本気で出版したいのであれば、まずは「出版したい」ことを周りに言いふらすようにしましょう。さらに行動し続ければ、いつかそのチャンスに巡り合うことができます。

チャンスとはいっても、出版のコツを聞いて回るなどの無意味なことを行ってはいけません。出版したいと宣言した後に行動することで、実績を積み上げていくのです。

インターネットを使って出版のチャンスを広げる

従来はもの凄い実績のある人しか出版ができませんでした。情報発信をするための媒体は雑誌や新聞、テレビなどのマスコミ関係しかなく、出版社も本を出せる人材の発掘が難しかったのです。

この状況が変わり、現在ではインターネットを使って素人が誰でも情報発信できるようになりました。周りの著者を見ても、サイトやブログ、メルマガで情報発信することがきっかけで出版に至った人はたくさんいます。そのため、本を出したいのであれば、その内容をサイト上に書くことから始まります。

私も莫大なアクセスが集まるサイトをもっていたため、これが出版に有利に働きました。私の場合は出版コンサルタントを通して出版社へアプローチしましたが、そのときに編集者が私のサイトを検索して見てくれました。

サイトの内容から「これはいける!」と編集者が思ってくれたのかどうかは分かりませんが、それからはとんとん拍子に話が進みました。すぐに東京本社で打ち合わせが行われ、それから半年後に私の本が全国の書店で並ぶようになりました。

このように、ネット上にあなたの媒体をもっていると出版に有利になるのは間違いないです。

他の人の事例であると、出版社にアプローチしたが全て断られ、仕方がないのでメルマガを発行した人がいます。すると、それを見てくれていた編集者が「面白そうなので本を出しませんか?」と持ちかけてきて出版に至ったケースがあります。

セミナーを開いてビジネスを行う

このように、「インターネット上に文章を書く」ことが出版への近道になります。また、中にはセミナー開催がきっかけとなって出版する人もいます。

実際にセミナーを行うと分かりますが、多種多様の人が集まります。参加する人の職業はさまざまであり、セミナーを開催するだけであなたは「先生」と呼ばれながら、懇親会で有益な情報を受講者から得ることができます。

その中でも、セミナー参加者の中にたまたま編集者がおり、編集者が講師に対して「本をだしませんか?」と持ちかけたことがきっかけとなり、書店に本が並ぶようになったという人がいます。セミナーを行っていなければ、出版という機会に巡り合うことはなかっただろうとその人はいいます。

このように、出版できる人はそれなりの実績があります。実績といっても、輝かしい賞を取る必要はありません。

サイトとして情報発信を行い、その内容が面白ければアクセスが集まります。アクセスを集められること自体が実績であり、この内容が編集者の目に留まれば出版しやすくなります。

同様に、メルマガ読者数が多くなれば、その中に出版社との繋がりをもつ人が紛れているかもしれません。セミナーを開催すれば、その中に編集者が混ざっていることさえあります。

ここで、あなたが「出版をしたい」とあらゆる場面で言っておけば、必ず本を出す機会に巡り合います。サイトやメルマガ、セミナーを通じてあなたが有益な情報を発信しているのであれば、必ず協力してくれる人が表れるからです。

これは、私が実際に情報発信をして実感します。有益だと感じる情報を相手に提供することだけを考えれば、向こうから「何か協力できることはないですか」と勝手に申し出てくれます。

だからこそ、あなたが出版したいのであれば周りに「宣言」を行い、さらに「行動」をする必要があります。ここでの行動とは、有益な情報を積極的に情報発信するということです。情報発信の方法はサイトやメルマガ、セミナーなどたくさんあります。

あなたが本気なのであれば、全部行うことをお勧めします。結局のところ、出版している人はこれらをコツコツと積み上げていった人がほとんどだからです。

出版コンサルティング

book-onsulting2 botton3

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録