一冊の本は10万文字だといわれています。ここまで書かなくても、ビジネス書であればもっと短くても問題ありません。2時間程度で簡単に読めるビジネス書は世の中にたくさんあります。

ただ、初出版の場合はできるだけたくさんの文章を書いてください。なぜなら、良い文章を作るときの基本は「大量に書いた後にスリム化していく」という方法だからです。要は、後で文章を削っていくのです。

超大作の本を作るつもりで書く

処女作では、あなたがもっている全ての知識や経験を出し尽くしてください。もしこれで10万文字に届かずネタがなくなってしまうのであれば、あなたはまだ出版のステージに立てていません。出版することは考えず、まずは実績を積み上げたり情報発信を積極的に行ったりしなければいけません。

初出版を行うとき、私も当時もっていた全知識を一冊の本に込めました。書き上げた後は「もう本を書くネタがない」と思ってしまうほど出しきっていました。

そうすると、ものすごい文章量になると思います。私の場合であれば、400ページを軽く超す内容になってしまいました。ただ、その原稿を見直すと余計な文章が入っていたり、内容が難しかったりとさまざまな不具合が見つかります。

そこで、原稿を削っていきます。膨れ上がった肥満原稿をダイエットさせ、スリム化を図るのです。

私が処女作を出版するとき、原稿を書いているうちに編集者から「ここは内容は難しい」「この章は面白くない」というダメ出しをたくさん受けました。このとき、一章分をまるまる削除したこともあります。こうして、厳選された原稿だけを残して約250ページにまで減らしました。

400ページ以上の原稿から250ページまで削るとなると、かなり頭を使いながら作業を行わなければいけません。ただ、これを行うことで原稿の無駄が省かれ、内容が薄まっている状態から濃い情報へと集約されるのです。

「一冊の本は10万文字が必要」と言われると、多くの人は本当に10万文字で文章を書き上げて出版しようとします。しかし、このような文章では、何が言いたいのか分からない原稿になりやすいです。

これは、「あの経験を書こう」「この知識は役に立つ」と思って著者はさまざまなことを詰め込もうとするからです。そこで、文章を削る作業が必要になります。

削った文章は無駄にならない

文章を書いた後に削るとなると、「大量の文章が無駄になってしまうのでは?」と思ってしまいます。しかし、実際に無駄になる文章は一つもありません。この理由について説明していきます。

この文章を読んでいる以上、あなたは私と同じように世間一般的には無名だと思います。無名著者が出版するための近道はインターネットを使って情報発信することであるため、これは必ず行ってください。

私もサイトやメルマガなどの巨大媒体が元で出版しました。これは、周りの著者を見ていても同様です。これらの努力を積み重ねることで、ようやく編集者と打ち合わせする段階まで進むことができます。

そして、本を書く過程で没原稿が表れたら、それをサイト上にアップしてください。メルマガで使いまわしても良いです。それだけに留まらず、本を出した時の特典として没原稿を再利用してください。実際、私も書籍購入キャンペーンのときに没原稿を特典にしました。

割と反応は良く、没原稿を読みたいためだけに本を購入してくださった方もいました。没原稿を最大限に活用すれば、その後の資産になるのです。このように、文章を書くことによる無駄は一つもないことをここで認識してください。

ちなみに、中には没原稿をそのまま溜めておき、他の出版が決まった際に再利用している人もいます。私はすぐにウェブ上にアップしてアクセスを集めるために活用していますが、著者としてたくさんの本を出版したいのであるなら没原稿をストックしても良いと思います。

これはあなたの方向性によるため、どちらが良いかは自分で考えてください。ビジネスを優先したいのであれば私のように没原稿をすぐにウェブ上へアップし、本を出すことを優先したいのであれば没原稿を溜めておくようにしてください。

出版コンサルティング

book-onsulting2 botton3

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録