出版を実現するための方法はいくつかあります。最も分かりやすい方法は、公募している出版社へ応募することです。本が出る確率は1%程度ですが、100回公募に出せばあなたの本が出ます。そこまで悪くない確率だと思います。これくらいの努力ができなければ、出版はどう考えても無理です。

ただ、公募は最も原始的な方法であり、現在ではもっと効率的に出版社へアプローチする方法があります。出版コンサルタントを活用してもいいですし、著者セミナーへ何度も出席してもいいです。

これらの中でも、「ポータルサイトや雑誌へ記事を寄稿する」という方法も有効です。これがきっかけとなり、編集者の目にとまって出版するケースは多々あります。

出版するときに近道をする方法

本を出そうとする人の多くは、自分の中で企画を溜め込もうとします。しかし、その中で原稿を持っている人は圧倒的に少ないです。「企画はあるが、原稿はない」という「著者として最も残念な状態」に陥っています。原稿があってこそ、ようやく企画になります。机上の空論では話になりません。

無名著者が出版する最も確実な方法は、「自分の記事を何とかして多くの人に読んでもらう」ことです。読んでくれた人の中に編集者がいるかもしれませんし、影響力のある人がいるかもしれません。私の場合、サイトとして自分の知識やノウハウを公開していきました。

ただ、さらに効果的に出版実現へ近づくための方法があります。それは、大手ポータルサイトや雑誌へ記事を寄稿するということです。「自分が書いた記事を不特定多数の人に読んでもらう」という点では同じです。

記事を寄稿するときの方法は簡単です。「~について無料で書きますので、私の記事を掲載していただけないでしょうか」と頼むだけです。

ポータルサイトにあなたの記事が流れば、多くの人の目にとまります。その内容が面白ければ連載の打診があるかもしれませんし、そこから編集者への繋がりができるかもしれません。

また、あなたの記事が雑誌へ載ることも大きなインパクトがあります。雑誌を出しているのは、当然ながら出版社です。記者の方と仲良くなれば、出版部門の編集者を紹介してくれる可能性が飛躍的に高まります。

それだけではありません。雑誌は著者の発掘の場としても活用されています。雑誌の記事をマークしている編集者は多いのです。

出版社へ企画を提出するときも、雑誌などに記事が掲載されたという実績は役に立ちます。雑誌記事と共に企画書を送ったところ、すぐに出版が決まったという方もいます。このときは、企画書の内容というよりも、雑誌記事の内容が良かったからという理由でした。

このように、他の媒体へ無料で記事を書くことは出版への近道になります。これらの実績を作り上げていくことが、出版へ繋がっていきます。

あなたの専門性以外でも記事を書く

多くの人は、自分の専門分野だけで完結しようとします。出版する場合はそれでもいいですが、ポータルサイトや雑誌へ記事を提供する場合、それではもったいないです。あなたが少しでも書けそうだと思った内容であれば、積極的にチャレンジしていきましょう。

少しでも専門性と重なっているのであれば、ちょっと調べるだけでそれなりのレベルの記事を書けるはずです。

私であれば、薬剤師であるため「薬」に関わる記事であれば何でも書けます。ここから少し外れて、「最新の医療技術」や「医療保険制度」について書いてほしいという依頼があっても、調べれば書くことができます。

これらのポータルサイト掲載用の記事や雑誌記事は文字数が少ないです。出版するときのように、10万文字程度の文章が必要なわけではありません。だからこそ、他の類書を読んだりインターネットで調べたりすることで、記事を書くことができるのです。

ポータルサイトや雑誌への記事掲載は大きな武器になります。最初は無償労働かもしれませんが、その後の出版へ繋がる可能性があるため、これらの媒体へ寄稿する意味は大きいです。

これから商業出版するため、ありとあらゆる手段を駆使して出版社へアプローチしてください。そのために行うべき1つの方法が、ポータルサイトや雑誌への記事の無償提供です。

出版コンサルティングの実施

book-onsulting2 botton3