learn-868815_640

コンサルティングとは、依頼されたお客様の問題を解決するための手助けを行う業務のことを指します。そして、コンサルティングのビジネスは、中小零細企業や個人事業主であっても取り組むことができます。

コンサルティングには金額の相場がありません。そのため、1件当たりのコンサルティングの値段は、事業者が自由に設定できます。しかし、コンサルティングの費用は、なるべく高めに設定しておいた方が良いです。また、コンサルティングのビジネスを行う場合には、必ず押さえておかなければならないポイントがいくつかもあります。

そこで、そのポイントの中でも「コンサルティングの料金を高くする利点」と「コンサルティングで外してはならないこと」について、それぞれ解説していきます。

コンサルティングの費用を高額に設定するメリット

コンサルティングのビジネスを始める場合、できるだけ値段を高めに設定することが重要です。なぜなら、その分だけお客様の満足度が高くなるからです。そして、コンサルティングの費用が高額になるほど、質の良いお客様が集まるようになります。

このことについては、明確な理由はありません。しかし実際のところ、「コンサルティングの料金を高くすればするほど、良質のお客様を獲得でき、その満足度も高くなる」という法則は、どの業界のコンサル業にもあてはまっています。

そのため、コンサルティングのビジネスを行う場合には、ぜひとも値段を高く設定するようにしてみてください。結局のところ、その分だけ会社の利益が増えることになりますし、意識の高いお客様だけを相手にできる確率を高められます。

なお、コンサルティングではあなた自身が動かなくてはいけません。個別にお客様をカスタマイズするのがコンサルティングであり、自分を安売りしないためにも、必ずコンサルフィーを高額にしましょう。

コンサルティングをするためには、実績が必要

コンサルティングのビジネスを開始したい場合、必ず必要になるものとして「実績」があげられます。これがないと、お客様をコンサルティングすることはできません。

そうはいっても、コンサルティングをするための実績を作ることについて、難しく考える必要はありません。なぜなら、自分自身を対象にして実績を作ればいいだけだからです。

例えば、あなたがダイエット方法のコンサルティングビジネスを行いたいと考えていたとします。この場合、あなたは自分でダイエットに取り組み、ダイエットに成功すればいいのです。そして、この実績をアピールしつつコンサルティングのオファーを打ち出せば、興味を持ったお客様を集めることができます。

証拠を提示すれば信用される

そのほかの例として、あなたがお金稼ぎについてのコンサルティングビジネスを行おうと考えていたとします。この場合には、あなた自身がお金を稼ぐ経験をすれば問題ありません。

そして、その証拠と実績をはっきりと示した上で、「私があなたを稼げる人間にカスタマイズします」とオファーすれば、それに響く人があなたに問い合わせてくれるようになります。

このように、コンサルティングのビジネスを始めたい場合には、必ず実績を作っておく必要があります。そして、自分自身を対象として実績を作れば、実際のところ、誰であってもコンサルティングビジネスを始めることができます。

コンサルティングする場合、相手に成果を出させる必要がある

コンサルティングの依頼を受けた場合、絶対に外してはならないこととして、「依頼主に成果を出させる」ことがあげられます。これを実現できなければ、お客様に詐欺師呼ばわりされ、ビジネスを続けることが困難になります。

このような事態を避けるためにも、お客様には必ず成果を出してもらえるように、あなた自身が努力をする必要があります。

その一方で、お客様のなかには「多くのお金を支払ったのだから、成果を出してくれ」と依存する人が現れることもあります。このような人は、最初から関わらないようにしなければなりません。なぜなら、あなたのビジネスの足を引っ張る存在になりかねないからです。

依存体質の人を避ける方法としては、コンサルティングのオファーをする際に、「『お金を出したのだから成果を出させろ』という依存体質の人はお断りします」という注意書きを載せることがあげられます。このようにしておくことで、依存体質の人をお客様にしてしまうような事態を少なくすることが期待できます。

この方法では、依存体質の人を完全に防ぐことはできないかもしれません。しかし、まったくやらないよりはやっておいた方が安全です。

他業種のトップから学びを得て、自社のビジネスを発展させる

このように、コンサルティングを行う場合には、料金を高く設定することが重要です。それによって、意識の高いお客様だけを相手にできるようになり、その満足度も高くなります。

