ddd8

本を出版しようとするとき、出版社へのアプローチ法はさまざまです。その中でも特に有効な方法がウェブサイトやブログを構築することです。まずは、インターネット上に自分がもっている知識や技術などを公開していくのです。SNSなどを活用して、情報発信しても問題ありません。

これを行わなければ、マスメディアがあなたの存在を知る手段がありません。そのため、インターネットを活用して有益な情報を提供していく作業は必須だといえます。

こうした地道な活動を続け、さらには人脈を拡大させていくと新聞や週刊誌などに取り上げられる機会をもらうことがあります。出版はかなりハードルが高いですが、ビジネスである程度の成果を出している人なら、新聞や週刊誌の取材であれば掲載されたことがある人は意外と多いです。

そして、こうしたマスコミに掲載されると、出版のチャンスが広がるようになります。

編集者は常に良い著者を探している

編集者の仕事は著者に本を書かせ、仕上げていくことにあります。そして、それと同じくらい大切な仕事として「まだ世の中に出ていないものの、実力のある新たな著者を発掘する」ことがあります。

出版社には、本を出したい人から大量のオファーがきます。それだけ、出版したい人は世の中にたくさんいます。ただ、実際のところ出版できる人は少ないです。この理由は単純であり、出版社にオファーする人間のレベルが低く、出版するに値するほどの実績を出していないからです。

本来、大きな成果を出したのでついでに出版するのが基本です。出版を目的にしている時点で微妙だといえます。

そのため、出版社の編集者は「独自の考えやアイディアでビジネスを動かし、成果を出している人」に対しては積極的に会って話してみたいと誰もが思っています。もちろん、まだ出版を果たしていなくても問題ありません。

そこで編集者がどのようなことを確認しているかというと、新聞や週刊誌などに目を通すようにしていることが多いです。また、彼らはインターネット上のウェブサイトで面白い人がいないかどうかを確認すると言います。

さらに彼らは、新聞や週刊誌で面白そうな人を見つけると、掲載元の新聞社や週刊誌の編集者からあなたの連絡先を聞き出し、アプローチしてきます。実際、当社が最初に書籍出版を果たした大手出版社の編集者は、そのようにして著者を発掘していると言っていました。

また、冒頭で述べた通りサイトやブログ運営も重要ですが、当社が二冊目の本を出すときに協力してくれた編集者は「ウェブ媒体をもっている人にしかアプローチしない」と話してくれました。その場合、本が出たときはウェブサイト上に本を必ず宣伝してもらうように頼むとも言ってくれました。

自社メディア、マスコミ、出版という段階を踏む

当社はウェブサイトなどの自社メディアを構築した後、すぐに書籍出版を果たすことができました。ただ、一般的にはサイトやブログなどの自社メディアを構築した後、新聞や週刊誌などの大手マスコミに取材され、そのあとに出版を行うという流れが普通です。

自社メディアをもっていれば、出版したときに本を宣伝できますし、編集者に対して「文章を書ける著者」であることをアピールすることができます。また、新聞や週刊誌を出版社の編集者が読み、あなたの記事に目がとまれば連絡が来ることもあります。

こうして努力を積み重ねていくことで、さまざまな方面から出版社へアプローチしていきます。そうしていくうちに、どこかの出版社からオファーがかかって実際に本として世の中に出回るようになるのです。

連載企画であると編集者の目に留まりやすい

なお、新聞や週刊誌に掲載されるとき、単発での掲載よりも「連載企画」によって毎週にわたって掲載される方が出版社の編集者からオファーをもらいやすくなります。何度も編集者の目に触れることになるため、記憶に残りやすくなるのと「連載されている著者」という実績によって信頼されやすいからです。

新聞や週刊誌への掲載となると、出版とは無関係のように思ってしまいます。ただ、出版業界のことについてある程度知っている人であれば、こうしたマスコミに載ることが書籍出版を果たす大きな足掛かりになることを理解しています。

この事実を認識したうえで、自社メディアを大きくしたり、大手マスコミを活用したりして編集者の目にとまるように努力してください。そうすることで、ようやく出版できるようになります。

書籍出版で本を出せば、大手マスコミから取材が来るようになる

なお、マスコミに掲載されれば本を出しやすくなるのは事実ですが、出版を果たして本が売れれば大手マスコミから取材依頼がくるようになります。マスコミ掲載されると出版しやすくなるのと同じように、出版するとマスメディアに取り上げてもらいやすくなるのです。

