出版するとなると、多くの人は「自分の本が書店の一等地に何冊も平積みされている姿」を想像します。しかし、あなたが既にもの凄い実績を出している大御所でない限り、そのようなことはありえません。

むしろ、書店にあなたの本が置かれていないことの方が多いです。書店で平積みされているのであれば100点満点であり、実際はほとんどは誰も立ち寄らないコーナーの隅に背表紙を向けて入れられているだけです。もちろん、誰もあなたの本に気が付いてはくれません。

処女作は必ず増刷させる

これが、出版業界の現実です。2週間を過ぎれば、あなたの本はどの書店にも見えなくなることでしょう。通帳に数十万円の印税が振り込まれて終わりです。

ここまでの文章を読んで、「それはヤバい!」と思ったのであればセンスがあります。少なくとも出版が決まった後、何も対策を行わないような愚かなことはしないと思います。そこで、最初の印税を全て販売促進のために回しましょう。あなたの目的は印税で稼ぐことではないため、これは問題ないはずです。

まずは、広告を出すことを考えてください。あなたがターゲットとする属性にもよりますが、ネット広告や新聞広告などが有効です。出版社に「著者が本を売るために行うべきこと」を聞きだし、何とかして本を売っていくのです。

こうして、本の増刷を行うようにしてください。初版の本を売っていき、編集者から「2刷がかかりました」という電話やメールを何とかしてもらうのです。ここまですれば、ひとまずは合格です。

ちなみに、増刷がかかって2刷までいく本は全体の2割程度です。ほとんどの本は増刷がかかることなく、そのまま誰にも知られることなく消えていきます。そう考えれば、増刷がかかることがどれだけ素晴らしいか理解できると思います。

私の場合、発売二週目で編集者から「おめでとうございます」というタイトルで増刷がかかったという内容のメールが届きました。これで処女作の出版部数が合計1万5000部になり、そのときはかなり震えました。

私はビジネスに広告をほとんどかけない人間です。広告を出さなくても、いくらでも集客ができるからです。ただ、出版だけは別です。初版の印税は全て販促にまわし、あなたの本を増刷させることだけを考えてください。

3刷までもっていく

編集者と話していると、「2刷で満足してはいけない」と言われます。本は発売直後が最も売れるため、ここでどれだけ本を売るかが勝負です。このときのちょっとした勢いで2刷までいきます。

ただ、同じ増版でも3刷は「本物」です。2刷は多少の運で行くことはあっても、3刷にまぐれはありません。本当に長く売れている本でない限り、3刷というのは起こらないからです。発売直後の勢いがあり、長期で読者が手に取ってくれる本だけが3刷となります。

前述の通り、世の中にある本のほとんどは初版で消えていきます。ただ、残りの本もそのほとんどが2刷までです。3刷というのは滅多にありません。

小さい書店に並んでいる本は、どれも「売れている本」だと思って問題ありません。本を置くスペースが限られているため、売れない本を置いても仕方がないのです。

本が売れて3刷までになると、そこでようやく書店で本が恒常的に置かれるようになります。これが、「3刷がかかると4刷、5刷と売れる流れができる理由」です。

ちなみに、たとえベストセラーにならなくても3刷を越えれば他の出版社から声をかけてもらえる可能性が高くなります。一方、処女作が初版で終わるともう一度出版するのは厳しくなります。だからこそ、著者は本を売ることに本気になった方が良いです。

まずは、なんとしてでも増版させて2刷にしてください。2刷まで達成したら、それで満足することなく3刷、4刷まで狙ってください。何も対策をしなければ、あなたの本は誰の目にもとまることなく静かに消えていきます。

出版コンサルティング

book-onsulting2 botton3

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録