ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

人材採用・雇用では「収益を創る人」の見極めが重要

 

創業時のビジネスほど大変なものはありません。それまでの実績がゼロの状態から始まり、ノウハウや商品すらないからです。このときにビジョンを描き、思い浮かぶ理想に向けてビジネスを開始していくのが起業時の姿です。

 

しかし、メンバー集めの際や取引先で話をするときに「これから行おうとするビジネス」の話をすると、ほとんどの場合は本当に成功できるのかどうか疑問視されます。

 

ただ、これは仕方のないことでもあります。なぜなら、世の中にいるほとんどの人は「既にある実績にタダ乗りする人」であるからです。その一方で、少数ながら「収益を創れる人」が存在します。ビジネスでは、「収益を創れる人をどれだけ周囲に置けるか」が重要です。

 

 タダ乗りするサラリーマン体質の人
創業時で実績のないときにいくらビジネスモデルを説明し、理想や目標とする数値を並べたところで信用されにくいです。実際に稼いでいないため、ほとんどの人は未来を想像できないのです。

 

それでは、既にビジネスが軌道に乗って継続的に大きな収益を出している状態であればどうでしょうか。これであれば、目の前に結果が出ているので多くの人が集まってきます。

 

しかしながら、このときに集まってくる人たちは例外なく質が悪いです。「それだけ稼いでいるなら一緒にやります」という思考で動いているからです。決して、まだまだ実績のない起業時のときに手を差し出すことはしません。つまり、「既にある実績にタダ乗りする人」であるといえます。

 

日本では、なぜか大企業へ就職したい人が多いです。これは、タダ乗り思考と同じです。既に仕組みが回っており、そこに乗っかることだけを考えた結果として大企業志向になるのです。

 

それでは、企業の業績が悪化してしまったときに「タダ乗り思考」の人は何を考えるでしょうか。ほぼ例外なく、業績の良い他企業への転職を考えます。または、転職先に受け入れてもらえるスキルのない人であれば、会社の倒産と共に無職になります。

 

これらの人は、業績が悪いときに「自分が何とかしてやろう」とは考えません。他に移りかえる、または黙って傍観しているかのどちらかです。いわゆるサラリーマンに向いている人であり、日本にいるほとんどの人がこれに該当します。

 

このような思考では、自分でゼロから収益を生み出すことはできません。既に決まったレールの上でしか物事を判断できないのです。

 

一方、新しい事業を始めるとき、「もっとこうした方が良い」と積極的に援助してくれる人は収益を創れる人です。

 

ビジネスを動かす人というのは、まだ何も動いていないビジネスに対して、自分の考えを入れながら新たな収益化システムを構築します。一般的なサラリーマンのように、毎月決まった給料が支払われるという安定を求めることはしません。

 

それよりも、自ら動いて大きな成果を出し、その中から給料として報酬をもらおうとします。

 

ビジネスでは、このような考え方のできる人だけが起業で成功します。もちろん起業に限らず、サラリーマンであっても成果報酬によって給料が支払われる場合、同じように成功できるのは「収益を創れる人」だけです。

 

 業績が悪化した会社をどのように思うか
「収益を創れる人」であれば、既に実績があって仕組みが回っている企業に対してまったく興味が湧きません。自分が働かなくても勝手に業績が上がっていくため、わざわざ自分がその組織に所属する意義を見出せないからです。

 

しかし、新規事業の開拓や業績が著しく落ちた企業の支援などの案件が回ってきたときは大きな興味を抱きます。「自分の出番がきた」と直感的に感じるのです。

 

残念なのは、このような「収益を創れる人」は絶滅危惧種といえるほど、ほとんどこの世の中に存在しません。これから起業したいと考えている人であっても、サラリーマンに向いている人が大体数です。そのため、結局は失敗する人がほとんどです。

 

ちなみに、このような考え方は人材採用によって新たな社員を雇用する場面でも応用できます。

 

会社にとって本当に欲しい人材は、当然ながら「儲けを創れる人」です。そのため、求人を出して人材採用を行いたいとき、まったく人が集まらないことを嘆く必要はありません。タダ乗りしか考えていない人を大量に雇用しても意味がないからです。

