【サイト運営者:深井良祐】

私は元々、薬剤師であり、薬学サイトの運営者です。そこから、ポータルサイトビジネスを提唱し、数々のサイト運営を行っています。

いまでは私は何冊も本を出していますが、私が最初に商業出版をしようと考えたキッカケは「高校時代の友人に商業出版している人がいた」ことがきっかけです。

その人はビジネスでまったく実績のなかった人でした。ただ、かなり上から目線で申し訳ないですが、「この人が本を出せるのなら、自分でも書籍出版できるはず」という、私自身のうぬぼれが本を出すキッカケになったのです。

ただ、いろいろ書籍出版するためにリサーチしましたが、普通の方法では無理なことがわかりました。運よく出版できたとしても、かなり努力して2~3年ほどの時間がかかります。

しかし、ビジネスをする人で本を出すために頑張って企画書を書いたり、出版社へアプローチするような労力や時間は無駄です。

出版コンサルティングで半年後に本を出す

そこで私の場合、ショートカットすることを考えました。具体的には、知り合いの人に「出版コンサルタントの人はいないか」と聞きました。そうしたところ、藤田大輔さんという方を紹介してもらいました。

藤田大輔さんに依頼したところ、一ヵ月後には出版社との面談をセッティングしてもらい、なんとその場で出版が決まってしまいました。そうして半年後、光文社から薬の本を出すことに成功しました。

タイトル:なぜ、あなたの薬は効かないのか?
薬剤師しか知らない薬の真実

出版社:光文社新書(2014年2月18日発売)
値段:821円(税込)

出版をした後、全国紙や週刊誌、さらにはテレビを含め多くのマスメディアから取材依頼が来ることになりました。それだけ、商業出版の威力は大きかったのです。

また、他にも本の執筆依頼がいくつも入るようになり、知り合いの薬剤師に「書籍出版の話」を投げるほどになってしまいました。

ビジネス書を出す

ただ、私の本業はウェブサイト運営です。薬関係ではありません。そこで今度はビジネス書を発売することになりました。ビジネス関係の本は実績がなかったため、今回も同じように藤田大輔さんにお願いしました。

このときも同様に、依頼して2週間後に出版社との打ち合わせの席を設けてもらいました。そして、前回と同じようにその場で出版が決まりました。

これについても藤田さんに依頼して半年後に書店に並ぶことになりました。

タイトル:たった1年で人生が劇的に変わるポータルサイトビジネス

出版社:合同フォレスト(2018年4月10日)
値段:1400円(税別)

さらには、さまざまな書店さまでランキングを獲得させていただきました。

  • 丸善名古屋本店店1位
  • ジュンク堂書店京都店1位
  • MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店4位
  • 三省堂書店神保町本店5位
  • Amazon・マーケティング部門1位

当然、何度も増刷を繰り返すようになり、これによって本が全国へと広がっていきました。

書籍出版の近道は出版コンサルティング

多くの人は自分の力で頑張ろうとします。そのため、失敗します。そして、一生出版などできません。

一方で有能な人であるほど、専門家の力を借ります。出版であれば、出版コンサルタントに依頼するのです。お願いするだけで、私の場合は2週間から1ヵ月ほどで出版社と打ち合わせし、その場で出版が決まりました。

しかも、出版企画書などはほとんど作成していません。それでも、専門家の力を借りれば問題ないです。

藤田大輔さんは多忙のため、本来は紹介でしか仕事を受けてくれません。ただ、私の頼みということで当サイト経由で申し込んだ方だけ、出版コンサルの依頼を受けてくれることを承諾してくれました。

商業出版であるため、100%の確率で出版できるわけではありません。ただ、かつての私のように、無名の著者であっても問題なく書籍出版することは十分に可能です。

間違っても、自費出版などは考えないでください。大金を投じて、書店に並ばない自己満足の出版をするだけで終わってしまいます。そうではなく、商業出版を考えましょう。あなたが考えているほど、実は商業出版のハードルは高くないです。

かつて無名著者だった私がいまでは何万部も売れた本を出せたように、出版コンサルタントの力を借り、あなたも商業出版にチャレンジしてみてください。

出版コンサルティングの実施

book-onsulting2

botton3