出版を実現したい人がかなりいます。ただ、そのような人たちを見ると、「出版したい」と漠然に空想しているだけで何の対策もしていない場合がほとんどです。本当に出版したいのか疑問がいくつも出るくらい、対策や努力をしていません。

しかしながら、出版を実現する方法は既に世の中に全公開されています。出版するためのノウハウ本はいくつも存在しますし、当サイトでも出し惜しみなく掲載しています。

その中でも、出版実現の最も効果的な近道は「ブログやサイトをコツコツと更新する」ことです。これらの媒体はアクセスが集まるまで時間がかかるため、一見すると遠回りのように思えます。ただ、実際は最も確実に早く出版できます。

ブログやサイトを更新する意味

世の中には、有能な著者を探している人がたくさんいます。これには、出版社に勤めている編集者だけでなく、フリーの編集者も存在します。

雑誌や本など、乱暴に言ってしまえば「活字があるだけ」です。質さえ保たれていれば、このときの活字は誰が書いて誰が編集しても同じです。そこで出版社は、外部の人が執筆・編集した記事の買取りを行います。

従業員を一人雇うには膨大な費用がかかります。そこで記事の作成を外注すれば、人件費を大幅にカットできます。

そのためか、世の中には特定の企業に属さずに活動しているフリーライターやフリー編集者はたくさん存在します。彼らが書き上げたり編集したりした記事を出版社が買い、それを雑誌や本として出すのです。

つまり、出版するためには、必ずしも出版社にアプローチする必要はありません。フリーで活動している編集者の目に止まり、あなたが執筆した内容を編集してもらって出版社へ売り込むという方法もあるのです。

そして前述の通り、出版社にいる編集者やフリー編集者は有能な著者をいつも探しています。それでは、彼らがどのようにして著者を探しているのかご存知でしょうか。

一番分かりやすいのは、既に出版されている本を読むことです。そこに書かれている内容が素晴らしければ、ぜひ自分たちの会社から本として出してみようと考えます。つまり、本を出すことで次の出版が決まるのです。

それでは、これまで一度も出版したことがなく、全国的にも無名な人はどうすれば良いのでしょうか。ここで、ブログやサイトの活用を考えます。

実際に私がフリーの編集者と話したとき、どのようにして著者を見つけてくるのか聞いたことがあります。そのとき、「インターネット上でブログやサイトを運営している人にアプローチする」という答えが返ってきました。

どれだけ実績のある人であっても、インターネット上に文章が公開されていないと、その人の考えや想いが見えないようです。また、文章能力も分からないため、ブログやサイトを運営していることが出版を打診するかどうかの第一ステップとしていました。

そして、出版した際にはブログやサイトに必ず宣伝するように約束してもらうとも言っていました。

このように考えると、今の時代で無名の著者が出版するにはインターネット上の媒体が不可欠であることが分かります。これらの媒体があれば本の宣伝が可能ですし、出版社も安心してくれやすいです。

実際、私の初出版はかなりスムーズにいきました。これは、私が既に巨大媒体を保有しており、それを出版社の編集者が見てくれたからです。これが、ブログやサイト運営が出版実現のための最も近道である理由です。

雑誌への投稿も出版に有効

これらの媒体を運営していると、雑誌への記事の寄稿を依頼されることがあります。また、出版社やライターから取材依頼を受けて、それが雑誌の記事になることもあります。

実際のところ、これら取材を受けてもお金は1円も入ってきません。一般人への取材料はゼロ円が基本なのです。ただ、それでも雑誌へ記事を投稿したり、取材を受けたりするのは大きな意味があります。

取材を受けたことが実績になるため、運営しているブログやサイトに掲載すれば大きなアピールになります。それを見た編集者が出版依頼をしてくれるかもしれません。

また、雑誌の記事は多くの編集者が目を通しています。そのため、雑誌記事の内容が良ければ、そこから出版に繋がることが多々あります。報酬がまったくない雑誌の取材であっても、それがきっかけとなって良い方向に転ぶことは多いです。

そのため取材に限らず、雑誌の記事を無料でもいいので寄稿するのは有効です。こちらから「タダでいいので記事を掲載させてください」とアプローチするのです。もちろん、出版社も得体の知れない人の記事を載せたくはないため、ある程度のブログやサイトをもっていることが前提条件です。

こう考えると、一見すると面倒でメリットのないように思うことにこそ、目的達成への本質が隠されていることが分かります。結局のところ、これを着実に実行できる人だけが成果を出せるのです。

出版コンサルティングの実施

book-onsulting2 botton3