 

それよりも、会社の問題点をすべてさらけだし、「これら重大な課題を一緒に解決できる人を募集している」というメッセージに反応する人を集めた方がいいです。そうすると、募集に集まってくる人の数は少ないものの、莫大な儲けを生み出せる人が来やすくなりす。

 

人材採用によって雇用を増やしたいとき、人数の多さはどうでもいいです。それよりも、集まってくる人の質を重要視した方が効果的です。

 

このような「収益を創れる人」と「タダ乗りする人」は、その人の発言や質問内容によって見極めることができます。例えば、ビジネス教材を購入するときを考えます。

 

私はビジネスで稼ぐ方法(=起業する方法)を教えていますが、いくつか質問を受けることがあります。その中で、タダ乗り思考の人は行動がワンパターンであり、「あなたの教材を購入・勉強して本当に稼げますか?」という質問を平気でします。

 

ただ、このような質問をする時点で少なくとも「収益を創れる人」ではないことが分かります。保障だけを求めるサラリーマン思考の人が成功できるわけがなく、当然ながら自ら儲けを創出することも不可能です。

 

ビジネスを行うときは人を見極める必要があります。もっといえば、「収益を創れる人」を側に置いておくことが重要です。これは、人材採用によって新たに雇用するときや取引先を増やすとき、創業メンバーを集めるときなど、あらゆる場面で重要な思考です。

 

誰でもいいから集めれば良いのではなく、「この苦しい状況を援助してくれる人はいませんか」という問いかけに反応する人を集められるかという点にビジネスのキーポイントがあります。

人材採用・雇用では「収益を創る人」の見極めが重要

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

起業で成功する人の共通点を探る
成功者がもつ「内なるモチベーション」の原理
相手の「本当の望み」を知ることが人間関係の第一歩になる
実行に移さず、想像だけで自分の行動を決定してはいけない
強い意志力をもち、本気で取り組めば成功をつかめる
他人であっても、人間は真剣に努力している人を応援する
楽しく仕事できる環境や仕組みに「努力」や「才能」は勝てない
「集客したい客層」を決めると、ビジネスが動き始める
古いことの実践に新規アイディアが隠れている
企業と組めば、ネットビジネスでの報酬が加速していく
経験が増えて初心(コアビジネス)を意識すると迷いがなくなる
社長や医師など、一流の人たちと簡単に仲良くなる方法
子供に勉強させる方法:学びを止めた人間に成長はない
給料・収入を増大させるには、労働環境(働く場)を変えればいい
成果報酬型の保険営業マンが圧倒的な契約数を達成するには
異常なほどの行動力が成功体験になり、人間性を形作る
大きな成果を出す秘訣は「高い目標設定」にある
起業や転職時に必ず生じる「周囲の反対」を乗り切るには
スポーツで頂点を極め、栄光を勝ち取った人の共通点
一時期の流行・ブームよりも、長く売れるロングセラー商品が重要
成長していないのは、自分の限界を決めて慢心しているから
少し儲かって社長が贅沢を始めると会社は倒産する
無駄をそぎ落とし、複雑さを解消するほど「本質」が見えてくる
ダメな部分を補うのではなく、長所を特化させることの重要性
保険営業で人を紹介してもらうための極意
市場が飽和しているときに新ビジネスを創出する思考法
キャラ作りや設定を間違えると、ビジネスで矛盾を生じる
日本野球とメジャーリーグの違いから学ぶビジネス理念の重要性
企業と提携したいときは、決裁権をもつ人にアプローチする
ワンランク上げて少し背伸びすると、成功者たちと知り合える
大企業志望の就活生より、中小・ベンチャーを目指す学生が優秀
大学の研究とビジネスでの成功法則は同じ
士業などの有資格者や専門職種は人生の幅を狭くしやすい
人を動かし行動させる6つの基本法則
プレゼンテーションで1番重要な「空気感」とは何か
感動を与えるディズニーのホスピタリティー
本当のプロフェッショナルとは何か
高額セミナーやビジネス合宿・塾への参加なしに起業で成功しない
コンビニやスーパーからビジネスを学ぶ
自社サービスが「知られていない」ことを前提にビジネスをする必要性