新聞掲載や週刊誌への掲載に比べると、本を出すのは非常にハードルが高いです。また、大手キー局のテレビ番組に出演するのと同じくらい出版は難しいです。そのため、一冊の本を出すのはそれだけ威力があります。

大手マスコミから取材を受けるには

どれだけビジネスで成果を出している人であっても、大手マスコミから取材を受けることのできる人は少数です。しかも、「マスコミに出られる人」の多くは東京に住んでおり、強い人脈をもっているケースがほとんどです。

一方、当社は大都市どころか岡山県という地方に本社を構えながら、NHKや朝日新聞、読売新聞、東京新聞をはじめ、週刊文春、週刊新潮、週刊現代、週刊ポストや女性自身などの大手マスコミから取材を受けています。また、TBS系列のゴールデンタイム番組にも出演しています。

このときは「誰かからの紹介」など人脈などはまったく関係なく、相手側が直接当社へ取材をお願いしてきます。もちろん、地方版の紙面に掲載されるのではなく、全国版として大きく掲載されます。

さらにいえば、広告代を出して載せてもらうのではなく、逆に取材料や原稿料をもうらことで向こうから「ぜひとも取材させてください」と言われながらの形になります。それでは、どのようにして当社がここまで大手のマスコミと付き合うようになったのかというと、それは「書籍出版を果たし、その本がかなり売れた」ことが大きいです。

当社の創業者が薬剤師であったことから、当社は薬の情報発信(ウェブサイト運営)から始まった会社です。そのため、初めての出版は薬の本でした。1万部出る本は全体の1%未満ですが、運よく発売二週間で1万5000部ほどまで増刷されるまでになりました。

当社が運営している薬学サイトは、本を出す前であっても薬剤師であれば誰もが知っているほど有名なサイトでした。それにも関わらず、そうしたマスコミから取材を受けることはほぼありませんでした。

ただ、出版した本が売れると、誰もが知っている新聞社や週刊誌などから当社に対して直接取材依頼が来るようになりました。さらに、別の出版社から2冊目、3冊目の本を出すことが決まるまでになりました。

マスコミに取り上げられたという実績を作る

それまでも当社が巨大メディアを運営しているにも関わらず、本を出した瞬間から大手マスコミから声がかかるようになったという事実を考えると、一冊の本による影響はかなり大きいことが分かります。そのため、マスコミを活用しながらビジネスでの実績を大きくしたいのであれば、何らかの形でマスコミに取り上げられるように努力しましょう。

もちろん、最初の実績を作るのが一番難しいため、そこについては必至で努力する必要があります。ただ、少しずつ実績を積み重ねていけば、後で大きな成果となって返ってきます。

当社がマスコミから取材を受けたときは、「なぜ他にも大きな実績を出している人がいるにも関わらず、当社へ依頼したのですか」と聞くようにしています。そうすると、いつも同じ答えが返ってきます。

一つは、「ウェブサイトという形で有益な情報を発信しており、その中身がしっかりしていたから」という回答です。大手マスコミの記者がネット検索したとき、当社のウェブサイトにたどり着いて記事を熟読してくれたのです。

実績のある人に取材依頼がくる

ただ、それだけで取材を依頼しようとは思いません。そのため、二つ目に「既にさまざまなマスコミから取材を受けており、信頼や実績に問題がなかったから」という理由の存在があります。

マスコミ記者の方が言うには、「誰でもいいから取材すれば良いわけではない」とのことです。他のマスメディアから取材を受けたり、書籍出版を行っていたりするからこそ、安心して取材依頼を申し込んでくれるのです。

そのため、ウェブサイトなどで「マスコミ取材実績」を示すことは重要です。これを提示することで一般ユーザーに対して大きなブランディグ戦略をとることができますし、大手マスコミからも取材依頼が来るようになるからです。

このようにして、少しずつ実績を積み上げていきます。本来は雑誌や新聞掲載を起点にして書籍出版を果たすのが自然の流れですが、「最初に本を出してしまい、その実績によって大手マスコミから取材を受ける」という逆のパターンでも問題ありません。

いずれにしても、大手マスコミを活用したいのであれば、最初に何かしらのマスコミ掲載実績を作ることから始めなければいけません。

出版コンサルティング

book-onsulting2 botton3

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録