何かビジネスでアイディアを出すとなると、それまで考えたことのない斬新な発想をしなければいけないと多くの人が考えます。ただ、実際のところ奇抜なアイディアを出したところでうまくいくことはありません。

それよりも、過去に行われていたことに着目した方が成功しやすいです。少し発想を変えるだけで、すべてのビジネスが上手くいくようになります。

古いことを行うことの意味

科学技術の発達により、現在では食品を長時間保存することが可能になりました。そのための添加物が開発され、色合いも美しく見せることができます。

ただ、どちらかというと現在では、このような添加物を食品にできるだけ加えないようにされています。いわゆる、無添加の食品です。

これは化粧品などに対しても同じことがいえます。化粧品には、その品質を保つために防腐剤が添加されています。医薬品であっても、点眼薬では防腐剤が多くの商品に含まれています。そこで、使用期限は短くなるものの、これら防腐剤フリーの商品が生み出されています。

しかし、よく考えれば昔は添加物フリーが当たり前でした。そもそも、添加物が開発されていなかったからです。添加物が発明され、それらが大量に使用されるようになり、それと共に健康への関心が高まったからこそ、添加物フリーが着目されたのです。

つまり、添加物を無くすというのは、「昔の状態に戻しているだけ」といえます。

農作物でも同じです。昔は無農薬野菜が当たり前でした。これが現在では、「昔と同じ状態に戻す」という発想で無農薬野菜というビジネスが生まれています。

同じような思考で考えると、「昭和の街並みを取戻し、観光客の誘致に成功した」「看板を撤去し、街の景観を取り戻した」などの政策を行っている地域があることに気がつきます。これらは、別に最新のマーケティングでも何でもありません。過去に行われていたことを再現しているだけです。

他の事例を自分に落とし込むことがアイディアである

まったく新しいアイディアというのは、この世に存在しません。「既に誰かが行っていることを自分の分野に応用する」という考えができると、アイディアがたくさん思い浮かぶようになります。

「無添加化粧品」「無農薬野菜」「看板撤去による景観の回復」など、これらは「過去の状態に戻しただけ」という意味で同じことを行っています。

ビジネスでは、表面だけを見て真似しても意味がありません。過去にビジネスの先輩たちが行った成功例や失敗例からこうした共通項を見つけ、「どういう考え方をすれば同じ結果を出せるのか」を発見することがアイディアの本質です。あとは、それを自分のビジネスに適応させていくだけです。

それでは、「過去の状態に戻す」という考え方を他にも適応させてみましょう。例えば、店で商品を購入してくれたお客様に対してお礼を出すとします。このとき、どのような手段を選ぶでしょうか。

今の時代であれば、通常はメールです。ある程度決まったフォーマットのメールを用意しておけば、名前を変えて送信するだけでお礼を出すことができます。

そこで、先ほどの「元に戻す」という思考をしてみましょう。かつてメールがない時代は、手紙を出していました。もちろん、現在のような印刷機はないため、すべて手書きです。

お客様にとって、商品を購入しただけなのに直筆の手紙が届き、そこに店でやり取りしたときの話の内容なども含めて、細かく書かれていたらどうでしょうか。

印刷によって書かれた文字であれば、すぐに捨てられます。しかし、直筆の文字であれば、思わず読んでしまいます。そして、それだけ苦労して書いてくれた手紙であるため、なかなか捨てられません。こうして、再び店に足を運んでくれやすくなりますし、実際に店を再訪問したときの話題にもなります。

現在とは違ってパソコンやプリンターがない時代であれば、全員が直筆の手紙を出していました。そのため、この時代では直筆の手紙を送ったとしてもあまり反応は高くありません。

一方、現在ではメールやDM(ダイレクトメール)などですませてしまう人が多いです。かつてとは状況が違うため、直筆の手紙が絶大な威力を発揮するようになっています。そして、実際にこの手法で成功しているリアル店舗は数多く存在します。「思考を真似する」とは、こういう発想をすることを指します。

アイディアというのは、そこら辺にゴロゴロ転がっています。たとえ使い古されたアイディアでもいいので、重要なのは「目的を達成するために自分にどう適応できるか」を考えられるかどうかにあります。

単に成功ノウハウを学んだところで、一つも役に立ちません。それよりも、過去に行われたことのある古い事例の中から、何か学べることを見つけ出すことの方が重要です。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録