことができたりします。

メモ書きの習慣化によって得られるメリット

思いついたことや自分の悩みなどをメモ書きしていく場合、「頭で記憶していること」を手帳やパソコンなどに記録することになります。これにより、「忘れてはならない物事」を自分の頭で覚えておく必要がなくなるため、頭の中がきれいに整理されたような状態になります。

その結果、以前よりも情報収集を積極的に行えるようになったり、仕事を進めやすくなったりします。

また、メモ書きの習慣を何ヵ月間も続けていくうちに、自分が取り組んでいるビジネスなどの全体像を把握できるようになっていきます。

これにより、自身の事業における課題や将来像などをイメージしやすくなり、さらにそれらを頭の中で整理することができるようになります。その結果、以前よりも思考のスピードが早くなり、ビジネスをスムーズに進めやすくなります。

質問に即答する技術を身につけ、業務を円滑に進める

このように、メモ書きに使う物は、その人に合った物を使用すれば問題ありません。そして、メモ書きを習慣化することによって、頭の中が整理された状態になる上に、自分の思考スピードを早くすることができます。

そのため、ビジネスを円滑に進めたい場合には、ぜひメモ書きの習慣化に取り組むようにしてみてください。

なお、素早い決断は「質問を受ける場面」でも多くみられます。会社などの組織でビジネスを行っていると、上司や同僚、部下などから質問を受けることがあります。「質問を受けたときに即答できる技術」を身につけると、仕事をスムーズに進められるようになります。

相手に質問を受けたときにメモを取るようにする

業務中に上司や同僚などから何らかの質問を受けたとき、その内容をメモする人はそれほど多くはありません。ただこの場合、相手の質問に対して即答しづらくなる可能性が高いです。

実際に質問を受けたとき、「その内容がどのくらいの長さになるのか」については最後まで聞かないとわかりません。また、たとえ質問内容がそれほど長くなかったとしても、複雑でスムーズに答えにくい質問になるかもしれません。

このとき、質問内容をメモしておかなかった場合、「どのような答えをすれば良いか」が分からなくなってしまう恐れがあります。また、質問に対して答えたとしても、相手から「そんなこと聞いてないよ」と言われてしまう危険性が高いです。

こうした事態を避けるためには、相手から質問を受けたときに、速やかにメモを取るようにすることが大切です。これによって、質問に対してスムーズに答えやすくなります。

メモが間違った回答を避けることにつながる

さらに、相手からの質問をメモすることで、その内容を頭の中で記憶せずに済みます。これにより、相手からの質問に対して間違った回答をしてしまう事態を避けることができます。

また、相手から質問を受けたときにその内容をメモする場合、基本的には何も言わずに書き始めれば問題ありません。

むしろ、質問した相手に対して「メモを取ってもよろしいですか?」などと許可を取るための発言をしてしまうと、人によっては「いちいちそんなことを聞くなよ」「なんかわざとらしいな」などのように思い、不快感を抱いてしまいます。

一方で、何も言わずに相手の質問をメモする場合であれば、質問した相手から「自分がした質問に対して、真剣に向き合ってくれている」と思ってもらえる可能性が高いです。この場合、相手からの質問に即答しやすくなるだけでなく、質問者と良好な人間関係を築きやすくなります。

そのため、相手からの質問をメモする場合には、遠慮せずに無言でメモを取り始めるようにしましょう。

相手からの質問が終わる少し前から、回答内容を決めておく

相手から質問を受けた場合、その内容をメモするのと同時に「質問に対する回答をリストアップすること」が大切です。これを行うことで、心に余裕を持った状態で相手からの質問に答えられるようになります。

また、この方法における重要なポイントとして、「想定する回答を複数個挙げること」があります。

例えば、社内のミーティングにおいて、「今後の事業展開」について質問されそうな場面になったと仮定します。このとき、紙やメモ帳などに「進行役が話している内容」をメモしつつ、「新規顧客の開拓」「既存事業の拡大」などのような回答の候補をいくつかリストアップしていきます。

これによって、実際に進行役から質問がくる前に、「どのような答えをするのが良いか」を決めておくことができます。その結果、質問に対して心に余裕を持った状態で即答することができます。

回答する内容のメモもしておくべき

またミーティングなどのときに、回答の候補を複数個リストアップしておけば、自分が言おうと思っていたことを、他のメンバーが自分よりも先に答えてしまったとしても、別の回答をスムーズに話すことができます。これにより、他のメンバーから一目置いてもらえるようになることが期待できます。

このように、相手から質問を受けたときは、その内容をメモすることが大切です。さらに、質問内容をメモしつつ、「回答の候補」をいくつかリストアップしていくことで、心に余裕を持たせることができます。これらを行うことで、相手の質問に対して即答できるようになります。

相手からの質問に即答する技術を身につければ、そのスピード感が業務に良い影響をもたらします。その結果、ビジネスをさらに加速させていくことができます。

ビジネスで即断即決を行えるようになるためには適切な行動を取らなければいけません。こうして素早く決定していくことで、ビジネスで成果を上げていくのです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認