その一方で、「お金を払ったのだから、成果を出させろ」という依存体質の人は、成果を出させにくい上にあなたの足かせになりかねないため、絶対にお客様にしないようにしましょう。

ただ、コンサル業を行うときは常に新しい情報を仕入れるようにしましょう。古い手法がいつまでも通用することはないため、最新のネタを仕入れるようにするのです。こうすることで、ようやく他人に対してアドバイスできるようになります。

それでは、どのようにして情報を仕入れるようにすればいいのでしょうか。

コンサルタントに限らず、会社経営者や個人事業主の多くは、自分が属する業界の情報ばかりを追い求めるケースがほとんどです。確かに、「積極的に情報収集を行って、その情報をビジネスに活かそう」と考えて行動すること自体は素晴らしいです。しかし、残念ながらそれだけでは不十分です。

では、どうしなければいけないのかというと、自身が属する業界だけでなく、他業種からも積極的に学び取ろうとする必要があります。そこで、自社が属する業界だけでなく、他業種の情報を積極的に取り入れることの重要性と方法について解説していきます。

他業種の情報を仕入れる意義とは

冒頭でも述べた通り、自社のビジネスを発展させるために、業界内の情報を集める場合には、加えて他業種の情報を集めることが重要です。もちろん、それによって得た情報のうち、実際に自社のビジネスに役立てられるものは少ないかもしれません。

その一方で、自社が属する業界だけでは思いつかなかったアイディアや知識を得られる可能性があります。そして、たとえ情報量が少なかったとしても、得られた情報を自社のビジネスに活かすことができれば、売り上げをさらに高めることが可能になります。

例えば、保険とは一切関係がない業界にいたとしても、保険の営業セミナーに出席してみるようにします。この場合、保険に関する情報そのものについては、自社のビジネスに取り入れることは難しいでしょう。

その一方で、保険というとても売りにくいサービスの売り方を学ぶことにより、「自社商品をどのように売り込めば良いのか」についての学びを得ることができます。この情報を自分に応用することにより、自社製品の売り上げをさらに伸ばすことができます。

このように、一見すると関連性が全くないと感じる業種であっても、その業界の情報を取り入れる価値は十分にあります。それによって、少しでも自社のビジネスに応用できるところがあれば、セミナー参加費などの勉強代を取り返せるどころか、ビジネスで大きな成果を出すことができます。

他業種の情報を仕入れる場合はトップから学ぶ

他業種から学びを得ようとする姿勢はとても重要です。しかし、実際にセミナーを受けるなど、他業種の情報を取り入れることには、注意しなければならないことがあります。

他業種から学びを得る場合の注意点として、「必ずその業界におけるトップからの情報だけを集める」ことがあげられます。この場合の業界のトップとは、分かりやすく言うと「その業界で一番大きな成果を出している経営者や営業マン」を指します。

もし、業界のトップと判断できない人のセミナーに出席したり著書を読んだりした場合、その情報を自社のビジネスに取り入れたとしても、大きな成果を出すことができず、時間や勉強代の無駄に終わってしまう可能性があります。

場合によっては、間違った情報を自社に取り入れてしまうことになり、それによって何らかの損害を被る恐れがあります。

このような事態を避けるためにも、他業種の情報を仕入れる場合には、その業界のトップの人を調べ、その人から学びを得るようにしてください。それによって、自社のビジネスに悪影響を及ぼすことはなく、むしろ大きな成果を出せるようになります。

このように、自社のビジネスをさらに発展させたい場合、自分の業界だけでなく他業種の情報を取り入れることが重要です。このとき、自社にあてはめられる情報がたとえわずかであっても、得られた情報を自分に応用してみることで、あなたの売り上げをさらに伸ばすことが可能になります。

また、他業種の情報を仕入れる場合には、前述の通り必ずその業界のトップの人の情報だけを選別して取り入れるようにしましょう。これを怠ってしまうと、自社のビジネスにおいてより良い成果を出せないばかりか、成果が落ちてしまう恐れがあります。

業界トップレベルの情報を仕入れて、それを自社のビジネスに活かすことができれば、商品の売り上げや顧客満足度などをさらに高めることが可能になります。そのため、他業種のトップクラスの情報を積極的に学び取るようにしてみてください。そして、自社のビジネスをさらに発展させていくようにしてみてください。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認